ママはずぼら

北海道出身、東京在住。3兄弟(小4、小2、2才)の母です。主に育児ネタ、キャンプネタ(キャンプ場やキャンプ道具)について書いています。

キャンプ用ストーブ 買いたいので比較します! キャンパー御用達のストーブ5選



 あとで読む

2017.2.2 更新

前回、10月中旬に標高1000メートルほどの山梨県北杜市のキャンプ場ウッドペッカーに行き、夜中から朝にかけて寒さで何度も目が覚めました。

さすがに10月中旬の標高1000mは寒いです。

 

もうあんなに寒い思いはしたくありません。

というか、小さい子どもがいなければ多少寒くてもいいのですが、ファミリーキャンプだとそうはいかないですね。

次回のキャンプまでにストーブを購入したいです。

 

自分用の覚え書きと、同じように思っているどなたかの参考になればと思い、自分が調べた範囲内で記載していきたいと思います。

 

目次

キャンパー御用達のストーブ5選

まず"冬キャンプ ストーブ” などで検索。

するとベテランキャンパーが使っているストーブが色々と出てきます。

一つひとつの記事を見ていくと、

だいたい次の5つに絞られてきます。

 

  1. アラジン ブルーフレーム
  2. トヨトミ レインボー(スノーピーク含む)
  3. フジカ ハイペット
  4. アルパカ
  5. 武井バーナー 501a

 

アルパカは韓国製で、日本の安全規格に一部適合していないのだそうです。調べるといくらでも出てきます。

武井バーナーは、本当に好きな人じゃないと上手に扱えそうになく、小さい子どもがいて使いこなす自信がありません。

よって、アルパカと武井バーナーはお名前のみご紹介いたします。すみません、ずぼらで。

 

反射式と対流式の違い

キャンプ用のストーブを探しているとよく見かける言葉が「反射式・対流式」です。

実際どのような違いがあるのか初心者でもわかるくらい簡単・簡潔に説明します。

 

「反射式」

スクリーンタープの隅などに置いて前方向を暖める。

灯油タンクが独立できるやつですね。

 

「対流式」

スクリーンタープの中央に置いて熱が全方位にムラなく広げるのが特徴です。

子どもが小さいので、中央に置くのは少し危なく邪魔な気もします。

ここは対策次第でしょうか。

 

価格は対流式が少し高めです。

 

アラジン ブルーフレームヒーター グリーン BF3911-G

価格は3万円台後半から5万円以上のものまであります。

レトロなデザインがとてもオシャレです。

 

その中でも黒いアラジンがとてもカッコいいです。

 

 

以下 Amazonより抜粋

サイズ:H551×W388×D405mm

本体重量:8.5kg

暖房の目安:〔木造〕7畳まで、〔コンクリート〕10畳まで

タンク容量:4.1L

連続燃焼時間:約15時間

 

【青い炎でやわらかな暖かさ】

ブルーフレームヒーター」の美しい青い炎はムラなく気化した灯油に充分な酸素が供給された、良い燃焼状態である証拠です。

しかも対流式なので暖められた空気がお部屋をくまなく、ふんわりと包み込みます。

【ニオイを抑えた心地よさ】

燃焼中はもちろん、点火・消火時のいやなニオイを感じさせません。

そのわけは着火と同時に素早くブルーの炎で燃焼するため、未燃焼ガス(ニオイ)の発生が起こりにくいからです。

また、燃焼時のしん及び、その周辺の温度が低いので、消火時間が短く、未燃焼ガス(ニオイ)が発生しにくくなっています。

【万一の時の対震】

ブルーフレームヒーター」の対震自動消火装置は、セットレバーとしんを上げるだけでセットされるしん降下式。

これは内蔵の感震器が敏感に地震動をキャッチし瞬時に消化します。

【排ガス浄化触媒搭載】

一酸化炭素や、臭いの基となる炭化水素を低減します。

 

 

 

TOYOTOMI(トヨトミ) 対流形 石油ストーブ 【コンクリート9畳 木造7畳】 Rainbow (日本製) ホワイト RB-25F(W)

価格はアラジンが2つくらい買えるほど安いです。

16000円くらいから30000円くらいです。

購入時期によっては12000円以下で買えることもあります。

 

安心の日本製です。

 

私ならアラジンよりはトヨトミを買うと思います。

 

値段が安いからというよりは、トヨトミの方が扱いやすさとメンテナンスが楽そうだからです。

 

連続燃焼時間はアラジンよりは長いですね。

1回給油すると普通に2日以上使えました。 

 

以下Amazonより抜粋

サイズ:高さ47.5×幅38.8×奥行38.8cm

本体重量:6.2Kg

電源:単2形乾電池×2本 ※乾電池は別売

保証期間:1年

原産国:日本

暖房出力:2.50kW~1.25kW

油タンク容量:4.9L

商品紹介

■燃焼中、特殊ガラスコーティングにより炎の輪が7色に輝き、お部屋全体をムラなく暖めます。 ■ニオイセーブ消火:においの原因である未燃ガスを燃やしきり、においの発生を抑えます。

■対震自動消火装置:地震や衝撃が加わった時に自動消火。

■2重タンク構造:万一の転倒にも油がこぼれにくい。 ■うるおい暖房:灯油は燃えると水蒸気を発生するのでお部屋を暖めるだけでなく、室内の空気にうるおいをプラスします

■こぼれま栓:うっかり給油口を閉め忘れたり、締め方がゆるい場合でも、油をこぼれにくくします。 ■新タンクキャップ:締まる時の口金からの音と手ごたえでしっかり確認できます。

■給油時消火機能:燃焼中でもタンクを引き抜くと自動消火します。

 

 

フジカハイペット

20161018113141a9c.jpg

安心の日本製です。

反射材がついているタイプですとタープの隅に置けますし、自然対流式 + 遠赤外線効果でとても暖かいと思います。イチオシです。

 

私もこれを買おうと思っています。先日フジカハイペットさんに問い合わせたところ、完全受注生産なので納期は注文してから約2ヶ月かかるとのこと。

 

支払い方法はクレジットカードは利用できません。代引きです。

 

ただし熱源が剥き出しなので、キャンプで使うには風に弱いのが難点です。

幕内に入れてしまえば大丈夫でしょう。

 

ガラスのフレームや整流リングをつけると反射材がつかなく、アラジンと変わらないくらいの価格になります。

 

がしかし、キャンパーさんたちは口を揃えてこう言います。

 

「フジカが断然暖かい!レインボーとは比べ物にならない!」

 

フジカもレインボーも持っているキャンパーさんが言うんだから間違いないのでしょう。

 

う~ん、でもレインボーストーブにセラミックファンヒーターにホットカーペットという組み合わせも捨てがたいです。

これだけ買っても、フジカ1台の値段くらいで収まります。

 

フジカハイペット http://fujika.co.jp/html/160630/160630_notice.html

 

アルパカ

赤いボディが可愛いです。

天板が大きめで鍋などを置いても安定性が高そうです。

韓国メーカーです。

 

武井バーナー 301a

 

以上、キャンプ用ストーブ 買いたいので比較します! コンパクトでテント内で使用できる5選でした。

 

今年はフジカハイペットは注文しても間に合わないので、春先の寒い時期に間に合うように注文しようと思います。

フジカは電話注文のみです。

納期は大体2か月ほどのようです。

それまでは安価だけどパフォーマンスは期待できるトヨトミレインボーを購入し使用することになると思います。

 

キャンパーは災害がおきても、自宅避難なら数日間ならなんとかなりそうですね。

 

ちなみにフジカハイペットもトヨトミもお家の中で使用できるので、エアコン暖房から切り替えて使うこともできますね。

しかも電気も使わないので、電気代がかからず灯油代だけで済むのでお財布にも優しいエコな商品です。

 

必須アイテム!テント内で灯油ストーブ使うならこれは大事

あと必ず用意したいものは一酸化炭素を検出する機器!

これは悲しい事故防止のためにも用意してください。

テントでストーブ使うなら必ず購入していただきたいと思います。

Tepoinn(テポインー) 一酸化炭素警報機 防災アラーム CO有毒ガスセンサ検知器 テスターLCD

新品価格
¥1,680から
(2016/10/18 12:13時点)