読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママはずぼら

育児に役立つグッズやファミリーキャンプ、キャンプ用品などについて実際に使用した感想などを書いていきたいと思います。

こわ〜い絵本

スポンサードリンク



 あとで読む

2016年11月追記が下部にあります。

我が家の5歳児、3歳児は

男の子同士だからなのか

時々やんちゃが過ぎる事があります。

時々というよりいつもと言った方がいいかな。

そこで何かちょっとした戒めになるような物はないかと

思案していたところAmazonで良い物を見つけました。

本なのですが

そのタイトルからして ちょっと怖い。

「地獄」という絵本。

絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵

悪い事をしたら地獄に落ちる。

地獄というのはどういう世界か。

などを、淡々とおどろおどろしい絵とともに書かれています。

小学1年生くらいなら読める漢字が出てくるので

小学生未満のお子様には読み聞かせが必要ですが

読んでいる方の親もちょっと反省する事もあったり・・・です。

うちの子の反応は

「もう悪い事しない」「もう嘘つかない」

「夜になったら鬼来ない?」(何か悪い事をしたと思い当たる節があったのか、夜になったら鬼が連れ去りに来ると思ったようです)

というような感じです。

読んですぐは効果てきめんです。

一晩寝ると、地獄の事などすっかり忘れてますが・・・。

でも思い出したかのように

時々「地獄読んで〜」と絵本を持ってきます。

体が切り刻まれて血が流れている絵が多いのですが

その絵をじーっと見つめてたりもします。

そいういう絵は教育的にちょっと・・・と思われる方は

控えられた方がよいかと。

ちなみにうちは仏教でもキリスト教でもありません。

無宗教です。

この絵本、続きというか

地獄の反対の「天国」という本もあります。

まだ読んだ事は無いのですが

近々買ってみようと思います。


2016年11月追記

上の子たちは9歳、7歳になりました。

その後 この本がどうなったか。

まだ 時々思い出したように本棚から引っ張り出して、一瞬眺めています。

一瞬です。何度見ても気持ち悪いそうです。

効果があるかどうか、それはわかりません。

でも噓をついたり、人をあざ笑ったりなど、

してはいけない事を、親からでなく本から読み取り理解することも大切だなと思います。

絵本地獄―千葉県安房郡三芳村延命寺所蔵