読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママはずぼら

育児に役立つグッズやファミリーキャンプ、キャンプ用品などについて実際に使用した感想などを書いていきたいと思います。

次男の言い間違い&造語特選集。面白いので成長記録として覚書しておく。

幼稚園・小学生 日常 育児

スポンサードリンク



 あとで読む

次男の言い間違い&造語 特選集

  • ヘリポクター(ヘリコプター)
  • タンポコ (たんぽぽ)
  • おたまじゃしく (おたまじゃくし)
  • ちぢめ (薄目の事)
  • いもつ (荷物)
  • チーパッパ (チューリップ)
  • こぼえる (凍える)
  • ゆかんぽ (湯たんぽ)
  • ポケモンsun&moonどっち買うの?と聞くと「サム」 (サン)
  • マイクラをプレイしていた時「ちっちたい」 (湿地帯)

まだまだ面白い言い間違いが覚えきれないほど多い。思い出したらまた書いていこうと思う。 

 

現在小1の次男。

話すのが長男の時よりも遅くて

2才前後は意思疎通も微妙ではっきりとしなかった。

 

耳が悪いのかな?とか思ったけど

乳児検診とかで一度も指摘されたこともなかったし

小児科の先生に聞いても「異常なし」だったので

3歳過ぎまで耳鼻科に行ったことがなかった。

 

たまたま3歳になってすぐの頃に

耳が痛いというので耳鼻科に初めて連れて行くと

ビックリするくらいの耳垢がでてきた。

言葉で大きさを表すなら

女性の小指の爪3分の2くらいの長さ×底辺8ミリくらいの円錐状の耳垢。

 

「うっわー、こんなに詰まってた!きたねぇ・・・。」

と心の中で叫んでいた。

こんなに出てきたことに内心ちょっと興奮したw

 

「こんなに詰まってたらそりゃ聞き間違い、言い間違いも増えるだろうな。

ちゃんと日本語聞き取れてるのかな?」

と思ったことを覚えている。

 

それから耳の中はスッキリして

音がちゃんと聞こえるようになったはずなのに(当時、本人は耳鼻科に行く前と聞こえ方は変わってないと言っていた)

言い間違いと造語が治らない・・・。

 

そして母は悟ったのである。

 

耳垢のせいじゃなかったんだ。

これはこの子の性格であって天然なんだ。

 

それから今まで、面白い言い間違いをするたびに他の家族に指摘されいじられる次男は可哀想でもあり、面白くもあり、我が家のムードメーカー&問題児である。

 

問題児と言えば、次男は家の中でも外でも

小さい頃はくるくると回ることが好きだった。

そういえば小1になった ついこの前もやっていたな・・・。

ちなみに狭い家具と壁の隙間とかも好きな子である。

 

何度注意しても3分も経てばすぐに忘れる、とても都合の良い脳みそを持っている。

出来の悪い子ほど可愛いというが、私にとって次男はまさにその通りの子である。

 

今後この子がどんな風に育っていくのか楽しみである。

 

こんな天然な子に高望みをする気は毛頭ないが

人の道を踏み外さないような大人になるように育てたい。

 

自分の好きなことを職業にできる力がつけば最高だと思う。

 

自由という枠にこだわり過ぎて、自由という意味を取り違える自分勝手で傲慢な

「『自由』に縛られる自由人にはなって欲しくないな」と思う母でした。

 

 

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる