ママはずぼら

北海道出身、東京在住。3兄弟(小4、小2、2才)の母です。主に育児ネタ、キャンプネタ(キャンプ場やキャンプ道具)について書いています。

2017夏休み おすすめ図書一覧(小学1・2年低学年の部)

記事のタイトルとURL をコピーする!

f:id:zubora_mom:20170720115752j:plain

こんにちは、ずぼらママです。

小学生の息子たちは今日が1学期の終業式。

明日からは夏休みです。

 

毎年「課題図書」や「推薦図書」などのプリントを持ってきますが、この時代、プリントを貰ってもそれを元に本屋さんに行ったり、図書館に行ったりなんてことはしなくなりました。

それに課題図書になるような本は、今頃図書館に行っても予約がいっぱいで借りることが難しくなっています。

運よく貸出予約ができたとしても、もう読書熱が冷めてしまった頃に借りることになる可能性も・・・。

 

「鉄は熱いうちに叩け」じゃないですが、読書熱が冷める前に読めるといいですね。

私は大体Amazonで購入するか、近くの書店にフラーっと立ち寄った時に面白そうな本を買ってくることが多いです。

 

今回はWEBで推薦図書などが見やすく、購入しやすいサイトがなかなか見つからなかったので、自分用の覚書として2017年夏休みの読書感想文全国コンクール課題図書をまとめてみました。

読書が好きな子はおすすめの学年を超えて読んでみるのもいいですね。

《課題図書》1・2年生 低学年の部

・ばあばは、だいじょうぶ

 【あらすじ】

作・楠章子 絵・いしいつとむ

大好きなばあばが「わすれてしまう病気」になって変わってしまった。そして冬の寒い日、ばあばがいなくなり・・・

【個人的な読書前の勝手なイメージ】

 大好きなおばあちゃん、いつもやさしく可愛がってくれたおばあちゃんが「認知症」になり・・・。おばあちゃんと孫の絆、家族の関わり、孫の心情などを描かれたものでしょうか。読む前から胸が締め付けられる思いがします。

 

・なにがあっても ずっといっしょ

【あらすじ】

 作・くさの たき 絵・つじむら あゆこ

オレはサスケ。だいすきなサチコさんはニンゲンだけどイヌのことばがわかる。ある日、サチコさんがオレをおいていなくなった!?なぜだ?

犬の目線で書かれた、犬と飼い主の絆の物語。

【個人的な読書前の勝手なイメージ】

サチコさん大好きな犬側の話。きっと優しさと飼い主だいすき一途な愛に溢れた物語だと思います。生き物(ペット)を思いやる気持ちを育んでくれそうな一冊。

登場人物が少なそうなので、読書感想文が書きやすそうな題材な気がします。

 

・アランの歯は でっかいぞ こわーいぞ

【あらすじ】

 作・ジャーヴィス 訳・青山 南

 大きくてカミソリみたいなアランの歯。お手入れし、みんなを怖がらせにでかけます。でもこわーいだけじゃない!大切で特別なアランの歯のお話。

【個人的な読書前の勝手なイメージ】

 絵本の延長線的な感じで読書が苦手な子でも読みやすそう。狂暴なイメージのワニ、そのするどい歯から繰り広げられる物語はドキドキとワクワクがいっぱい詰まってそう!読書感想文も書きやすそうな気がします。

 

・すばこ

 【あらすじ】

 文・キム・ファン 絵・イ・スンウォン

 巣箱は、人が作った鳥の家です。そざいも、かたちも、大きさもいろいろ。じつはドイツの貴族の男性が始めたって知っていましたか!?簡単にできる自然保護である巣箱の起源を描いた美しい絵本。解説つき。

【個人的な読書前の勝手なイメージ】

絵が素敵な感じがします。絵を目で見て楽しむだけでなく、履き古したブーツや使わなくなったやかんを使った巣箱など、身近な物で巣箱が作れそう!と思える一冊。小鳥好きが小鳥を守るために始まった巣箱づくり。読んだ後にこの本を元に自由工作として巣箱を作って、その巣箱には何がやってくるのか観察すれば自由研究にもなりますね!

 

他の学年はこちら

2017夏休み おすすめ図書一覧(小学3・4年中学年の部) - ママはずぼら

2017夏休み おすすめ図書一覧(小学5・6年高学年の部) - ママはずぼら