読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママはずぼら

育児に役立つグッズやファミリーキャンプ、キャンプ用品などについて実際に使用した感想などを書いていきたいと思います。

ジャネーの法則って知ってる?この現象に名前がついていたとは。

日常
スポンサードリンク


 あとで読む

こんにちは、ずぼらママです。

 

2014年生まれの三男は、来年の春には幼稚園生です。

 

3人目ともなると、産んでから入園まであっという間です。

長男・次男の時と比べると、時が過ぎるスピードが随分違います。

速いです。速すぎます。

 

まあ自分がまた歳を取ったからそう思うだけなんですが。

 

 

f:id:zubora_mom:20170316112050j:plain

 目次

 

ジャネーの法則とは?

実はこの現象にはちゃんとした名前がついていたんです。知りませんでした。

ジャネーの法則って言うんですって。

ジャネーの法則 - Wikipedia

19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャネにより発案され、甥の心理学者ピエール・ジャネの著書で紹介された法則です。

ちなみにお二方ともそこそこ美男子です。

その甥のピエールさんはフロイトよりも先に無意識を発見したとか、ユングに影響を与えた一人とかも言われているそうです。

ピエール・ジャネ - Wikipedia

 

そのジャネーの法則によると

「時間の心理的長さは年齢に反比例する」そうです。

 

5歳の1年は 5分の1

50歳の1年は 50分の1

 

50歳の一日は5歳の10日、50歳の1年は5歳の10年 ということになりますね。

 

当たり前ですが、現在進行している時間の感じ方は誰でも同じ

過去を振り返った時に早いと感じる時間が違うのだそう。

 

例えば1日、1週間、1か月、1年を振り返った時に、

「あー、今日一日もあっという間だったな~」

「あー、今年ももう残り半分か~」とか、そういう時間の感じ方が年齢に反比例するそうです。

 

 

小学生の夏休みが永遠に感じた

そういえば小学生の時って夏休みが始まって2~3日は、夏休みがすごーく長く永遠に続くように感じていた気がします。

 

蝦夷セミの声(北海道の田舎に住んでたから)、

蚊の飛ぶ音、

扇風機の回転音、

庭から匂ってくる土の蒸れてむわっとした匂い、

砂利道を自転車で走る音、

テレビから流れてくる「みのもんたのあなたの知らない世界」

 

全てが永遠に続くような、続いてほしいような記憶を思い出しました。

でも2学期始業式の前日くらいになると「あー、もう学校か」と一気に現実に引き戻される感じ。

 

あれから30年近く経っても、こうして思い出せるほどあの頃の経験って強烈だったのかも。

 

歳の重ね方

毎日くだらないことをして過ごしても、振り返ると「あっという間に歳をとっていた」

毎日が濃厚で濃密な人生を過ごしても、振り返ると「あっという間に歳を取っていた」

私はどっちがいいかなあ。

20代の時のような良くも悪くも熱い情熱はもう持てそうにないし、そんなに情熱ほとばしりたくないし、理想はほどほどがいいなあ。

 

30代でこれだけ時間が過ぎるのが速く感じるってことは、60代なんて1週間をを振り返ると、30代のほんの2、3日くらいなんでしょうか。

30代後半で一週間が4、5日くらいで過ぎ去っていく感覚なんですけどね。

 

 

まとめ

来月は新入社員がやってくる季節ですし、一言挨拶・紹介なんて場面で「ジャネーの法則」でもお話してみるのも良いかもしれませんね。

三男2歳3か月の1日は私の何日だろう?

そう考えたら、もう少し丁寧に接してあげないとなあと反省もしたりします。

 

 

以上、ジャネーの法則って知ってる?この現象に名前がついていたとは。でした。