ママはずぼら

北海道出身、東京在住。3兄弟(小4、小2、3才)の母です。主に育児ネタ、キャンプネタ(キャンプ場やキャンプ道具)について書いています。

御殿場まるびオートキャンプ場 アクセス抜群!温泉・公園・洞窟探検まで全部できちゃうキャンプ場

記事のタイトルとURL をコピーする!

スポンサーリンク

f:id:zubora_mom:20180507150401j:plain

GW前に通算2度目の利用をしてきた私の好きなキャンプ場の一つです。

富士山の麓にあるこのキャンプ場は、標高600mと夏でも朝晩は気温が下がり、とても過ごしやすい環境です。

周りは木々に囲まれ、道路からも少し奥に入った場所にあるため、夜も静かに過ごせます。

そして何と言ってもここのキャンプ場は周囲の環境が抜群です!

ファミリーキャンパーの皆さんには、ぜひ一度お天気のいい日にご利用を強くお勧めできるキャンプ場です。 

注意:今回の記事はいつにも増して非常に長いです。写真が多いです。ぜひお時間のあるときにゆっくりご覧ください。

 

 

まるびキャンプ場のオススメポイント

ファミリーキャンパーにとって、本当に周囲の環境に恵まれたキャンプ場です。

  • 徒歩5分ほどに富士山を眺めることができる温泉施設(健康ランドのような中規模施設)
  • 徒歩10分ほどに御胎内清公園があり、洞窟探検ができる(オススメ!)
  • 徒歩3分ほどに富士樹空の森公園があり、幼児から小学生まで楽しめる大型遊具や、ロング滑り台がある
  • 徒歩2分ほどに手打ちそば体験もできるお蕎麦やさんがある

御殿場まるびオートキャンプ場 基本情報

f:id:zubora_mom:20180507150635j:plain

キャンプ場入口からの写真

住所

〒412-0008 静岡県御殿場市印野1379−1 

御殿場ICより約9km

電話番号

0550-88-5335

営業期間

3月上旬〜11月末まで

チェックイン/アウト

イン:13時 アウト:11時

クレジットカード

利用不可

設備情報

直火禁止、トイレ2ヶ所、炊事場3ヶ所(うち1ヶ所お湯が出る)、シャワーあり、ゴミ捨てOK(要分別)、手持ち花火OK(指定場所あり)、携帯電話の電波状況全く問題なし(ドコモ、auの実機で確認済み)

買い出しポイント

御殿場IC下車後、カーナビの案内通りに進むと国道沿いにスーパーが何軒かありました。

IC下車後右折をし道なりに数キロ進むと、ユニクロやドラッグストアが併設されているスーパーもあります。

サイト状況

  • 1サイト約70平米。ランドロックと車1台が入れるほどの大きさ。ランドロックのような大きいテントは予約時にお伝えしておくと、比較的テントを設置しやすい形状のサイトに案内していただけます(混雑状況による)。
  • 富士山の近くですが、サイトが溶岩石などでゴツゴツしている心配はなく(溶岩流や噴石がキャンプ場方向に流れてこなかったためだそうです)、とても水はけの良い砂利のサイト。一部芝サイトあり。
  • ペグも簡単にさせるほどで、鋳物ペグじゃなく、アルミペグでも簡単にペグダウンが可能。

御殿場まるびオートキャンプ場 キャンプの様子

 

 サイトの様子

f:id:zubora_mom:20180507151053j:plain

管理棟

f:id:zubora_mom:20180507150450j:plain

場内案内図

f:id:zubora_mom:20180507150552j:plain

Aサイト

f:id:zubora_mom:20180507150544j:plain

ランドロックの正面にテーブルなどを設置



f:id:zubora_mom:20180507150809j:plain

左Eサイト。右Dサイト

 

f:id:zubora_mom:20180507150823j:plain

右:Dサイト 左:Fサイト

f:id:zubora_mom:20180507150829j:plain

Bサイトあたりから下のCDEFサイト方面に向かって

 

f:id:zubora_mom:20180507150832j:plain

Cサイト奥側

f:id:zubora_mom:20180507150841j:plain

Dサイト

f:id:zubora_mom:20180507150858j:plain

Fサイト

f:id:zubora_mom:20180507150854j:plain

Fサイト

設備の様子

各画像はクリックで拡大できます。

f:id:zubora_mom:20180507153346j:plain
f:id:zubora_mom:20180507153336j:plain
f:id:zubora_mom:20180507153216j:plain
各炊事場
f:id:zubora_mom:20180507153317j:plain
f:id:zubora_mom:20180507153327j:plain
各炊事場はこんな風に綺麗に保たれています
f:id:zubora_mom:20180507153238j:plain
f:id:zubora_mom:20180507153304j:plain
ペグ洗い場、炭捨て場などもきちんと用意されています
f:id:zubora_mom:20180507153243j:plain
f:id:zubora_mom:20180507153351j:plain
トイレ外観
f:id:zubora_mom:20180507153355j:plain
f:id:zubora_mom:20180507153359j:plain
中も綺麗です。

キャンプの様子

f:id:zubora_mom:20180507170320j:plain

アルミホイルを1本全部使って球を作りました。完成写真が見つからず・・あとでUPします

f:id:zubora_mom:20180507170353j:plain

岩手切炭のコスパが半端ないことに気がつきました。安い炭の3倍は確実に持ちます!
f:id:zubora_mom:20180507170357j:plain
f:id:zubora_mom:20180507170403j:plain
成型炭と違って、炭の変な匂いが食べ物につくことがありませんでした。
f:id:zubora_mom:20180507170450j:plain
f:id:zubora_mom:20180507170407j:plain
今回は魚介系のスモークに挑戦!もちろん焚き火も楽しみました

f:id:zubora_mom:20180507170412j:plain

朝ごはんはホットサンド。定番のハムチーズが一番楽です。
f:id:zubora_mom:20180507170444j:plain
f:id:zubora_mom:20180507170453j:plain
翌朝は延長したので、シュラフを干す時間もあったりと、撤収もゆったりのんびりでした。

御殿場まるびオートキャンプ場 周囲の環境

徒歩圏内に温泉(食事も楽しめる)・公園・洞窟と、レジャー環境に大変恵まれたキャンプ場です。連泊したくなるほどファミリーキャンパーにとっては楽しい環境ではないでしょうか。

それでは簡単にではありますが、それぞれをご紹介していきます。

御胎内温泉健康センター

www.otainai-onsen.gr.jp

キャンプ場から子どもの足で徒歩5分。3歳児と歩いてこのくらいでした。

浴槽が数種類、露天風呂からは富士山を眺めることができます。

シャンプー、トリートメント、ボディーソープあり。貸しタオルあり(別途料金)。

休憩所もあり、ゆっくり温泉に浸かった後は休憩所で休んだりお食事をしたりすることも可能。アルコール類の提供もありました。

自動販売機には温泉施設ならではの瓶牛乳があり、その中でもプレミアム牛乳があまーくて美味しかったです!キャンプ場まで買って帰ればよかったなあと後悔しました。

キャンプ場受付時に割引券をもらえます。土日の利用でも平日料金で利用が可能なチケットです。大人500円、子ども300円。

我が家は犬連れキャンプなので、温泉は夫班と妻班に分かれての交代制です。

家族全員で利用ができるなら、温泉施設でもっとゆっくりしたかったなあと思います。

富士樹空の森公園

jukuu.jp

キャンプ場から徒歩3分で公園が見えてきます。とにかく敷地面積が広いので、場内散策だけでも1時間以上は楽しめる素敵な場所です。

子どもが喜ぶ遊具はキャンプ場から近い場所、公園駐車場を挟んですぐの場所(「冒険の丘」と命名されている)なので遊ぶために不便はありません。

長いローラー滑り台、ポンポン飛び跳ねる「ぴょんぴょんランド」など、子ども大喜びの大型遊具があります。

オムツ替えの台がついた綺麗なトイレも遊具から近くて便利です。

ワンちゃんとのお散歩にもオススメの場所。 

手打ちそば体験も可能!そば  たくみの郷

たくみの郷 | 御胎内温泉健康センター

営業時間が午前10時〜午後2時までの短時間ではありますが、事前予約で手打ちそば体験も可能。1セット(2人前以上)3000円〜。

当日予約も混雑状況に応じてしていただける可能性もあるようです。

体験希望であれば、できれば事前問い合わせをお勧めします。

再度生まれる体験ができる!御胎内清公園「御胎内洞窟」がすごかった!

f:id:zubora_mom:20180507154512j:plain

こちらの神社と洞窟は授かり神社として最近とても人気があるそうです。

f:id:zubora_mom:20180507154548j:plain

御胎内神社の鳥居

f:id:zubora_mom:20180507154551j:plain

洞窟入口。ヘッドライトや小さいライト必須です。

授かりたい人はもちろん、家族みんなで洞窟に入ってみてください。

洞窟の出口近くでは四つん這いにならないと通れない箇所もあり、本当に探検している気分を味わえます。

まさに狭い子宮口を通り抜け、この世に生まれ落ちるかのような赤子目線の出産体験をできることでしょう。

夏であれば洞窟内はとーってもひんやりしているので、涼を求めるのにもいいです。

洞窟内の様子

f:id:zubora_mom:20180507172230j:plain
f:id:zubora_mom:20180507172237j:plain
f:id:zubora_mom:20180507172246j:plain
洞窟すぐ横の神社でお参りをしてから、洞窟に入りました。
f:id:zubora_mom:20180507172255j:plain
f:id:zubora_mom:20180507172314j:plain
f:id:zubora_mom:20180507172318j:plain
洞窟前の案内や注意書き。洞窟の入り口は少し怖い。
f:id:zubora_mom:20180507171146j:plain
f:id:zubora_mom:20180507171200j:plain
f:id:zubora_mom:20180507171210j:plain
洞窟内には3つのお社が。
f:id:zubora_mom:20180507171217j:plain
f:id:zubora_mom:20180507171249j:plain
出産を経験した方なら容易に想像がつきそうな名前
f:id:zubora_mom:20180507171141j:plain
f:id:zubora_mom:20180507171236j:plain
f:id:zubora_mom:20180507171231j:plain
母の胎内を通過しているかのように臓器の名前がたくさんつけられています。他には小腸・大腸などもありました。
f:id:zubora_mom:20180507171223j:plain
f:id:zubora_mom:20180507171228j:plain
こんな狭いところも数カ所通ります。本当に四つん這いにならないと通れません。

御胎内清公園に向かう途中

f:id:zubora_mom:20180507165009j:plain
f:id:zubora_mom:20180507165016j:plain
御胎内清公園に向かう途中に見つけたガソリンスタンドならぬ「温泉スタンド」と、昭和の看板コレクション!

公園内の他の「授かり」スポットなど

f:id:zubora_mom:20180507172145j:plain
f:id:zubora_mom:20180507172131j:plain
富士山が見える場所や苔むした林など、癒されます。

f:id:zubora_mom:20180507172149j:plain

 

f:id:zubora_mom:20180507172159j:plain
f:id:zubora_mom:20180507172154j:plain
「授かる」ご利益のありそうな大岩。父の岩、母の岩に守られるように恵岩があります。
f:id:zubora_mom:20180507172217j:plain
f:id:zubora_mom:20180507172208j:plain
家内喜橋と書いて「やなぎばし」。父の池と母の池の中間に架けられた橋です。

f:id:zubora_mom:20180507173050j:plain

洞窟近くには、ひっそりと佇む優しいお顔をされたお地蔵様
f:id:zubora_mom:20180507173056j:plain
f:id:zubora_mom:20180507173100j:plain
溶岩によって岩になった樹木や、溶岩の展示も。

f:id:zubora_mom:20180507172149j:plain

f:id:zubora_mom:20180507173109j:plain

バードウォッチングや森林散策が楽しめる「野鳥の森」。公園に入ってすぐ右側にあります。

時間が許すなら、こちらの野鳥の森にも足を伸ばしたかったのですが、今回は断念。次回のお楽しみにしたいと思います。

f:id:zubora_mom:20180507165139j:plain

別な洞窟内には、こんなものも。何に見えるかは、あなた次第

キャンプ場管理人さんにお話を伺いました!

いつ話しても優しいキャンプ場管理者のおじさんにお話を伺うと、およそ20年前に温泉施設のオープンに併せてキャンプ場もオープンしたそうです。

元々畑だった場所で、段々畑の特性をそのまま活かしたサイト作りをされたのだそうです。

そのおかげでサイトのプライベート感はとても高く、さらにサイトごとに木の柵で囲ってあるので隣や前後との距離感を気にする事はほとんどありません。

もちろんグループキャンプ用の開けたサイトもありますので、グループで利用したい!という方はご相談してみるといいと思います。

当時はお客さんも全然少なく、今のように富士樹空の森公園もなかったため、ファミリーキャンパーの利用もとても少なかったそうです。

7年ほど前にこの公園ができてから一気に利用客が増え、今では繁忙期には予約が取れないほどの人気キャンプ場になっています。

ちなみに管理人のおじさんは、バイクがお好きなようで、若いときには大きいバイクを乗っていたそうですが、現在はノーマルのモンキーを所有されており、天気のいい日はキャンプ場までモンキーに乗ってくるそうです。

私がキャンプ場にいる間、おじさんはこまめに炊事場などのお掃除に歩いていらっしゃいました。

また、初めての利用者の方の元にご挨拶に行かれることもあるようで、とても気配りの上手な管理人さんです。 

最後に

本当に気持ちのいいキャンプ場というのは、特別な設備やサービスがなくても、絶景を間近に見ることができなくても、心地よい空気が流れているのかもしれません。

もちろんキャンプをする人が100人いれば100人それぞれの気持ちのいいキャンプ場があるのだと思います。

御殿場でのキャンプ場をお探しなら、ぜひ「まるびオートキャンプ場」も候補の一つにいれてみてくださいね。

 

今回新しく購入したスモーカー。持ち運びもしやすい大きさ。これなら自宅でスモークも簡単に楽しめそうです。