読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママはずぼら

育児に役立つグッズやファミリーキャンプ、キャンプ用品などについて実際に使用した感想などを書いていきたいと思います。

【入園準備】幼稚園バッグ選びは材質と縫製が大事

スポンサードリンク



 あとで読む

こんにちは、ずぼらママです。

そろそろ入園準備にとりかかるご家庭が多くなってくる季節でしょうか。

 

入園入学式まであと少し。

親も緊張しますね。

 

我が家も長男次男が幼稚園入園の年には2月頃から準備を始めていました。

 

今回はその中でも大切な「幼稚園バッグ」のお話です。

 

目次

 

 

f:id:zubora_mom:20170131144134p:plain

入園準備はお金がかさむ

幼稚園って入園するだけで相当出費が増えますよね。

幼稚園に納入する金額だけじゃなく、揃えるものがたくさんありますからね。

だからこそ、少しでも安く済ませたいですよね。

安いものには安いなりの理由があります。

とくに幼稚園バッグなど耐久性を求められるものは安いものを買うと、すぐに壊れてしまうことも多々あります。

 

幼稚園バッグはしっかりとした作りの物を選ぼう

幼稚園バッグは一番ボロボロになりやすいアイテムです。

なぜなら毎日持ち歩くものだからです。

幼稚園指定のものがあるなら問題ありません。

ただしその幼稚園指定バッグをよく観察してみてください。

縫製がきちんとしっかりとしているはずです。

それだけ幼児の持ち物には耐久性が必要だということがわかると思います。

材質について 

一方、ご自分で好きな幼稚園バッグを用意する場合も縫製などしっかりとした作りの物を選ぶ必要があります。

おススメは汚れを落としやすいエナメル製や合皮製のバッグです。

エナメル製といっても厚地のエナメル製がおすすめです。

価格もあまり安いものを選ぶと縫製が酷かったりします。

最低2年~3年は使用するものです。

後悔しないよう、きちんと内側の縫製も確認してから購入なさってくださいね。

ちなみに布製は最初のうちは可愛くていいのですが、どんどんひどく汚れてきます。

洗っても汚れが落ち切らない程に汚してくることもあります。

きっと女の子だとそこまで酷くならないと思います。

価格帯について

価格帯は5000円~7000円くらいのものを選べばハズレは少ないです。

安すぎるものは必ず安い理由があります。

使っている間に縫製がほつれやすかったり、一年くらいでダメになってしまうような安物を購入すると3年間のトータルでは確実に損をします。

たとえば3000円のバッグを3年毎年買い替えると9000円。←かなり高級幼稚園バッグを購入できる額!

5000円のバッグを買い、3年間使い続けてもまだ使える。←お下がりやヤフオク・メルカリでも売れるからお得!

ただし、価格だけで決めるのは危険です。

きちんと調べましょう。

 

我が家の場合

割引などあり5000円くらい。

男の子なので紺を購入しました。

長男は割ときれいに使ってくれたので、よごれも少なく、まだまだ使えるくらいです。

難点はお弁当箱とタオル・コップとクレヨンセットを全部入れるとギューギューになることです。

それ以外の普段の持ち物(お弁当・タオル・コップ)ならピッタリサイズでした。

 

  • 次男は「ミキハウス」の厚地のエナメル製にしました。日本製

店頭購入で7000円くらい。

次男は黄色にしました。

エナメル製なので汚れはふき取りやすいのですが、扱いが雑な次男のおかげで取り切れない汚れが四隅に黒くなってあります。車のワッペンも若干汚いです。

青色にしておけば良かったです。

黄色って幼稚園生っぽくて可愛いですが、あまりにも汚すようなお子様だと青色の方がおすすめです。

上の合成皮革の紺のバッグよりも全体的に1~1.5回りほど大きいので、お弁当箱やタオル・コップなどを入れても余裕があります。

 

絵本バッグとナップサックと上履き入れ

この3点セットはご自分でミシンを用意して製作されるのも素敵ですね。

でも私は不器用ですし、ミシンも持っていないかったので購入しました。

しかも絵本バッグ・ナップサック・上履き入れが全部同じ生地で作られたセット販売です。

作るにしてもミシンを買って、生地やら必要な道具を用意すると軽く3万円近くしちゃいそうです。

しかも私が作るとクォリティが低すぎることが予想されたので、あえなく既製品を購入しました。

やはりちゃんとした方が作るものは、作りがしっかりとしています。

私の場合は買って正解でした。

イオンなどのショッピングセンターにも、これからの時期はこういう入園入学準備用品が販売されていることが多いですね。

絵本バッグが大体2000円~3000円。

ナップサックも2000円~3000円。

上履き入れが1000円~2000円くらいで販売されていることが多いですね。

この3点を用意すると安くても5000円くらいはします。

「ミシンを買って~」というところから始めるよりは格安で、しっかりとした製品が手に入ります。

 

絵本バッグと上履き入れのセット販売もあります。 

 

ということで、入園入学準備でケチると使っている最中に壊れやすく、そのたびに買いなおすと総額がすごいことになります。

最初にいいものを用意しておくと、物の持ちがよく、卒園・卒業するまで使えることが多いです。

 

どうしても今予算が足りない!ということであれば、安いもので間に合わせて、余裕があるときに少しずつ丈夫なものに買い替えていくのもいいですね。

 

「高価な物がイコール良いもの」というわけでは決してありません。

「安さばかりに目を取られると失敗することもありますね。」 というお話です。

 背伸びせずに自分の身の丈に合った方法で用意することが、ストレスなく入園までを過ごせることと思います。

 

f:id:zubora_mom:20170131144049p:plain

 

日本の多くの地域では桜の咲くころに入園入学式ですね。

素敵なお写真が撮れる時期でもあります。

式が終わった後は手持ちのカメラで、ぜひ桜の下で記念撮影 をしてみてください。

我が家の長男・次男が入園入学したときには、近所の桜の下で記念撮影をしました。

とても良い思い出写真になっています。 

 

以上、【入園準備・幼稚園バッグ編】安物買いの銭失いにならないためにでした。