読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママはずぼら

育児に役立つグッズやファミリーキャンプ、キャンプ用品などについて実際に使用した感想などを書いていきたいと思います。

お正月飾りはダサい?時代遅れ? いつからいつまで飾るの?飾る場所は?

日常

スポンサードリンク



 あとで読む

初めてお正月飾りや鏡餅を用意される方は、結婚して世帯を持ったので飾り始めるという方が多いのではないでしょうか?

クリスマスの準備も大事ですが、せっかくの日本人ならではの行事ですから「五穀豊穣を司る歳神様を気持ちよくお迎えできるように、お正月の準備」についても知っていて損はないかと思います。

お正月の準備はまだ間に合いますから、一緒に見ていきましょう!

 

 

そこで今回は「お正月飾り」「鏡餅」の飾り方などについて調べてみました。

最低限 何を用意したらいいの?

【玄関に飾るしめ飾り】

 

ついている小さな飾りそれぞれに意味があります。

例えば飾りについている「だいだい」には、「家族代々が栄えるように」という意味があります。

そして、しめ飾りは驚くほど色々なデザインがあります。

ダンな物から昔ながらの物まで本当に色々なデザインがありますので、自分の好みで選べるところが良いと思います。

「自分の家の今時の玄関には雰囲気が合わないから買っていない」という方もいるかもしれません。

これはもったいないです

今は本当におしゃれなお正月飾りもたくさんありますので、店頭でオシャレな物に出会えなかったのならインターネットで探してみることもおすすめします。

私も昨年はネットで購入しています。

今年は実家に帰省したのでお正月飾りは用意してきませんでした。

 

鏡餅

 

昔の鏡餅は自分たちでついたお餅を用意しましたが、現代ではとても便利な鏡餅が多数用意されています。

しかも鏡餅の形の容器の中には一つ一つ個包装された小さな丸餅がたくさん入っているので、飾った後の処理も楽ちんです。

一昔前までは鏡餅の形にお餅を充填したタイプが多く流通されていたので、鏡餅を飾った後の処理が少々面倒でした。

日本人の開発力、メーカーの知恵や技術力はさすがですね!

 

この2つさえ最低限用意しておけば、ぐっとお正月らしくなること間違いありません。

さらに「門松」もあれば尚良いですね。

 

【門松】

 

 いやいや本当に最近の物はおしゃれですね。

もはや門松とは言えないようなものまであります。

 

玄関の収納棚の上にちょこんと置けるミニタイプの門松もありますね。

 昔、門松をペーパークラフトで作成したことがありますが、かなりしょぼかったです。

やはりちゃんとしたものを購入したほうが良いと思います。

お金は使わないと回りませんから、新年の準備にはきちんと生きたお金を使って、倍以上になって自分のところに返ってきてくれるよう願いを込めたいと思います。

 

ちなみにしめ飾りや門松を飾る理由は、「歳神様を迎える(祀る)もの」というのが最もたる理由のようです。

 

かわいいお正月飾り

干支飾りや七福神などのお飾りは知っていましたが、羽子板や破魔矢が男女の子ども向けのお飾りとしてあるとは知りませんでした。

これがあると他のお正月飾りが無くても、お家の中がグッとお正月らしくなりますね。

お友達や両親を自宅に招いても目を惹く素敵なアイテムです。

【羽子板(女の子のいるご家庭向け)】

 お雛祭りなどのお人形で有名な久月が製作されているんですね。

さすが立派なお品物です。

見とれてしまう美しさです。

初孫へのプレゼントとしても、邪魔になる大きさではないですし喜ばれそうですね。

 

破魔矢(男の子のいるご家庭向け)】

こちらも人形の久月が製作されているんですね。

さすがの一言です。

節句並みに豪華なお正月飾りです。

男のお孫さんへのプレゼントとして贈られると、とても喜んでくれそうですね。

我が家の三兄弟がこれを贈られたなら目を真ん丸にして大喜びするでしょう。

 

【干支飾り】

干支飾りは色々な物がありますね。

この干支飾りを飾るだけで、新年らしさはグッと上がりますね。

お値段も買いやすいものから潤沢にありますので、選ぶのも楽しいですし、自分や家族の干支だけを購入しても良いですね。 

我が家では三男誕生の時に干支飾りをいただいたので「うま年」だけ持っています。

 

お正月飾り 飾るのはいつから・いつまで?

【飾る時期】

12月26日~30日

29日は「二重苦」として、31日は一晩しか飾らない「一夜飾り」として避けられています。

 

【外す時期】

門松としめ飾りは 1月7日。地域によっては15日のところもあります。

鏡餅は 1月11日 の鏡開きの日に神様からのおさがり物として、おしるこなどにして食べることが一般的です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

用意するのは今からでも遅くありません!

用意しないよりも、一夜飾りになっちゃってもいいじゃないですか!

お正月飾りなんて面倒くさいと思わずに用意してみると、意外と気持ちもスッキリ前向きになれるかもしれません。

世帯主として、一家の要として「家族それぞれの益々の発展・健康を願い」用意してみるのもいいですね。

 

以上、お正月飾りはダサい?時代遅れ? いつからいつまで飾るの?飾る場所は?でした。

 

 

こちらの記事もどうぞ

【お正月の食べ物】お雑煮のおもちはあんこ派です - ママはずぼら

【20歳以上限定】買ってよかったお酒 2016【未成年は読まないでください】 - ママはずぼら

【子ども3人】30代主婦が買ってよかった子育てグッズ8選【2016】 - ママはずぼら

 

 

 このマヨネーズ、毎年デザインが違います。

毎年集めたくなるとっても可愛い瓶です。