ママはずぼら

北海道出身、東京在住。3兄弟(小4、小2、2才)の母です。主に育児ネタ、キャンプネタ(キャンプ場やキャンプ道具)について書いています。

読み聞かせは言葉のシャワー!兄弟全員気に入った知育しかけ絵本 おすすめ4冊+α (1,2,3歳)



 あとで読む

こんにちは、ずぼらママです。

我が家の3人の息子たちが幼児期(2才前後から就学前)までに気に入って読んでいた・読んでいる仕掛け絵本をご紹介します。

3人とも必ず気に入るほどの絵本なので、おそらく誰が読んでも失敗がない・プレゼントしても失敗ない絵本だと思います(最後の一冊は4歳以上の恐竜好き限定)。

目次 

 

1歳からおすすめ仕掛け絵本

かわいいてんとうむし

 この仕掛け絵本トイザらスの絵本コーナーで偶然見つけたものです。

Amazonなどで本のレビューなどを事前に知っていれば間違いなく買っていたと思います。

てんとうむしが一匹ずついなくなっていくのですが、最後はけっきょくみんなお家に戻ってるじゃない!という内容。

内容はとーっても単純ですが、各ページに1~10まで数字が書いてあり、てんとうむしが立体的でハッキリカラーなので1才くらいの赤ちゃんでも楽しく絵を眺めてくれました。

2才を過ぎると一緒に数字を数えたり、数字を覚える練習をしたりと何気に役に立っている絵本です。

兄弟3人がお気に入りだったので表紙はボロボロ、テープで補修しています。

一番ハードに使用する(読みたがる)時期は2才を過ぎてからです。

 

いただきますあそび(あかちゃんのあそびえほん)

 紙が厚いタイプと普通のタイプとありますが、厚いタイプ(お出かけ版ボードブック)の方が子どもがハードに使用しても丈夫なのでおススメです。

 ご飯の時は「いただきます」ということを絵本の遊びを通して学べる?というか体験できて楽しそうです。

2歳からおすすめ仕掛け絵本

ひとりでうんちできるかな(あかちゃんのあそびえほん)

うんちをふんばって、でたー!げんきなうんち!という仕掛け絵本

トイレトレーニングを意識させたい時期になったら読んであげると、いざトイレトレーニングを始めた時の声掛けの一つとしてこの本の一文などを持ち出すと有効です。 

私は焦ってトイレトレーニングをする必要はない・尿意をきちんと意識できるようになるのは個人個人の発達の差だと思っている方なので、がんがん積極的にトレーニングは進めていません。

それにトイレトレーニングは一進一退というより、一歩進んで五歩下がり、ある時いきなり十歩進むくらいの感じなので、この本は知育というより「うんちが出てきて面白い本」という扱いです。

それでも見せないよりは見せた方が効果があると思います。

ほんとのおおきさ・なかよし動物園(絶版)

ページを広げると実物大の動物の顏(写真)が出てきます。

絵じゃなく、全部の動物が写真というのが何よりもおススメです。

まつ毛が長い!とか鼻に毛が生えてる!とか、動物園では味わいきれない動物の大きさや、細かいところが見えて面白いです。

これ、出てくる動物が可愛らしい系(ひつじ・うさぎとか)が多かったので、小さい子どもには親しみやすくて好きです。

でもいつのまにか絶版になっていて、「ほんとのおおきさ なかよし動物園」の「なかよし」という部分が抜けて「ほんとのおおきさ動物園」という出てくる動物も最近人気の動物が多くなりました。

動物園が少しでも楽しめるようになってきた2歳過ぎあたり(うちの子は2歳半くらいでした)からがおススメです。

4歳以上におすすめ仕掛け絵本

原寸大恐竜館(小学館の図鑑NEO 本物の大きさ絵本)

図鑑で恐竜を見るようになったり、恐竜に興味が出始めた時にこの本がおススメです。

上野動物園の近くにある国立科学博物館に行くと恐竜の骨格標本が常時展示されているので、その実際の大きさたるやを肌で感じることができますが、実際の足の大きさ・顔の大きさ・卵の大きさなどを展示物では感じ取ることができないリアル感を間近で感じることができるのがこの一冊です。

長男が4~5歳の時に真剣に見ていた一冊です。

 

兄弟3人がお気に入りとなると、どんなに丈夫な本でも少しずつ傷んできています。

中には相当ボロボロであちこちテープで補修しているものもあったり・・。

言葉の発達のスピードはその子それぞれ(遅くたっていいじゃないですか)ですが、語彙が増えるのはやっぱり読み聞かせの力が大きい時期だと思います。

色んな本をたくさん読んであげて言葉のシャワーをたくさん浴びせてあげる時期を楽しめたらいいですね!