ママはずぼら

北海道出身、東京在住。3兄弟(小4、小2、2才)の母です。主に育児ネタ、キャンプネタ(キャンプ場やキャンプ道具)について書いています。

帆布素材がかっこいい!キャンプの食器やキッチンツールの収納・整理ケース



 あとで読む

こんにちは、ずぼらママです。

キャンプの食器やキッチンツールの収納、どうしてますか?

どうせなら全部一か所にまとめて収納したいですよね。できればシンプルに。

オシャレにこだわり過ぎて、食器はあのケース、カトラリーセットはあっちのケース、キッチンツールはこっちのケースなんて収納していると、意外と不便を感じませんか?

バラバラに収納していると、見た目的にはきちんと収納されているので問題ないのですが、いざキャンプフィールドに出た時に、あっちこっちバラバラに収納しているせいで使いたい時に一か所に無いせいで不便を感じたり、「コップとって~」とか「食器とって~」などと家族に指示を出すときにも伝えにくくて不便でした。

キャンプ道具を買いに行ったときにも色々と物色していましたが、なかなか思うようなケースが見つかりません。

そんな中、ようやく見つけた「キャンプの食器やキッチンツールを全部一か所に収納できるケース」。

今回は、我が家のキャンプでそんな不便を解消できた便利なケースをご紹介します。

 

目次 

スノーピークのマルチコンテナSユニットは食器もキッチンツールも全部収納できる優れもの!

f:id:zubora_mom:20170806091112j:plain

  • 10号帆布を使用した頑丈で通気性もいいマルチコンテナです。
  • メーカーHPの商品説明には誤植が多いのか6号帆布となっていますが、商品仕様には10号帆布となっています。見た感じも10号帆布(号数が少ない方が地厚)だと思います。
  • 上面以外の各側面にはPVC板が入っているようでしっかりしています。型崩れの心配もありませんので、きっちりしっかり自立してくれてだらしなく見えないところもおススメです。ちなみにメーカーHPには裏側にPVC加工がしてあると紹介されていますが、そんな感じは微塵もしません。そのおかげで通気性も抜群でいいです。
  • サイズは380×265×130(h)mm。スノーピークのマグカップを立てて収納できます。

このサイズでぴったり収納できるのが、スノーピークのシングルバーナーです。

以下の記事のシングルバーナーがぴったり収納できるケースです。

www.zubora-mom.com

 

メーカーHPで詳細を確認いただけます。

ec.snowpeak.co.jp

 

スノーピークのマルチコンテナSユニットはこんな感じ

f:id:zubora_mom:20170806091105j:image

帆布はやっぱりなんだかんだでオシャレに見えますね。オシャレというよりシンプルだから好きです。


f:id:zubora_mom:20170806091112j:image

家族5人分の食器セット、スノーピークまな板Mサイズ、キッチンツールが全部入ります。


f:id:zubora_mom:20170806091120j:image

写真ではカップが3人分しか入っていませんが、スノーピークのステンレスダブルウォールマグ330を2個追加しても難なくきっちり収納できます。


f:id:zubora_mom:20170806091124j:image
黒いメッシュケースの中はキッチンツールとカトラリーセットが入っています。

お玉、キッチンバサミ、しゃもじ、カトラリーセットを入れてもまだまだ余裕。

このメッシュケースもスノーピーク製品です。サイズはL(370×135×36(h)mm)。

スノーピークのまな板Lサイズがピッタリな大きさです。

 

キャンプ場で実際に使用している様子

ちょっと生活感出すぎでごちゃごちゃしていて申し訳ないのですが、実際にキャンプ場で使用している様子が下の写真です。

f:id:zubora_mom:20170703091546j:plain

 写真左下、青いイスの右となり。ユニフレームのフィールドラックの上にポンっと乗っているベージュのケースです。それにしても生活感ですぎ・・・。ランドロックの方は逆に何もなさ過ぎてシンプルすぎ??次回キャンプはその辺をどうにかしたいと思います。オシャキャン目指していないのですが、もう少し綺麗にこざっぱり見える配置を考えないとダメですね。

話が逸れますが、このユニフレームのフィールドラックもかなりおススメです。

www.zubora-mom.com

 

どんなものを選ぶのかは好みですが、味気ないプラスチックケースやド派手なナイロンの収納ケースよりも、自然に馴染むカラーの帆布製品がオシャレでいいですね。 

それに何よりもキッチン関係の道具がひとまとめに収納できるのが最大のおすすめポイントです。

これで少しでも快適になること間違いなしです!

使用するアイテムを自分なりにどんどん厳選していくのもキャンプの楽しみの一つですね。

夏本番!楽しいキャンプで素敵な夏の思い出がまた一つ増えるといいですね。