ママはずぼら

北海道出身、東京在住。3兄弟(小4、小2、3才)の母です。主に育児ネタ、キャンプネタ(キャンプ場やキャンプ道具)について書いています。

初めての焚き火。初めてでも困らない定番焚き火台はこれ!

スポンサーリンク

f:id:zubora_mom:20170418103727j:plain

こんにちは、ずぼらママです。

キャンプはした事があるけれど焚き火はした事がない!という方、キャンプ初心者さんには多いのではないでしょうか。

焚き火台はどれを選んだらいいのか、ミニサイズから始めたらいいのか、焚き火台の大きさはどのくらいがいいのか、一緒に考えてみましょう。

ちなみに今回ご紹介する焚き火台は、実際に私が使用してきたものを含みます。それに女性でも扱いやすいものばかりですので、アウトドアが好きだけど力に自信がないという女性にもオススメです。ぜひのぞいてみて下さいね。

 

 

定番の焚き火台とは 

定番焚き火台として使用されているものは、バーベキューも焚き火もどちらもできる正方形タイプで1万円〜3万円前後のものを指す事が多いですね。

実際に私も定番タイプを使用していますが、焼肉はもちろん、ダッチオーブンでの料理も可能で、焚き火中には焼き芋を焼けたり、マシュマロやウインナーを炙ってみたりと、1台で何役も活躍してくれるので非常に重宝しています。

 

初めてでも困らない定番焚き火台

SOTOミニ焚き火台でお試し焚き火体験

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/z/zubora_mom/20171120/20171120080902.jpg

焚き火台というと大きなものを想像しがちですが、千円〜二千円台で購入できる両手の平サイズの可愛らしいミニ焚き火台もあります。

この上に網や調理道具を乗せれば、お湯を沸かしたり、焼き鳥を焼いたりなど簡単な調理もできます。

ただし、直火OKの場所以外ではコンクリートなどの台の上で使用して下さいね。下が高熱になるので、芝などが焼けてしまいます。

SOTOミニ焚き火台はこんな人にオススメ

  • 焚き火をやってみたいけれど、今後も続けるか自信の無い人
  • 焚き火はちょっとお遊び程度で十分という人
  • 子ども専用の焚き火台が欲しい人(保護者の監視監督管理必須)
  • 焚き火を楽しみたいけれど、荷物を増やしたくない人

www.zubora-mom.com

 

間違いない"ど定番"のユニフレームファイアグリル

f:id:zubora_mom:20170227125546j:plain

ユニフレームのファイアグリルは、バーベキューも焚き火もできて1万円以内で購入できる、とってもお得な焚き火台です。

重量も約3kgと軽く、女性でも持ち運びしやすいのが嬉しいポイント。

ロストルという炭をのせる金属板がペラッペラで、熱を加えるたびに変形していきますが、それでも何年も使用できるので非常にコスパがいい焚き火台です。

それ故に所有者も多く、レア感は全くありませんが、みんなが使っている安心感というのは非常に大きいかと思います。

ちなみによく言われている耐用年数は5〜7年です。

ヘビーロストル付きを購入すると、ダッチオーブンをその上に乗せても安定性バッチリなのでダッチオーブンで料理をしたい人にはヘビーロストル付きがおすすめです。

ユニフレームの焚き火台はこんな人にオススメ

  • バーベキューも焚き火もお手軽価格で始められる
  • 総重量が約3kgと軽く、女性でも持ち運びが苦にならない
  • 安いので気兼ねなくガンガン使える

www.zubora-mom.com

 

所有欲も満たしくれるスノーピークの焚き火台 

f:id:zubora_mom:20170418103727j:plainf:id:zubora_mom:20170418104001j:plain

高価な焚き火台と言われるのがスノーピークの焚き火台。

高価である理由がたっぷり詰まった納得の一品ではありますが、最初から手を出してしまうには抵抗があることは否めませんよね。

それに焚き火台Lになると重量8Kg越えなので、女性が持つにはちょっと重い。と言っても、私はこれを使っているので女性でも使えないことはありません。

スノーピークの焚き火台はこんな人におすすめ

  • ずーっと長く大切に使用したい人
  • 満足度のほか、所有欲も満たしたい人
  • 同じブランドで統一したい人
  • こだわりの一品が欲しい人

スノーピーク焚き火台家族スタイル別おすすめサイズ

使用人数的には小学生以上を含む5人家族で焚き火台L。

幼児までを含む4人家族には焚き火台M。

大人二人だけも焚き火台M。

ソロには焚き火台S。

というようなイメージです。実際にアウトドアショップで見て触って確認してみると尚いいかもしれませんね。

 

その他有名アウトドアメーカーの焚き火台

ご紹介した焚き火台の他にも、コールマンやキャプテンスタッグ、ロゴスなど有名アウトドアメーカーから焚き火台が発売されています。 

コールマン ファイアーディスク

円盤状の焚き火台。面白い形ですよね。収納もコンパクトにできそうです。

キャプテンスタッグ バーベキューグリル 

必要十分なセットかつ低価格。キャンプを気軽に始めるにはちょうどいいかも。

ロゴス KAMADO

これはBBQはもちろん、焚き火台にもなるし、なんとピザやパンも焼けるという凄いコ。 友人家族が使用していましたが、なかなか上手にパンが焼けていました。これ、いいと思います。

最後に 

定番の焚き火台から新しいタイプの焚き火台までいろんな物がありますね。

私は今、パンやピザが焼けるロゴスのKAMADOがとっても魅力的に感じています。

見た目や価格だけに捉われず、自分の理想に合った焚き火台に出会えると素敵ですね。

それでは今年も楽しいキャンプライフをお過ごし下さい!