ママはずぼら

北海道出身、東京在住。3兄弟(小4、小2、3才)の母です。主に育児ネタ、キャンプネタ(キャンプ場やキャンプ道具)について書いています。

格安BBQコンロでも十分!ホールアース(Whole Earth)の焚き火台・テーブル 5つのおすすめポイント

スポンサーリンク

f:id:zubora_mom:20180926175252j:plain

先日の北海道キャンプ。

無謀にも東京から一切のキャンプ道具を用意せずキャンプを決行した我が家。

キャンプ場でレンタルできるものが限られていたため、BBQコンロ、テーブル、イスだけは現地調達しました。

格安バンガロー泊のためテント不要、そしてシュラフはレンタルで十分でしたよ。

実家が北海道なので、使用したキャンプ道具は実家で保管です。これで来年以降も身一つで北海道キャンプに行けそうです。

それでは今回現地調達したアイテム「ホールアースの焚き火台」(Whole Earthのファイアースタンド)、約4000円という格安なのにとっても良かった!という話をご紹介します。

 

コスパ最高!焚火にダッチオーブンにBBQもできる!ホールアース(Whole Earth)の焚き火台

組み立て簡単! 

おすすめポイント1 安い!

何と言っても家計に優しいこの値段「税込4000円以下」

ホールアースってこんなに安かったかな?と不安になりますが、ちゃんとホールアースの製品です。

値段だけ見ると焚き火台として使えるのか、ダッチオーブンが置けるのか少し心配になりますが、全く問題ありません!

耐荷重は約30kg。

10インチのダッチオーブン料理もできます。

焚き火だってどんどん薪をくべちゃって大丈夫!

おすすめポイント2 軽い!

f:id:zubora_mom:20180823125652j:plain

全部合計で約3kg(2.97kg)。

普段スノーピークの焚き火台を使用しているので、この軽さには驚きました。

「大丈夫?」と不安になるほど軽かったのを覚えています。

が、全然大丈夫です。軽いので炭捨ても楽です。

ちなみに、この写真では大事なものが写っていません・・・。

気が付いた方はいますでしょうか?

そうです。ロストルを設置するのを忘れ使用していました・・・。

ずぼらだからロストル洗うの面倒くさくて使わなかったのではありません。ただ単にロストルを設置するのを忘れました。

まあ、使わなくても全然大丈夫なんですけどね。ダッチオーブン料理をするなら必要ですが、焼肉だけならなくても大丈夫!ということがわかりました。いいんですよ、焼ければ。だめ?

おすすめポイント3 組み立て簡単!

f:id:zubora_mom:20180823125632j:plain

 

パーツが「本体」とそれを支える「スタンド脚部」に分かれます。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、本体裏面にスタンドがガッチリ挟まるように設計されています。

コツも何も必要ありません。広げてセットするだけ。

収納については、スタンドはぺたんこになるので場所を取りません。畳んだスタンドは斜めにすれば本体の中に収まります。

ただしケースが付属していないので、梱包されていた箱を捨てずに使用するか、別途持ち運び用のバッグを用意する必要があります。

我が家は購入した際に入れられていたビニール袋にそのまま収納しました。本当はバッグがあれば見た目はいいんですけどね。

おすすめポイント4 2段階調整できる焼き網の高さ!

f:id:zubora_mom:20180823125700j:plain

上に置く焼き網は高さを2段階調整できます。炭から遠くしたり、近くしたり、お好みで使用できます。

こんなに安いのに嬉しい仕組みですね。

ロストルがしっかりしているのに、網の高さが調整できるのに、安いって嬉しい。

おすすめポイント5 焚き火だって思い切り楽しめる!

f:id:zubora_mom:20180822101242j:plain

こんなに豪快に薪をのせたって全然大丈夫!

f:id:zubora_mom:20180823125652j:plain

f:id:zubora_mom:20180823125658j:plain

上の2枚の写真。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、底二面に通気孔があるのでよく燃えます。

f:id:zubora_mom:20180822095551j:plain

ホールアースのマルチいろりテーブルと組み合わせて使用

こちらのイロリテーブルですが、焚き火台を囲んで使えるのはもちろん。

f:id:zubora_mom:20180823125633j:plain

 一つ一つが自立するのでアレンジ自由でとても便利です。

焼肉が終わった後は、下の写真のように2つをくっつけて少し大きいテーブルとして使用することも可能です。写真焚き火台の奥がそのイロリテーブルです。

側面に引っ掛かりの突起もついているので、安定性もバッチリです。

f:id:zubora_mom:20180822101242j:plain

このテーブルは脚を畳んで収納しますが、最初から収納に便利な専用バッグが付属しています。

最近定番のロースタイルができるマルチテーブルとなっています。

そして何より、こちらも某社製品と比べると圧倒的な安さ!

定価が税込約8000円(7989円)。 

安いけど、ダッチオーブンやスキレットも置けるステンレス製です。

ちなみに耐荷重は約20kg。十分ですね。 

最後に

最近またじわじわと人気が出てきたホールアースですが、何と言っても少しおしゃれでコスパ抜群なのが嬉しいですよね。

大手キャンプメディアキャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜でも紹介されていました。

hinata.me

最近のホールアースはおしゃれですが、私が購入したのはゼビオスポーツ専売品のような割と低価格帯のもの。

モノとしては全然十分、必要十分な作りでした。

キャンプを始めるのにも手を出しやすい導入しやすいラインですね。

デザイン的にも申し分ないので、安いからと敬遠しなくて大丈夫ホールアースの焚き火台で、楽しいキャンプ時間が待っています。