ママはずぼら

北海道出身、東京在住。3兄弟(小4、小2、3才)の母です。主に育児ネタ、キャンプネタ(キャンプ場やキャンプ道具)について書いています。

テント内で使うマット比較。銀マット、インフレーター、エアマットどれがどういいの?

スポンサーリンク

f:id:zubora_mom:20181002113320j:plain

翌朝の疲労感が違ってくるのでテントのマット選びは大切ですよね。

我が家では駆け出しキャンパーご用達の銀マット、銀マットからちょっとランクアップしたインフレーターマット、エアーマットの全てを使用してきました。

それぞれの良いところ、オススメするポイントを使用した目線でしっかりお伝えしたいと思います。

自分スタイルに合ったマット選びのお手伝いになれたなら嬉しいです。

 

 

キャンプのマット。3種類使用してみた感想

比べるのは冒頭でもお伝えした通り

銀マット、インフレーターマット、エアーマットの3種類です。

それでは早速レビューおよび比較をしていきます。

銀マット 何と言ってもコスパ最高!

f:id:zubora_mom:20181002112316j:plain

コスパ最高な銀マット。高さは100cmくらい。

年に数回しかキャンプしないから銀マットでいいという方に。

コスパ重視の方、キャンプを始めたばかりの方にぴったりです。

良いところ

  • 安い
  • 片付け楽
  • どこにでもしまえるので収納場所も選ばない

マイナスポイント

  • 銀マットとシュラフが静電気を起こしてパチパチ痛い!
  • 上にラグなどを敷いて銀マットを隠してオシャレにもできるが、手間が増える

おすすめポイント

  • キャンプを始めたばかり。今後もキャンプを続けていくかわからない人におすすめ
  • 寝床にこだわりがない。多少地面が固くても背中が痛くても平気という人におすすめ
  • ホットカーペットの下敷きとしても使用できるので持っていて損はない(冬キャンプ)

ダントツでお値段が安いのが嬉しいですね。

インフレーターマット 息を吹き込んで膨らませる必要なし!

f:id:zubora_mom:20181002112311j:plain

インフレーターマット。高さは70cmないくらい

バルブを緩めれば勝手に空気が入って膨らむインフレーターマット。

特別な作業は必要ないので、小さい子どもがいて手が離せないときでも手軽で良いです。

インフレーターマットは膨らんだとしてもそれほど厚みはありません。それでも銀マットから比べると寝心地は違います。

良いところ

  • 翌朝の爽快感が銀マットとは違う
  • バルブを緩めるだけで膨らむので手間いらず

マイナスポイント

  • 片付けが大変!空気を抜いて丸めて袋にしまうのに力が必要なので、男性にお任せできるなら大丈夫。
  • 収納サイズが冬用シュラフよりも大きい

30代後半女性標準身長・標準体重の私が片付けをするにはパワーが必要でした。

おすすめポイント

  • エアマットのようなふかふかグニャグニャした感じが苦手であればインフレーターマットがいい
  • 硬めの敷布団が好きな方向け

私が使用していたコールマンのインフレーターマットWサイズは、添い寝(3歳+母)+小学生一人の計3人でもOKでした。翌朝背中が痛いなんてこともありませんでした。

エアマット 電動空気入れは必須だけど、ふっかふか! 

f:id:zubora_mom:20181002112305j:plain
f:id:zubora_mom:20181002112258j:plain
エアマット。高さ幅ともに40cmないくらい。

なんで最初からこれを買わなかったのかなあと思うほど、寝心地は抜群にいいです。

ただし、電動空気入れを忘れるとエアマットを膨らますためだけにキャンプに来ているような情けない状況になります(先日の私・・)。

良いところ

  • 3つの中で一番コンパクト。クッションサイズに収納できる。車載の悩みも減りました。
  • 寝心地はダントツでいい!
  • 機械任せで簡単に膨らむ

マイナスポイント

  • 電動空気入れの用意が必要。単1電池を使用するものが多いのでコストがかかる。
  • 電動空気入れを忘れると修行。手動はツライ!
  • 寝相が悪い子はエアマットから落下しやすい。
  • 3歳以下の使用は窒息の危険があると注意書きが・・・
  • 3人くらいで寝ている場合、誰かが起き上がるとエアマットも波打つ
  • 使用中に穴が開いてしまう可能性がある

これまで数回使用した中で経験はないのですが、地面がゴツゴツと尖った岩や石が多い場所、林間サイトだと下に落ちている小枝などで穴が開いてしまうことがあるそうです。

修復テープで修復が可能な穴なら良いですが、そうじゃないなら修理不可能です。

就寝中にそうなってしまうと大変ですね。

おすすめポイント

  • 収納サイズがかなりコンパクトで車載の悩みも減る
  • 寝心地抜群!

寝心地よくて、収納問題もクリアできるエアマット。我が家はもう手放せなくなりそうです。

収納時の大きさ比較

f:id:zubora_mom:20181002112253j:plain

圧倒的にエアマットが小さいです

銀マット、インフレーターマット、エアマットを引っ張り出してきたので並べて撮影してみました。

一目瞭然ですね。エアマットの小ささがお分りいただけると思います。

f:id:zubora_mom:20181002112302j:plain
f:id:zubora_mom:20181002112311j:plain
f:id:zubora_mom:20181002112305j:plain
銀マット、インフレーター、エアマット

画像はクリックで拡大できます。

銀マット

横100cm×縦180cmくらいのもの。ホームセンターで購入しました。

コールマンインフレーターマットWサイズ

使用時サイズは約195×130×厚さ4cm(ピロー部/6cm)。

コールマンエアマット

クイーンサイズ(使用時サイズ:約198.1×147.3×20.3(h)cm) 。物によってはロール状に収納するタイプもありますが、これは小さく折りたためるので便利です。

電動エアポンプが必須ですが、空気を入れるのも抜くのも電動なのでとても楽です。

ランドロックで使用するとこんな感じです

中心にドーンと置くと

インナーテントの中心部にドーンと置いても、左右に余裕が出るので荷物が多くても安心です。

f:id:zubora_mom:20181002115800j:image
f:id:zubora_mom:20181002115754j:image

端に寄せると

コット1台が余裕で入るスペースが生まれました。

f:id:zubora_mom:20181002115802j:image
f:id:zubora_mom:20181002115805j:image

向きを変えて端に寄せると

クイーンサイズのエアマットがもう一つ置けるスペースが生まれました。

エアマットをもう一つ追加してもよし、コット2台を入れてもよし。スペースに余裕が生まれます。

f:id:zubora_mom:20181002115807j:image

f:id:zubora_mom:20181002115752j:image

このエアマットに、私+3歳息子+小学生一人or大人二人or子ども3人で寝ることが可能です。

子どもはエアマットで寝かせて、大人はコットでも良さそうですね。

最後に

「マットが変わると朝が変わる」

過酷なキャンプが好きならば話は別ですが、キャンプとはいえ少しでも快適に過ごしたいなあと少しでも思っているならエアマットやインフレーターマットがおすすめです。

私の一押しはエアマットですが、硬い布団が好きな方ならインフレーターマットもいいですよね。

ぜひあなたに合ったマットが見つかるといいですね。