「グリーンパークふきわれ」川遊び・避暑キャンプに最高!東日本口コミ2年連続No.1のキャンプ場

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

群馬県北部の沼田市にある標高650mのキャンプ場「グリーンパークふきわれ」。2021年でリニューアルから9年目を迎えたキャンプ場。

利用した人が口々に「気持ちいいキャンプ場だった」というのも頷けるいいキャンプ場さんです。

キャンプ場のすぐ横には穏やかな栗原川が流れ、真夏には子どもたちが元気よく遊ぶ声もたくさん聞こえてくることでしょう。

キャンプ場のオーナーは農家さんでもあり、自分の畑やビニールハウスで採れたての野菜を使った窯焼きピザなどの体験もできるのが特徴。

東日本口コミNo.1を2年連続受賞しているだけあって、土日の予約はほぼいっぱいでなかなか予約を取るのが難しい人気のキャンプ場さんです。

それでは早速、キャンプ場レポートスタートです!

スポンサードサーチ

「グリーンパークふきわれ」3つの魅力

魅力1)群馬の魅力が感じられるキャンプ場。採れたて野菜のpizzaも楽しめる!

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

日本有数の温泉地としても知られる群馬県。ここグリーンパークふきわれから車で5分の場所には老神温泉があります。

そして「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる「吹割の滝」も車で5分。

木がもりもりと生い茂って、空気は美味しいし、キャンプ場オーナーが作った採れたてトマトやとうもろこしなどの野菜で作るピザなど、群馬の魅力をたっぷりと感じられるキャンプ場となっています。

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

魅力2)川遊びで避暑キャンプ!

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

キャンプ場の真横には利根川水系の一級河川「栗原川」が流れています。

キャンプ場からすぐ川に遊びに行けるので、子どもたちは大喜び!

水深も浅く、流れも穏やかなので、小さいお子さんでも安心して遊べる川です。

ぜひ水鉄砲を持って出かけたいところ。

魅力3)おしゃれな場内

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

まず受付をしたときにすぐ気がつくと思うのですが、ちょとしたセレクトショップのような雰囲気がある管理棟。

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

キャンプ場オリジナルステッカーやTシャツなどのデザインは、全てこのキャンプ場のスタッフさんが手がけているのだとか。

中でもじっくりと見てほしいのが、管理棟のドアと、窓に金色で書かれた「GREEN PARK FUKIWARE」の文字。

ドアはオーナーこだわりのフランス製ビンテージもの。

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

窓に描かれたキャンプ場の金色文字は、なんと金粉を貼ったもの。

管理棟横の図書室や、トイレの壁面に描かれたイラストなども全てスタッフさんが描かれたものです。

きっとこの雰囲気を気に入るキャンパーさんも多いはず!

キャンプ場内のサイトを詳しくご紹介!

基本情報

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

住所〒378-0304 群馬県沼田市利根町大楊1098
HPhttps://www.greenpark-fukiware.com/
電話0278-56-3215
営業時間8:00-18:00 (土日、連休、ハイシーズンは8:00-20:00)
チェックイン13時〜
チェックアウト〜11時
アーリー、レイト対応あり(混雑期などは事前に要確認)
予約方法HP、電話
支払い方法現金、クレジットカード対応可(visa,master,amex,paypal)
ペット利用OK
花火OK(可能場所や時間など要確認のこと)
ゴミ処理ビンのみ持ち帰り
地面芝、土。場所によっては固いので鍛造ペグなど頑丈なものがあると便利。
サイト数など、設備について区画サイト30,手ぶらキャンプサイト、トレーラーやキャビン5,フリーサイト
アクセス関越自動車道 沼田ICから約20km(30分)
買い出し情報・コンビニ
(セブンイレブン)車で5分
・最寄りスーパー
(まるきゅう)車で5分
(マルイ) 車で10分
・大型スーパー
(ベイシア)車で20分
・ホームセンター
(コメリ) 車で10分
・ホームセンター
(カインズホーム)車で20分

受付・管理棟〜キャビン・トレーラーエリア

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

キャンプ場に入ると、最初に見えてくるのがコールマンの常設テントとキャビン・トレーラーエリア。

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

そして受付が右側に見えます。

管理棟内はちょっとしたセレクトショップのようなおしゃれな雰囲気。

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

なんと中に看板猫ちゃんが!!

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

管理棟のカウンターの上に置かれた座布団の上ですやすや寝ていました。

近づいても全然起きません。すごい!

薪は管理棟で販売しています。

キャビン、トレーラーエリア

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

キャビン、トレーラーエリアは先述したようにキャンプ場に入ってすぐ。進行方向右側にあります。

手ぶらキャンプエリア(コールマン)

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

キャンプが初めてという方に向けた、キャンプに必要な基本道具がセットになったエリアです。

炭は別途買う必要があります。事前申し込みで食材セットもあります。

手ぶらキャンプエリア(グロッケ24)

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

管理棟の裏手に、ogawaのグロッケ24という大きなベル型のテントの手ぶらキャンプエリアがあります。

定員は8名。

炭は別途買う必要があります。事前申し込みで食材セットもあります。

フリーサイト

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

キャンプ場は川に沿って横に広がっています。

フリーサイトもかなり広く、木が生い茂ったエリアなので夏でも涼しく過ごせる場所です。

お隣との距離感は混雑状況にもよりますが、上手に木を使ってエリア分けができればそんなに気にならないかな?と思います。

ただしやはりフリーサイトですので、すぐ真横にテントを張ってくる方もいますし、そうせざるを得ないケースもあります。

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ
群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ
群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ
群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

私の大きな車(ハイエース)でも余裕で入っていけるので安心してくださいね。

Aサイト

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

ここからキャンプ場の奥のエリアになります。

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ

Aサイトは電源付きの区画も多くあり便利です。

隣との境界がはっきりとした区画サイトじゃないと不安だなという方にもおすすめ。

ワイドサイト

ワイドサイトはAサイトと同じエリアにあります。

通路から右側がワイドサイト

1区画にテント2張り、車2台は余裕のサイズ。電源がついている区画が多いです。

Bサイト(リバーサイドエリア)

川まで一番近い区画サイトがこのエリア。

川の音がすごく近くに聞こえるので、夏は涼を求めてこのエリアにするのもおすすめ。

ただし日差しを遮る木などがないエリアなので、タープなど日除けになるものが必須かと思います。

夏でも涼しく楽しみたいなら、木が多いフリーサイトがおすすめ。

スポンサードサーチ

キャンプ場内の設備はどんな感じ?

炊事場

炊事場は場内に3カ所(管理棟近く、Aサイト、Bサイト)。

どちらも温水が利用できます。

トイレ

トイレも炊事場と同じ場所にあります(合計3カ所)。

ウォシュレット付きの洋式で、森の中なので虫は多少いますが、トイレ自体はとても綺麗です。

ハイジブランコと流木ドーム

フリーサイトの中にハイジの気分を味わえる高さのハイジブランコと川に流れ着いた流木で作られた流木ドームがあります。

ハイジブランコに乗ってみたのですが、見た目よりも全然ハイジ感あります。

前方に足を伸ばした瞬間、足元にあるはずの地面が見えず、空中ブランコのような感覚になります。

かなり楽しかったです。ただし体重の重い大人は乗ってはいけません。あれはあくまでも体重の軽い子ども用です。

私は次男と同じくらいの体重なので乗ってみましたが、やっぱりちょっと怖いし、大人が乗っているのもあれなので2漕ぎくらいでやめておきました。(汗)

その他、子どもが自由にくつろげるお部屋が管理棟横にありました。

キャンプ場や川遊びの様子を動画でチェック!

場内の雰囲気がよくわかるようにと、キャンプ場紹介の動画も作ってみました。

ぜひみなさんチェックしてみてくださいね!

東京からの距離や、看板猫ちゃん、川遊びの様子や、場内の各サイトの様子を収めています。

スポンサードサーチ

さいごに

さて今回は群馬県沼田市にある「グリーンパークふきわれ」をレポートしました。

川がすぐ近くにあるキャンプ場で、夏はたくさんの人で大賑わいかと思います。

水深も浅いので幼児でも安心して遊べます。

森の中なのでクワガタやカブトムシも出てきそうです。

近くに温泉もあるので、連泊で利用したい気持ちのいいキャンプ場でした!

都内からもアクセスしやすいですので、今年の夏はぜひ群馬もキャンプの候補に入れてみてくださいね!

群馬県キャンプ場 グリーンパークふきわれ
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう