テンマクデザイン×ソルムの木製スパイスボックスはこんなに素敵でした!購入レビュー

tent-Mark DESIGNSとSOLUMのコラボアイテム「スパイスボックス」。

キャンプをしているとどうしても増えてくるお気に入りのスパイス。

それらを綺麗に並べて「見せる収納」をすることができ、そのままどこでも持ち運びできちゃうコンパクトさも素敵。

ということで、買っちゃいました!テンマクデザイン×ソルムのスパイスボックス。

早速フィールドに持ち出したいところですが、その前に購入レビューです。

スポンサードサーチ

tent-Mark DESIGNSとSOLUM(テンマクデザイン×ソルム)スパイスボックス 大解剖!

このスパイスボックスが発売されてから数ヶ月。

発売当初は売り切れ続出でしたが、ここ最近はアウトドアショップの店頭でもよく見かけるようになりました。

店頭で実際に見て触って購入することができるようになったのは嬉しいですね。

私も店頭で色々と見比べて購入してきました。

大きさ

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス

収納時:幅18.5×奥行き25×高さ35cm

使用時:幅50.5×奥行き9.3×高さ35cm

一般的なアウトドア雑誌(GO OUTやオートキャンプ場ガイド、Beginなど)の幅+3cm、高さ+10cmくらい大きいです。

今お手元近くのアウトドア雑誌よりもちょっと大きいと思って大丈夫。

使用時の横幅50.5cmがちょっと大きいなあ・・という場合は、完全に180度開く必要もないので好きな角度で開けばいいですね。

重さ

総重量約1.94kg

中に調味料を入れて持ち歩いても全然重たくありませんでした。

材質

説明書にもメーカーHPにも「木」としか書かれていませんが、天然木の再生材(集成材)です。原産国はフィリピンとなっていました。

木製品ですので一つ一つ表情が違います。

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス

価格

定価:5980円+税(税込6458円)

スパイスボックスに6000円もかけたくない方もいると思いますが、これまでチャムスの収納ケース(マルチソフトケースM)に調味料を入れていた私からすると、使い勝手が格段に上がり、シンプルなデザインがおしゃれで価格相応のアイテムだと感じています。

そのまま家でもキャンプでも使えるデザインで便利です。

金具

金具はスチール製。

テンマクデザイン、ソルム スパイスボックス

テンマクデザイン、ソルム スパイスボックス

移動中に勝手に開いてしまうような構造ではないので安心ですね。

固かったり、左右の位置が若干ずれていてロックしにくいという事もありませんでした。

持ち手は丈夫なシュロ(棕櫚)縄

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス
持ち手は棕櫚(シュロ)

公式HPには「持ち手は棕櫚材」と書かれていますが、そもそも棕櫚ってなに?どう読むの?と。

シュロと読むのですが、「シュロってなんと無く聞いたことあるけど一体なに?」という無知な私。

シュロってなに??

ヤシです。

シュロ縄は、水に強く分解されにくい。天然素材ですが、風雨にも強く腐りにくい。

そのため園芸・農業でよく使われている素材。

アウトドアで使う道具としては最適な素材ということですね。

持ち手の感触は特にチクチクするとかそういう事もありません。

ニオイが気になる?

よく「ニオイがきつい」と聞きますが、実際も開封したてはけっこうニオイます。

安い木製品を開封した時の酸っぱいようなあのニオイです。

実はこのニオイの元は、持ち手のシュロ縄に施してある保湿剤の匂い。

ただし使っていくうちに消えていくようなタイプの匂いなので、大きな問題ではないでしょう。

風通しの良い場所に1〜2日陰干しすると気にならない程度に軽減するとの情報も。

ちなみに私はこの匂い、全然気になりません。

各スペース詳細

全体

調味料がすっきり片付きますね!

テンマクデザイン、ソルム スパイスボックス

テンマクデザイン、ソルム スパイスボックス

左上(内寸高さ24.5cm×横23cm)

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス
左上

ここはソルトミル・ペッパーミルを立てたまま収納できるほどのスペースがあります。

高さがある調味料を入れるのにベストな場所。

左下引き出し(内寸横20.7×奥行6.5×深さ6.2cm)

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス
左下引き出し

ここは割り箸がぴったり入るサイズ。私はスティックタイプのほんだしや、スティックタイプのはちみつを入れてみました。

引き出しが開けにくい、戻しにくいなんて事もありませんでした。

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス
左下引き出し

右上(高さ12×横23cm)

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス
右上

ここはスパイスの小瓶がぴったりサイズ。ユニフレームのスパイスキャニスターを入れてみましたがちょうどいい。

本当は同じメーカーでスパイスを揃えておいたほうがおしゃれに見えますが、とりあえずいつもキャンプに持っていくスパイスを入れてみました。

右下(高さ20×横23cm)

テンマクデザイン,ソルム スパイスボックス
右下

塩こしょう、黒瀬スパイス、マキシマムなどを入れてみました。

一番高さのある左上より4.5cm低いですが、よくスーパーで売っているミル付きスパイスは余裕で入ります。

ワーカーズオカモチとの違いは?

テンマクデザイン ワーカーズオカモチ
画像出典:tent-Mark DESIGNS

スパイスボックスと聞いて最初に思い浮かぶのは「ワーカーズオカモチ」という方も多いかもしれません。

2019年3月にリニューアルされ「ワーカーズオカモチⅡ」として発売が開始されていますが、今回購入したスパイスボックスとの違いは容量とギミックです。

圧倒的にワーカーズオカモチの方が収納できる容量が大きいです。

スパイスボックスは単純に左右に開くタイプですが、オカモチは開いて取り外して並べて・・という複雑なギミックが。

あれもこれもどんどん入れていきたい方はワーカーズオカモチを選びましょう。ただしお値段は3倍くらい、大きさも倍くらい違います。

厳選されたお気に入りだけを持っていきたい方はスパイスボックスがちょうどいいサイズです。

実際にどちらも見てからスパイスボックスを購入したのですが、オカモチは以前の竹素材の方が好きでした。

なんだかちょっと作りが荒くなった印象を受け、「これであの値段か・・・」と思うと購入するまでに至らず。大きくていいんですけどね。

まとめ

テンマクデザイン、ソルム スパイスボックス

テンマクデザイン×ソルム(tent-Mark DESIGNSとSOLUM)のコラボアイテム「スパイスボックス」。

これまで高さがバラバラなスパイスの収納に苦戦していた私としては、かなり満足のいくキャンプギアとなりました。

100均のボックスに入れておくのもいいかもしれませんが、これなら出したままでもかっこ悪くない。

あれどこいった?どこにしまった?なんてストレスも無くなりますね!

家でもキャンプでもどちらでも使えるのも素敵なポイント。

これは「買い」なナイスギアでした。

これを機に100均ケースから卒業しちゃいましょう!

こんなに大きいのはまだ必要ないかな?という方はこちらをどうぞ!

関連記事

キャンプに持っていく醤油や油、マヨネーズやケチャップなど、液体系の調味料は詰め替えるのも大変なので、ダイソーにも売っているような市販の小さいサイズを購入して持っていくのが一番便利ですよね。 しかし、その他の調味料、例えば砂糖や塩、ハーブが[…]

こんな記事もあります!

関連記事

キャンプといえば「肉焼いておけばいい」ということが多い我が家。 これではいかん!ということで、今年は色々なアウトドア料理・キャンプ料理にも挑戦してみようと思います。 [sitecard subtitle=第2弾はこちら url=[…]

キャンプ料理アウトドア料理
関連記事

難しそう、面倒そう、子どもいたらなかなかちゃんとしたキャンプ料理なんて作れないと思っていた「手のこんだ感じに見える」キャンプ料理。 そんなキャンプ料理を作ることをこれまで敬遠してきましたが、作ってみると意外と苦労少なく簡単! 第[…]

キャンプ料理 メスティン スキレット
関連記事

2019年4月大賑わいとなるGW直前、静岡県伊豆の国市にある老舗キャンプ場「モビリティパーク」に行ってきました。 モビリティパークは2019年で創業30周年というなかなかの老舗キャンプ場。 遊具あり、釣りもできて、カヌーもできる[…]

キャンプ料理
tent-Mark DESIGNS×SOLUM SPICE BOX
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう