キャンプの氷入れ「イエティ」のランブラージャグ最強説【ハーフとワンガロンの比較も】

キャンプの氷入れ問題は永遠のテーマのようになっているわが家。そんな氷問題にもようやく終止符を打つときがきたようです。

それが真空断熱構造を持つ『イエティのランブラージャグ』。ワンガロンとハーフの2種類があり、容量の違いさえあれど「氷が長時間もつ」「飲み物も入れられる」とどちらも使い勝手はバッチリ!

その他、ロック氷が入れやすい、ウォータージャグとして使える(本来の用途はこっち)、マグネット式ふたの隠れた凄技ポイント、スタンレーのグロウラーとの比較など。

これはいい!と思ったポイントを中心にご紹介していきます!

今年の夏の氷問題はこれで解決!気になるところからぜひ読んでみてくださいね。

スポンサードサーチ

『イエティ』ランブラーワンガロンジャグ/ハーフガロンジャグ

イエティ ランブラージャグ
左:ハーフガロン(1.89L) 右:ワンガロン(3.79L)

入荷するとすぐに売り切れとなってしまうほど人気のイエティのランブラージャグ(日本国内ではA&Fが正規販売代理店として販売)。

イエティのランブラージャグには2つのサイズ、ワンガロンとハーフガロンがあります。

真空断熱構造という基本構造は同じですが高さや直径などのサイズが異なります。

まずはそのあたりを比較をしながら基本スペックなども見ていきましょう。

ワンガロンとハーフガロンの違い

イエティ ランブラージャグ

ハーフガロンジャグワンガロンジャグ
直径約14.5cm約16cm
高さ(キャップ2.5cm含む)約25.5cm約31cm
持ち手含む高さ約32.5㎝約38㎝
重さ約1.75㎏約2.1㎏
容量1.8L3.6L
ロックアイスの入る容量1kgがぴったり2kgがぴったり
価格(税込)※2022年4月14日時点17,600円23,100円

イエティ ランブラージャグ

イエティ ランブラージャグ

口径はともに約12cm。直径はそこまで大きく変わりませんが、高さに差があるので横に並べると大きさの違いがよくわかります。

商品をAmazonでチェックする→https://amzn.to/3EgPvBk

ロックアイスを入れるのも楽!

イエティ ランブラージャグ

ワンガロンもハーフガロンもそれぞれ口径が広いので「入らないロック氷がない」というのが特徴

ワンガロンでコンビニやスーパーの氷が2kg。ハーフガロンで1kgの氷が入ります。

これまでスタンレーのグロウラーをアイスペールがわりに使用していましたが、時々入りにくい氷があったり、袋から移しかえている最中に落としたりと、「氷を入れる」という点では正直ちょっとした不満もありました。

イエティのランブラージャグでそんな不満も解消できちゃいます。

氷が長持ち!

イエティ ランブラージャグ

ステンレス製のダブルウォール(真空断熱構造)で氷がかなり長持ちします。

どのくらい長持ちかというと、4月の最高気温が23度以上が続いた好天気の日。ワンガロンジャグに氷を2kg入れ、1kgほど使った後2日放置した後でも氷が残っていました。もちろん半分以上は溶けていましたが、それでもこの保冷力はすごいですよね。

ずぼらママ
1泊した後に2日放置だから、3泊4日も耐えることができるってことですね。すごい。

適宜、溶けた水を抜いてあげればもっと長持ちしてくれることと思います。

マグネット式の蓋がいい仕事してくれる!

イエティ ランブラージャグ

こういう小さい蓋って「あれ?どこいった?」なりがちですよね。

イエティ ランブラージャグ

でもこれはなんとマグネット式。蓋を外してもピタッとつければ失くなることも見失うこともありません。

そしてこれのすごいところはもう一つ。

アイスペールとして使うならトングが必要ですよね。

そのトングがペタッとくっつくので衛生的にも安心です。

ずぼらママ
これからの季節、アイスペールがあると本当に便利なんです。あるとないとでは天と地ほどの差。
ロックアイスの袋から直接取り出すのも悪くないですが、そろそろ見た目的にもいいもの欲しくなりませんか?

本来の用途はウォータージャグ。飲み物も入れられる。

イエティ ランブラージャグ

アイスペールとしての人気の方が高いのですが、本来の用途は飲み物入れ。

水やジュースなどを入れて持ち運べます。

もちろん温かい飲み物の保温効果もバッチリ。保温も保冷もどちらでも使える便利なジャグです。

一つだけ気になるポイントをあげるなら「大きいから開けにくい」

イエティ ランブラージャグ

私の手が小さいので特にそう感じるのかもしれませんが、ふたが大きくて開けにくいのが難点です。

それ以外は言うことなしのできるやつ。

価格はかわいくない

「たかが氷を入れるために数万」と思うか、「氷が長持ちアイスペールとして使えて、ジャグとしても使える。そして見た目もいいから満足」と思うかはあなた次第。

たしかにお値段かわいくないですが本当に使える便利な道具です。

購入できるお店は日本正規代理店のA&Fがおすすめですが、入荷してもすぐに売り切れてしまうことが多いです。

A&F「イエティ ランブラーハーフガロンジャグ」はこちら→https://www.aandfstore.com/shopdetail/000000016285/100155bt/page1/recommend/

A&F「イエティ ランブラーワンガロンジャグ」はこちら→https://www.aandfstore.com/store/commodity/0/19706008015000

この商品に関しては、楽天よりもAmazonの方が価格の吊り上がりが少ないイメージ。並行輸入品です。

価格をAmazonでチェックする→https://amzn.to/3EgPvBk

スタンレー グロウラーとの比較

これまで氷入れとして使用してきたスタンレーのグロウラーや1.5Lペットボトルと比較してみましょう。

イエティ ランブラージャグ

まずは1.5Lのペットボトルとの比較。

イエティ ランブラージャグ左:ハーフガロン 右:ワンガロン

画像出典:Amazon

スタンレーのグロウラーと比較するとワンガロンの大きさに近いですね。目安となるロック氷は1.8kg入るか入らないかくらいです。

そうなるとワンガロンの方がたくさん入りますね。それに口径も広いから氷の出し入れがしやすいです。

ずぼらママ
見た目もイエティのランブラージャグの方が「氷入れてる感」ありますよね!

過去にはこんな実験もしていましたね。

関連記事

2021年6月21日、記事の更新、最近使用した話の追記をしています。スタンレーの水筒は高確率でベテランキャンパーが持ち歩いている!という記事を書きましたが、その実力は本当なのか、実際に私が持っているスタンレーマスター真空ボトル1.3[…]

スタンレー水筒 STANLEY
ずぼらママ
保冷力の点でいくとそこまで大差はないかもしれませんが、氷が綺麗に入ること、取り出しやすいことなどの使い勝手を考えるとイエティ ランブラージャグに軍配が上がると思います。

スポンサードサーチ

結論!イエティ ランブラージャグはキャンプの氷保管に最適!

見た目も、機能性も、使い勝手も便利なイエティ ランブラージャグ。

サイズが2つあり、用途によってこんな使い分けも可能です。

  • ハーフガロンは、ソロキャンプやデュオキャンプ向き
  • ワンガロンは、ファミリーやグルキャン向き

今年のキャンプはイエティランブラージャグで、冷えひえの飲み物を楽しんでくださいね!

商品をAmazonでチェックする→https://amzn.to/3EgPvBk

イエティ ランブラージャグ
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう