青野原オートキャンプ場でデイキャンプ!2019春・GW直前編

もうすっかり春の陽気めいてきましたね。

神奈川県相模原市緑区、道志みち入り口にある「青野原オートキャンプ場」でデイキャンプをしてきました。

ここは2016年に一泊したことがあるので、通算2回目の利用です。

今回はデイキャンプ目線も少し交えながらお伝えします。

皆様の参考になれば嬉しいです。

スポンサードサーチ

青野原オートキャンプ場 春のデイキャンプレポート

今回はお花見ができることを期待して3月下旬に行きました。

結果から言うと、河津桜はほぼ葉桜、ソメイヨシノはあともう少しで開花・・・と言う状況でした。

青野原オートキャンプ場桜

場所によってはまだまだ綺麗に咲いているものもありましたよー。

青野原オートキャンプ場桜

青野原オートキャンプ場桜

青野原オートキャンプ場桜

でも残念ながらデイキャンプで使用したAサイトから見える桜はほぼ葉桜でした。

青野原オートキャンプ場 基本情報

道志みちといえばクネクネした峠道という印象をお持ちの方が多いと思います。

しかしここ青野原オートキャンプ場はクネクネになる手前。

道志みちで車酔いしちゃうという方でも、ここなら安心して来れるのではないでしょうか。

青野原オートキャンプ場入り口の10mほど手前には青野原野呂ロッジキャンプ場があります。

青野原オートキャンプ場 基本情報
【住所】〒252-0161 神奈川県相模原市緑区青野原918−1
【電話番号】042-787-0477(受付時間8時〜17時)
【営業期間】通年
【HP】http://aonohara-acl.jp/
【予約】不要(多目的小屋は要予約)
【チェックイン・アウト】イン8時、アウト翌日17時(デイキャンプ:8時〜17時)
【ペット】可
【設備】全てフリーサイト、地面は概ね砂利(プラスチックのペグは無理かと)、川遊び、シャワー、温便座、売店(氷、アイス、おやつ、炭、針葉樹薪、水遊びグッズなど)
【クレジット】利用不可
【モデル料金】デイキャンプ:大人二人1000円+子ども二人400円(未就学児無料)+タープ中500円+普通車500円=2400円、キャンプ:単純にデイキャンプの倍料金

チェックイン8時を目指す

好きな場所を確保したい、いい場所を確保したいならチェックインの8時を目指して出発してください。
チェックイン時間前に入場し設営する方もいるため、いい場所は早めに埋まっていきます。

受付は車に乗ったまま

キャンプ場入口すぐに受付がありますが、車に乗ったまま口頭で利用人数と張るテントの種類(2ルームは倍額のため)、タープの大きさを伝えます。

車に乗ったまま料金を精算して終わり。特に説明はありません。「ゴミは持ち帰りです」という案内くらいでしょうか。

チェックイン前にテントを張り、受付開始時間に合わせて料金をお支払いに行く方、あるいはキャンプ場の方が見回りで料金回収にきたりと、わりとゆるい運営です。

お花見キャンプ!桜が多いのは川沿いB、C、Dサイト

桜がたくさん植えられているのはB、C、Dサイトです。

青野原オートキャンプ場マップ
青野原オートキャンプ場マップ

その中でも一番桜が多いのがB,Cサイトなので、河津桜の時期はB、Cサイトがいいかもしれませんね。

下の写真はDサイトからみたB,Cサイトです。右側がCサイト。左側がBサイト。

青野原オートキャンプ場桜

Cサイト寄りのBサイトも、道沿いに桜が植えられているのでなかなかおすすめです。

ソメイヨシノもありましたが、私が訪れた3月23日はまだまだ咲いていませんでした。残念。

場所によってはこんなに綺麗に咲いているものもありました。

青野原オートキャンプ場桜

Fサイトが整地されていた!

一番奥が一番静かかもしれません。

数年前に訪れた際のFサイトは、地面に大きめの石がゴロゴロしていました。

しかし今回行ってみると綺麗に整地されています。

青野原オートキャンプ場Fサイト
綺麗に整地されていたFサイト

昨年の台風による影響で整地し直したのかもしれませんね。

B〜Eサイト詳細

お花見キャンプ楽しみたいならBサイト、Cサイト、せいぜいDサイトまでがおすすめですが、そうでなければどこでもそう大差は無いように感じました。

青野原オートキャンプ場Bサイト
Bサイトはソメイヨシノが楽しめそう
青野原オートキャンプ場Cサイト
Aサイトから見たCサイト 河津桜+ソメイヨシノが楽しめそう
青野原オートキャンプ場Dサイト
Dサイト 3月末河津桜が終わりかけ
青野原オートキャンプ場Eサイト
Eサイト

トイレは受付近くのトイレが一番綺麗です。他は簡易トイレや、ちょっと古めでお尻が寒いです。

夏〜秋になると私だったら山側は避けるかな・・・以前にここで巨大な山蛭を見たのと、蚊とスズメ蜂が多かったので。

そんな事を言っていたらキャンプなんてできませんが、避けられるなら避けたほうがいいですよね。

川遊びはだいたいどこでもOK

川の流れのゆるい場所では小さな子どもでも十分に楽しむことができる環境だと思います。

青野原オートキャンプ場川の様子
青野原オートキャンプ場 川の様子

青野原オートキャンプ場川の様子

青野原オートキャンプ場川の様子
我が家の三兄弟

川幅は写真で見るよりも広く、大きな岩がたくさん転がっている場所もあります。

大きな岩がたくさんある場所では川の中の水流が複雑になっていたり、思ったよりも深いなんていう場所もあります。

もう小学校高学年だから・・・と目を離すのはちょっと怖いかなと感じました。もう小学生ではなく、まだ小学生です。

川遊びをする際は十分な準備と注意が必要です。

関連記事

2017-07-18公開 2018-7-4更新 こんにちは、ずぼらママです。 先週、蓄膿症で耳鼻科に行きましたがまだ治りません。今回はしぶといようです。 そんな話はどうでもいいですね。 もうすぐ夏休み。 暑い季[…]

川遊び注意点
関連記事

道志みち沿い神奈川県相模原市緑区にある1963年創業「青野原野呂ロッジキャンプ場」 以前から行ってみたかった野呂ロッジキャンプ場。デイキャンプに行ってきました。 青根キャンプ場までの道が2018年の土砂崩れにより通行止め迂回ルー[…]

青野原野呂ロッジキャンプ場
関連記事

GWに急遽キャンプに行ってきた我が家。 人気の道志エリアはGWの空きなんて絶対ないだろうなあと思いながら、何件かに電話すること4件目「このまさわキャンプ場」で奇跡的にもキャンセルがあり、利用できることに。 林間学校や研修などに使われ[…]

関連記事

こんにちは! 連休明けのキャンプは都内から高速道路を利用して2時間ほど、埼玉県秩父市にある「秩父巴川オートキャンプ場」にやってきました。 目の前には荒川が流れ、川に沿って1700万年〜1500万年前の地層が見える、川遊び[…]

今回はデイキャンプ「Aサイト」を利用

受付で「今日は混んでいるのでAサイトだけにしてください」と言われました。

混雑している日は「デイキャンプはAサイトだけ」になるようです。

HPを見る限りデイキャンプはどこでもOKな感じでしたが、実際には当日の混雑状況などに合わせて変わるようです。

青野原オートキャンプ場Aサイト
青野原オートキャンプ場Aサイト この辺は駐車不可とのこと

CサイトよりのAサイトは猫の額

最初に、少しでも桜に近づきたいなと思い、Cサイト寄りのAサイトに行きました。

行ってみてびっくり!

「え?駐車場?」というような黄色と黒のロープで極狭区画に区切られています。

受付の方に話を聞いてみると「それで一区画」だそうで・・・。全面フリーサイトじゃなかったようです。

「冗談好きですねえ。嘘でしょ?」と言いたくなるほどの猫の額。車一台止めたら後は椅子とテーブルしか置けません。

青野原オートキャンプ場Cサイト
左側川沿い テントが見える手前までがAサイトの一部(駐車不可の場所あり)

左側のテントが見える場所からCサイト領域。その手前左側がAサイトとマップ表記がありますが・・。

「川遊びだけだから車さえ止められたらそれでいい」という方にはいいかもしれませんね!

受付すぐ下の河原サイトにしました

受付から降りてすぐ左に大きな石碑「鼻曲がり御用鮎の石碑」があります。

その下側、通路から鋭角に下った先もデイキャンプ用のAサイトになるそうで、そこを利用しました。

河原の石をよけて造成したような場所です。地面は凸凹。地中に大きな石が埋まっているので場所によってはペグを打つ場所を選びます。

青野原オートキャンプ場Aサイト河原
青野原オートキャンプ場 Aサイト河原側

川が目の前なので、川遊び時期にはなかなかいい場所です。

トイレや炊事場、シャワー室、売店にも近く、デイキャンプをするにはいい場所だなと感じました。

トイレの様子

受付に近いトイレはユニバーサルトイレがあります。

一番綺麗なのはこの受付側トイレ。

青野原オートキャンプ場トイレ
受付近くのトイレ
s_R0000050青野原オートキャンプ場トイレ
ウォシュレット付き
青野原オートキャンプ場トイレ
ウォシュレットなし
青野原オートキャンプ場トイレ
Dサイト側トイレ
青野原オートキャンプ場トイレ
Dサイト側トイレ

炊事場の様子

どの炊事場もお水しか使えません。

まだ肌寒く利用者が少ない時期ということもあり、炊事場は概ね綺麗でした。

お掃除はきちんとされているようです。

青野原オートキャンプ場炊事場とトイレ
受付側の炊事場とトイレ
青野原オートキャンプ場炊事場とトイレ
炊事場
青野原オートキャンプ場炊事場とトイレ
炊事場にかまどあり

シャワーの様子

シャワーは3分200円で利用できます。

暑い夏に汗を流す分には十分ですね。

青野原オートキャンプ場シャワー室
青野原オートキャンプ場シャワー室
青野原オートキャンプ場シャワー室
シャワー室
青野原オートキャンプ場シャワー室
シャワー室

近くの温泉

青野原オートキャンプ場から一番近い温泉は青根キャンプ場の手前にある「いやしの湯」です。

ここから車で15分くらいの場所にあります。

キャンプ帰りに足を伸ばしてみるのもいいですね!

 

デイキャンプはBBQに挑戦!

いつものキャンプでは焼肉や野外料理ばかりでしたが、今回はBBQ用の厚切り肉や鶏胸肉を使ったBBQ料理に挑戦してみました。

本格BBQグリルWeberのジャンボジョーを購入

BBQをするにあたり、いつものBBQコンロではなく、本格的なBBQグリルWeberのポータブルグリル・ジャンボジョーを購入。

WeberウェーバーBBQグリルジャンボジョー
WeberウェーバーBBQグリル ジャンボジョー(直径47cm)

分厚い肉でも美味しくジューシーに焼けるなんて、蓋付きグリルがこれほどまでに重要だったと改めて認識しました。

まだまだBBQグリル初心者で作れるメニューも簡単・単純なものだけですが、BBQって奥が深くて難しいけど楽しい!

グリル自体、かなり大きく(直径47cm)コンパクトになりません。

よってデイキャンプなどの荷物が少ない時にしか出番はありませんが、BBQのために1ヶ月に1回はデイキャンプにしてもいいくらい!

まだまだ失敗が多かったり、経験値が足りませんが、こんなに家族が喜んでくれるなら、もっともっとBBQについて深く学んでいきたいなあと思った日でした。

今回挑戦したBBQ料理

まだまだBBQ料理と言えるほどのものではありませんが、先日BBQ初級インストラクター講習で習ったことを少しでもおさらいしてみようとチャレンジしてみました。

BBQ料理
まずは一口おつまみで小腹の足しに
BBQ料理
大きなお肉をとりあえず叩くw
BBQ料理
塩こしょうをして
BBQ料理
焼く!そしてプレス!
BBQ料理ベーコンプレス
このベーコンプレス可愛いでしょ
BBQ料理
厚切り牛ステーキ完成!
BBQ料理
初めてにしては焼き加減もバッチリ!?
BBQ料理
食べやすいように切り分けて
BBQ料理
また肉!
BBQ料理
最初のよりも薄かったからすぐ焼けた
BBQ 火おこし器 チャコールスターター チムニースターター
火おこし器 もっと早くに買っておけばよかったです。本当に便利。

火おこし器を初めて使ってみたのですが、こんなに便利だとは知りませんでした。

着火剤(文化焚き付けとか)必要ないし、これで火おこししている間にテント設営できたり、他の作業をできたり、前菜的なものを作れたりと、炭起こしがこんなに楽にできるとは。

バーナーで炙る必要もないし、炭くさい、着火剤くさいまま肉を焼く心配もなく。

これと火消しツボはもうマストアイテムですね!

スポンサードサーチ

さいごに

この日は冷たいみぞれが降ったり止んだり。最高気温も8度くらいとかなり低く・・・。

もう少し先の道志では「雪が積もってきた!」というツイートを発見・・。

この辺りもそろそろ危ないかも〜ということで、デザートやサラダなどを食べる前に撤収しました。

これからの季節は暖かい日もどんどん増えてくるので、どんどんデイキャンプにも行けますね!

我が家もキャンプに行けない週はデイキャンプに行ってBBQスキルを上げていきたいなあと思います。

青野原オートキャンプ場は、お花見キャンプはもちろん、目の前の川で思い切り川遊びが堪能でき、ファミリーやグループキャンプにとても人気のキャンプ場であることがわかりました。

夏が楽しみのキャンプですね!

青野原オートキャンプ場お花見
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう