ベアボーンズリビングのLEDライトは噂どおりすごかった!どうして今まで使ってなかったんだろう・・

既に有名すぎて紹介するまでもないのかもしれませんが「どうしてこれまで使ってこなかったんだろう?」と思うほどに、「おしゃれで明るくてコンパクト」と噂通りのすごいライトでした。

キャンプブロガーとしてこれは皆さんと共有せずにはいられない!

まだベアボーンズリビングのLEDライトをお使いでない方は要チェックです!

▼こちらの記事もどうぞ!

関連記事

本格的な夏キャンプがやってきました。皆さん、暑さ対策はどうしていますか?我が家ではコードレス扇風機やハンディーファンを使用しています。 今回はルーメナーのコードレスタイプのデスクトップ扇風機とハンディーファンタイプのポータブル扇風機を[…]

LUMENAルーメナー コードレス卓上扇風機 携帯用扇風機

スポンサードサーチ

ベアボーンズリビングのLEDライト「ビーコンライトLED」「エジソンストリングライトLED」

そうです。噂のビーコンライトだけでなくエジソン三連のエジソンストリングライトも購入しました。

ということで、今回のレビューを見ればどちらが実用的なのか2種類を比較できるかなと思います。

まずはスペックから。

ベアボーンズリビング ビーコンライトLED スペック

普通に使用してどのくらいの時間使えるのか気になりますよね。スペックは以下のとおり。

ベアボーンズ LEDライト

サイズ 高さ15.2cm 幅7.6cm
明るさ 30〜220ルーメン(無段階調整)
連続点灯時間 LOW:200時間 MID:5〜6時間 HI:3時間
充電時間 4〜5時間
防水性 IPX4(防まつ型)
内蔵電池 8Whリチウムイオン電池(2200mAh)
その他 カラー3種類、充電用USBケーブル内蔵型
ベアボーンズ LEDライト
延長USBケーブルも付属していました

明るさ無段階調整&便利なカラビナフック付き

トップのスイッチを回すだけで点灯し、明るさは無段階調整できます。

ベアボーンズ LEDライト
回して点灯のスイッチとカラビナフック

このカラビナが非常に便利!

どこにでもヒョイと引っ掛けやすいので、ハンギングチェーンにはもちろん、テント内のちょっとしたフックやループにも取り付けられます。

本体重量は480gと軽いのもいいですね。

電池残量がわかりやすい

電池残量がベアボーンズロゴ下のLEDインジケーターで確認できます。

3つ点灯でフル充電されている状態。電池残量が減るごとに点灯数が減ります。

ベアボーンズ LEDライト
このロゴ下にLEDインジケーターが付いています

点灯するとこんな感じです。

ベアボーンズ LEDライト
BAREBONESのロゴ下に青く光る3つの窓が電池残量

自立するように作られたライトカバー

一見自立しそうにない形状ですよね。

しかし下に脚がついているのでちゃんと自立します。

ベアボーンズ LEDライト
ベアボーンズは自立する!

ベアボーンズ LEDライト

特殊な配光がおしゃれ

LEDのカバーを見るとわかると思いますが、段々になっており、さらにスタンドが付いているので光が特殊な感じで拡散しています。

ベアボーンズ LEDライト
キラキラしている感じでおしゃれな配光

ベアボーンズリビング エジソンストリングライトLED スペック

こちらも先にスペックから確認しておきましょう。

ベアボーンズ LEDライト

サイズ 高さ8.5cm 幅10.5cm
明るさ 1個あたりLOW:40ルーメン/1.2W HI:250ルーメン/4.8W
連続点灯時間 充電式ではないので手持ちのモバイルバッテリーの性能による
防水性 IPX4
その他 増設可 5個まで連結できる

黒い三連星ならぬ黒い三連ベアボーンズがかっこいい

ジェットストリームアタックとかマッシュ、オルテガ、ガイアとか、浮かんできたあなたはガンダムファンですね。

そんな私のくだらない冗談はおしまいにしてエジソンペンダントライトが3つセットになっているのがこちら。

ベアボーンズ LEDライト
3連タイプがおしゃれ

ベアボーンズ LEDライト

3つ繋がっているので単体で使用することはできません。

明るい、とにかく明るい

見た目は小さいけれど、HIで250ルーメンとかなり明るい。

250ルーメンが3つなのでとっても明るい。

ベアボーンズ LEDライト
三連なので照らす範囲も広い

就寝前までHIで点灯し、寝るときや遅い時間にLOWにする使い方が良さそうですね。

LOWは夜に本当にいい雰囲気が出る明るさです。

コードが長い&1個ずつカラビナ付き

写真で見ると3つが近距離ですが、実際には一つ一つの距離を1m以上開けることができます。

それぞれちょうどいい長さにマジックバンドで束ねて使用することになります。

ベアボーンズ LEDライト
コードが長い

また、一つ一つのライトにカラビナが付いているのでビーコンライトと同様にどこにでも取り付けることができます。

我が家のテントはフロントパネルをまとめるループにカラビナを引っ掛けて使いました。ちょうどいい感じでしたよー。

使用レビュー!ベアボーンズ、実際にキャンプで使ってみました

実際にキャンプで使用するとどういう感じかというと・・。

スノーピークの2ルームテント・ランドロック内に設置してみた様子がこちら。360度映像で確認いただけます。

真上と正面出入り口の上に取り付けています。

今回のキャンプ テント内を360度撮影してみました! キャンプ場内も360度撮影してるので、今後ブログなどでも公開していきます! これ、楽しいですね😊 – Spherical Image – RICOH THETA

レビュー1.とにかく明るい!

これまで使用していたLEDライト(ほおずき最大100ルーメン)もおしゃれでなかなか明るいと思っていたのですが、断然こちらの方が明るかったです。

ベアボーンズビーコンライトLEDは最大220ルーメンなので当然の結果ではありますが、いつも使用していたものよりも「安くておしゃれで明るい、そして経済的」。

えーっと・・・、もうなんていうか完全にこちらに軍配が上がりますね。

ベアボーンズ ビーコンライトLED
シェードをつけるとさらに明るく!!(HIモード)
ベアボーンズ エジソンストリングライトLED
三連タイプのエジソンストリングライトLEDが予想以上に明るかった!(HIモード)
ベアボーンズ エジソンストリングライトLED
これまで使用していたLEDライトよりも、外から見てもかなり室内が明るく見えました

レビュー2.何時間使用できたのか

ビーコンライトはHIで使用して、説明書記載通りの約3時間。HIのまま付けっ放しにしていたら3時間くらいでプツッと消えました。

エジソンストリングライトは就寝前までHIで3時間、その後LOWで朝まで点きっぱなしでした。

使ったモバイルバッテリーはAnker PowerCore 10000。

10000mAhのモバイルバッテリーを使用したのですが、かなり余裕。バッテリー残量がライト4つでわかるようになっているタイプのもので、使用後の残量はライト2つ。

この倍サイズPowerCore+26800も持っているのですが、そこまでは必要ない感じです。10000で十分かと。Amazonで2900円くらいで購入できます。

レビュー3.電池不要で経済的!

これまで愛用していたLEDライトは使用の度に電池を取り替えていました(単三電池3本を毎回交換。小さい方は単四電池3本を2回に1回交換くらい)。

この出費、一見大したことがないような価格ですがトータルすると結構な金額。

それに電池を変える手間も意外と面倒。

それが無くなるのは嬉しいです。ただ出発前に本体の充電と、モバイルバッテリーの充電必須です。忘れないようにしないと・・・。

スポンサードサーチ

まとめ

これまで書いたことをざっくりまとめてみましょう。

おすすめポイント

ビーコンライトLED

  • とっても明るい、とにかく明るいけど電球色に近いの自然な色がいい
  • 電池不要で経済的
  • 光の拡散が綺麗でおしゃれ
  • カラビナ付きで便利
  • 光量MAXでも消費電力がかなり少ないのでおすすめ

エジソンストリングライトLED

  • とっても明るい、本当に明るい(1個最大250ルーメン)
  • 三連なので照らす範囲が広い
  • HIとLOWの使い分けで雰囲気を変えられる
  • モバイルバッテリーの容量によっては、朝までなど長時間使用可能

気になったポイント

いいところばかりを書きましたが、注意しておきたいポイントもお伝えします。

ビーコンライトLED

  • 事前に充電が必要なこと
  • HIで約3時間しか使えないこと(MIDで5〜6時間、LOWで200時間)
  • LEDライトのカバーがむき出しなので保管時のケースが必要と感じた(壊れはしないが傷がつきやすそうなので)

エジソンストリングライトLED

  • 3つ同時使用のみ。単体で使用できない
  • 吊り下げるコードが長いので取り付ける場所を選ぶ(私がドジなだけなのですが、何回も頭をぶつけました)
  • モバイルバッテリーが必要

どちらがお好みですか?

自宅での充電だけで使用できるのはビーコンライト。

モバイルバッテリーさえ持っていけば、広範囲を照らせて長時間使用できるエジソンストリングライト。

今人気が高いのはエジソンストリングライトのようですが、私はどちらも好きです。明るさ的にはエジソン。

幕内で使用するにはLEDライトが安心・安全ですよね。

ベアボーンズリビングのLEDライトなら、とっても明るいのに電球色に近い色味を楽しめます。

この記事が、おしゃれなLEDライトをお探しの方の検討材料の一つになれば嬉しいです。

2019年7月追記

購入してからなんだかんだ2ヶ月以上使用していますが、三連タイプのエジソンストリングライトの明るさは本当にすごい。

2ルームテント・ランドロック内のフロント部分にぶら下げて使用していますが、幕内の明るさが違います。

フロント部分にぶら下げた使用だとインナーテントの方は暗くなってしまうので、カラビナチェーンなどを上手に利用してフロントからインナーの方にぶら下げれるともっといいかな?と感じています(未実地)。

ビーコンライトも光量MAXだとかなり明るいのですが持ちが悪いです。

長時間使用したいときは光量に注意が必要。ただし、カラビナ付きなのでどこにでもすぐに持ち運べる便利さは強いです。

おすすめアタッチメント「BALLISTICS INDUSTRIES」のランプシェード

ベアボーンズリビング・ビーコンライトにはランプシェードをつけるのがおすすめ。

先日Puervayors Showというアウトドアグッズ展示即売イベントで購入した「BALLISTICS INDUSTRIES」のベアボーンズビーコンライトにも使用できるランプシェード。

BALLISTICS

LAMPSHADE…

purveyors showでの様子

普段行くことの多い大型アウトドアショップではなかなかお目にかかることがない厳選されたイベントでした。こちらのイベントの様子は後日ご紹介します。

で、そこで出会ったのがこのランプシェード。

ベアボーンズ LEDライト
カモ柄を中心とした主に4色。購入したのはリアルツリー。

ベアボーンズ LEDライト

ベアボーンズ LEDライト
ベアボーンズ・ビーコンライトとの相性バッチリ!
ベアボーンズ LEDライト
裏面が反射素材になっているので多少のレフ効果が期待できる
ベアボーンズ LEDライト
使用イメージ こんな感じになります。
ベアボーンズ ビーコンライトLED
幕内で使用。こんなに明るい。

ランプシェードがあるのと無いのとでは雰囲気も違っていいですね。

▼こちらの記事もどうぞ!

関連記事

本格的な夏キャンプがやってきました。皆さん、暑さ対策はどうしていますか?我が家ではコードレス扇風機やハンディーファンを使用しています。 今回はルーメナーのコードレスタイプのデスクトップ扇風機とハンディーファンタイプのポータブル扇風機を[…]

LUMENAルーメナー コードレス卓上扇風機 携帯用扇風機
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう