「Retreat camp まほろば」富士山と河口湖と夜景が見える贅沢キャンプ場(リトリートキャンプまほろば)

リトリートキャンプまほろば

みなさん、こんにちは。ずぼらママです。

今回ご紹介するのは、山梨県河口湖町にある「Retreat camp まほろば」。

キャンプ場の下に浅間神社、下には滝があり、キャンプ場からは富士山と河口湖と夜景が見えるという贅沢な景色を味わえるキャンプ場

以前キャンプ系ドラマの撮影地(ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」)となったくらい絶景の場所でもあります。

数年前にリニューアルオープンする前は、河口山宮キャンプ場として穴場的存在のキャンプ場でした。

それではさっそくキャンプ場内の様子をご紹介していきます。

スポンサードサーチ

ここがすごいぞ!「Retreat camp まほろば」のすごいぞポイント3つ

まずは「リトリートキャンプまほろば」のおすすめポイントからご紹介。

気になるポイントから適当に見ていってくださいね!

すごいぞポイント1)富士山と河口湖のコラボ最高!

リトリートキャンプまほろば

富士山を間近で単体で見るキャンプもとってもいいですが、ちょっと距離をとってみるとまた違った見え方になり新しい感動を覚えます。

リトリートキャンプまほろば

ここリトリートキャンプまほろばでは、富士山と河口湖のコラボがすごい。

ずぼらママ
富士山だけでもいい景色ってなるのに、さらに河口湖まで一緒に見られるなんてワクワクしますよね!

すごいぞポイント2)富士山+河口湖+夜景で贅沢すぎる時間

リトリートキャンプまほろば

そして河口湖周辺に広がる街灯りが夜になると幻想的な雰囲気を一層引き立てます。

季節によっては河口湖周辺が霧に包まれたりなど、自然現象の美しさをちょっと高いところから垣間見ることもできる場所。

リトリートキャンプまほろば

夕焼け色に染まる空と富士山。そして星空。さらに夜景も組み合わさって「なんて贅沢な!!」となるはず。

ずぼらママ
こんな贅沢な景色最高!って絶対なります。

すごいぞポイント3)ソロなら林間サイトが雰囲気抜群!

リトリートキャンプまほろば

キャンプ場内で一番の高台にあるサイト。

リトリートキャンプまほろば

車の乗り入れができる林間オートサイトもありますが、ソロやデュオだったら車乗り入れ不可エリアでキャンプしたいなと思うくらいの場所。

ずぼらママ
ちょうどいい具合に林の中にいる気分を味わえます。富士山も河口湖も見えますよ。

サイトの場所によっては微妙に富士山が隠れてしまうところもありそうですが、河口湖と夜景を静かに見れるいい場所だなと思いました。

ずぼらママ
動画もあります!

「Retreat camp まほろば」キャンプ場内紹介

基本情報

さてキャンプ場の基本情報からご紹介していきます。

住所山梨県南都留郡富士河口湖町河口2553
HPhttps://retreatcamp-mahoroba.net/
電話090-4128-6066
営業期間4月〜12月(1月〜3月は土日のみ営業。キャンプ場に要確認)
チェックイン14:00-17:00
チェックアウト10:00
アーリー・レイト1時間1000円
予約方法HPからなっぷ経由
支払い方法現金,クレジットカード (チェックイン時)
ペット利用自身のテント泊のみOK
ゴミ処理可能
地面土、ウッドチップなど場所により異なる。基本的に地面は固め。
サイト数など設備テントサイト21区画、トレーラーハウスなど7棟
アクセス車:中央道・河口湖IC下車20分(河口浅間神社を目指すと走りやすい)
バス:河口湖駅→河口駐在バス停→徒歩25分
買い出し情報車で10〜20分圏内にスーパーやコンビニなど複数あり。

では次からはキャンプ場の入り口あたりから順にご紹介していきます。

ずぼらママ
キャンプ場内ツアーの気分でご覧ください!

受付・管理棟

キャンプ場に到着。

最初に目に入ってくるのはこの建物と看板です。

まずは受付。管理棟付近に車を停めて受付へ。

受付の小窓の下には薪や炭が並んでいました。

アルコールやジュースも販売しています。(節約するなら事前購入がおすすめ)

リトリートキャンプまほろば 管理棟

薪は数種類販売されていました。

リトリートキャンプまほろば 薪

太めの広葉樹、細い針葉樹、それと山梨ならではな感じの桃の薪。

ずぼらママ
ではいよいよサイト紹介していきますね!

ロケーションNo.1。管理棟真横にある「Mt.Fujiオートサイト」

リトリートキャンプまほろば

サイト全景はこんな感じです。管理棟側(写真左奥)から5番、6番、7番となっています。

5番サイトから別アングル

おすすめは6番、7番。もちろん5番も上の写真のように景色がいいです。

他のサイトと違うのは、富士山や河口湖を見るのに電線などの余計なものが視界に入ってこないこと。

こんな景色が見れます。

リトリートキャンプまほろば

富士山が木々の間から見える「FEELサイト」

先ほどのMt.Fujiオートサイトの真下にあるのがFEELサイト。

サイト番号は0〜4番。ここは車の乗り入れができません。

さらに一段下のプライベートサイトの入り口あたりに駐車して荷物を運ぶ形になります。

1区画10m×5mと車がないので狭く感じることはないと思いますが、場所によっては富士山が見えなかったりします。

予約時に確認するといいかと思います。

このエリアの雰囲気は下の写真のような感じです。

キャンプ場の最下段「プライベートオートサイト」

グルキャン向け6名までの広め貸切サイトです。

お隣がいないので景色よりもプライベート感を満喫したい人向け。

ここからは富士山など見えませんのでご注意ください。

「まほろばオートサイト」電線が視界に入っちゃうけど、富士山も河口湖も夜景も楽しめる

Mt.Fujiサイトが予約できなかったなら、ここがおすすめ。サイト番号は8〜11番のエリア。

私は今回こちらの8番を利用させていただきました。

区画は11m×8mと広々としていて、ツールームテントを張って下の写真くらいの余裕がありました。

トレーラーハウスの真横のサイトだったのですが、富士山も河口湖も夜景もぜーんぶ楽しむことができるサイトでした。

上の写真のようにサイトのすぐ近くを電線が通っていますが、写真を撮ることが目的でなければ全然問題なく景色を楽しめるサイトです。

ここのエリアはどの場所からも景色がいいのですが、8番・9番あたりがなんとなく広めな感じです。

キャンプ場の一番高い場所。河口湖とキャンプ場全体を見渡せる「Forest テントサイト」

リトリートキャンプまほろば

このフォレストサイトはいい感じで林の中にいる雰囲気を味わえます。

1区画は10m×7m。車は乗り入れできません。

サイトの上の方にある駐車場に止めて荷物を運びます。

写真を見ているだけで森の中の匂いがしてきそうな感じです。

トイレや炊事場からはかなり距離があるのでご注意ください。

トレーラー「まほろば」

リトリートハウス

4名用の畳の小さなおうち。

デッキに出てくつろぐことができるようになっていました。

冷暖房完備となっています。ペット不可。

パオ

6名用のパオサイト。冷暖房、炊事場(温水でます)、トイレ、シャワー、ドライヤーなどなど、何もかも揃いすぎていて完全に手ぶらでこれる施設です。

景観もバッチリ。グランピングをしたい方はぜひ。

食材さえあればキャンプが楽しめる常設テントサイト「Fuji View デッキ」

ウッドデッキの上に常設テントが張られたサイト。

トイレやシャワー以外は全て揃っているので完全にグランピングですね!

ここからの景色は、富士山も河口湖も夜景も見れます。

スポンサードサーチ

キャンプ場内設備紹介

炊事場

場内には炊事場が2か所。管理棟近くの炊事場はお湯が使えませんでした。

HPにはお湯が使えると記載があったので、もしかしたら今は温水が使えるようになってるのかもしれません。

トイレ

トイレは場内に2か所。どちらも新しく綺麗です。

シャワー

シャワーは場内に2か所。

キャンプ場内を動画でチェック!

ずぼらママ
ブログだけではお伝えしきれない内容も動画ならチェックできます!

完全に個人の偏見ですが、Mt.Fujiサイト、まほろばオートサイトからの眺めがよく、林間サイトが好きなら迷わずフォレストサイトがおすすめです。

全体的にちょっとお値段設定が高めなので、「すごいおすすめですよー!」とは言い切りにくいですが、景観はなかなか素敵ですので機会があればぜひ〜。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

Twitter、Instagramもやっていますので、ぜひぜひそちらでもコメントなど待ってます!

ずぼらママ
フォロー、コメント待ってます!フォロー時にリプなどくださるとフォローバックしやすいのでよろしくお願いします(^-^)
リトリートキャンプまほろば
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう