【コールマンのリュック】インディゴレーベルのおしゃれ・機能性を兼ね備えたリュックがおすすめ!

  ソトシルで読む  

コールマンのおしゃれなリュックをご紹介!

インディゴレーベルといえばもうご存知の方も多いと思います。

今回はそのインディゴレーベルの中からとってもおしゃれで機能的なリュックをご紹介。

実はこのリュック、コールマンを愛してやまない友人からいただいたものなので、最初は正直全く期待していませんでした。ただの普通のリュックだと・・・。(お友だち、ごめんなさい。。)

実際に使ってみるとかなり使い勝手や背負い心地がよく、最近ではヘビーユーズしております。

ということで、早速このコールマン×モンロが作り出すインディゴレーベルのリュックをご紹介。

ユニセックスなデザインなので男性でも気兼ねなく使っていただけると思います。裏地が花柄っぽいですが、男性が使用していてもかっこいいと思います。

スポンサードサーチ

コールマン・インディゴレーベルのリュック

インディゴレーベルとは

コールマン リュック バックパック モンロー

老舗メガアウトドアブランド「コールマン」アウトドアにファッションを取り入れたデザイン性の高いアウトドアブランド「モンロ(Monro)」のコラボレーションレーベル。

ルミエールランタンのグローブ(ガラス部分)がおしゃれになっているものや、デニムのようなブルーのデザインのテントやチェアはこのインディゴレーベルです。

そのインディゴレーベルから出されているのがこの「スカウトマスター」というリュックです。

▼モンロ(Monro)とは

裏地がおしゃれ!

白いリュックを開けると目に飛び込んでくるのがこのネイビーの柄。インパクト強し。

男性でも違和感のない柄だと思います。

コールマン リュック バックパック モンロー

使いやすいポケットがいっぱい!

コールマン リュック バックパック モンロー

ポケットがいっぱい付いていても使いにくかったり、使いどころがない経験ありませんか?

このリュック・スカウトマスターはちょうどいい所にちょうどよくポケットがついているという感想。実際に使用してみるとよくわかると思います。

それでは一つずつご紹介していきますね。

商品仕様

サイズ:約30(W)X48(H)X16(D)
重量:約950g
素材:表面メイン/コトナポリエステル、裏地底部分/フェイクレザー

コトナポリエステルとは、キャンバス生地のような素材感でありながら汚れがつきにくいポリエステル素材のこと。

真っ白でおしゃれだけど汚れやすそう・・・と敬遠している方でも大丈夫。

私もややしばらくキャンプや都内に出るときなどに使用していますが、今の所大きな汚れは感じません。

①メインポケット

約25L入るメインポケット。

コールマン リュック バックパック モンロー
このポーズには特に意味はありません・・・。

裏地がおしゃれで、シンプルな見た目とは裏腹にリュックを開けた時に「おっ!」となること間違いなし。

裏地はポリエステルなので汚れにくいようになっています。

コールマン リュック バックパック モンロー
たっぷり入るメインポケット。

背中側の内ポケットにはPCを入れられるようになっています。私もよく15インチのMacbook、iPadを一緒に入れて持ち歩いています。

コールマン リュック バックパック モンロー

②フロントポケット

前面のポケットにはあまりマチ幅がないので、薄いものを入れておくのに便利。旅行先でもらったパンフレットやチケットなどを入れておくのもいいですね。

コールマン リュック バックパック モンロー

③サイドポケット

メインポケットにダイレクトアクセスできるサイドポケットです。横からサッと荷物を出し入れできます。

いちいち上から出し入れしなくてもいいようになっています。お財布とかをここから出し入れするのも良さそう。

 

コールマン リュック バックパック モンロー

下までジップを下げればけっこうガバッと開きます。

コールマン リュック バックパック モンロー

④トップ部のポケット

メインポケットの上部にあるポケット。私はここにスマホを入れたり、ティッシュなどサッと素早く取り出したいものを入れています。

小さなポケットですが、リュックを使用するにあたって使い勝手抜群な位置にあります。

コールマン リュック バックパック モンロー
トップ部にある小さなポケット

スポンサードサーチ

意外と背面のクッションが効いている

すぐにクタッとしてしまうような作りではなく、背面のクッションもしっかりしています。背負っていて痛くない、疲れにくい設計になっています。

肩ベルトにもしっかりクッションが入っています。

コールマン リュック バックパック モンロー

背負うとこんな感じ。肩ベルトの厚みがわかりやすいですね。

コールマン リュック バックパック モンロー

雨でも安心!レインカバー付き

底面のフェイクレザーの内側に隠されているものが一つ。

最初はなんで底がモコモコ分厚いのかな?と気がついていませんでした。

コールマン リュック バックパック モンロー

反対にしてみるとファスナー発見。

ファスナーを開けると裏地と同じ柄のレインカバーが入っていました。

コールマン リュック バックパック モンロー

被せるとこんな感じ。これで突然の雨でも安心ですね。

コールマン リュック バックパック モンロー

底ベルトにシュラフやシートを挟めそう!

底面のベルトを広げて、シュラフやレジャーシート、ジャンパーなどを挟めそうです。

コールマン リュック バックパック モンロー

実際に挟んで使用している動画をインディゴレーベル特設ページで見つけました。

スポンサードサーチ

背負うとこんな感じです。

身長160cm、おそらく日本人中年女性の標準体型であろう私が背負うとこんな感じです。

コールマン リュック バックパック モンロー

コールマン リュック バックパック モンロー

コールマン リュック バックパック モンロー

 

コールマン リュック バックパック モンロー

コールマン リュック バックパック モンロー

コールマン リュック バックパック モンロー

コールマン リュック バックパック モンロー

同じデザインで色違いあり!

インディゴレーベルではなくなってしまいますが、同じサイズ容量約30(W)X48(H)X16(D)・ほぼ同じデザインで色違いが発売されています。

素材だけが若干違い、インディゴレーベルはキャンバス生地っぽいのが特徴のコトナポリエステルでしたが、通常のスカウトマスターは全部がポリエステルとなっています。汚れにくくていいですね。

「インディゴレーベルの白、おしゃれでいいなあ。でも汚れが気になるなあ」という方は他のお色もありますのでご安心くださいね。

コールマン リュック バックパック モンロー
画像引用:コールマンオンラインストアより

スポンサードサーチ

コールマンのリュック「スカウトマスター」は満足できるリュック

使い心地もデザインも久々にとても満足度の高いリュックに出会えました。

どうしてか「コールマン」というとキャンプ用品のイメージしかなく、これまでリュック選びの対象ブランドから外れていたのですが全然アリです。

このインディゴレーベルはコールマンという感じが全くしないので普段使いにもバッチリでとても気に入っています。

おしゃれと機能性を兼ね備えたリュック。これを背負って色々とお出かけしたくなります。

プレゼントにも喜ばれるデザイン。ぜひ使ってみてくださいね!

紹介した商品

▼こちらのキャンプギアもどうですか?

コット ゴアテックスの油シミ 輪ジミ ドライソルビー

こんにちは、ずぼらままです。コットやゴアテックス系のマウンテンパーカーなどについた油シミ。どれだけ洗濯しても、食器洗剤でトントンしても取れなくて困っていませんか?実はわたし、ヘリノックスのタクティカルコットの上でスナック菓子を食べたせいで、コットに輪ジミを作ってしまいました。どれだけ洗濯しても、食器用洗剤でトントントントン叩いても油汚れが落ちなくてほぼほぼ諦めていたんです。でも「ドライソルビー」というスプレーがいいらしいという話を聞きつけ、およそ半年ぶりにそのシミと向き合うことに。結果は、なんと数分でびっくりするほど綺麗になりました!「もっと早く買っておけばよかった!!!!」と思っています。そんな油シミで悩める人たちに朗報のレビュー記事となっています。

イエティ ランブラージャグ

キャンプの氷入れ問題は永遠のテーマのようになっているわが家。そんな氷問題にもようやく終止符を打つときがきたようです。それが真空断熱構造を持つ『イエティのランブラージャグ』。ワンガロンとハーフの2種類があり、容量の違いさえあれど「氷が長時間もつ」「飲み物も入れられる」とどちらも使い勝手はバッチリ!その他、ロック氷が入れやすい、ウォータージャグとして使える(本来の用途はこっち)、マグネット式ふたの隠れた凄技ポイント、スタンレーのグロウラーとの比較など。これはいい!と思ったポイントを中心にご紹介していきます!今年の夏の氷問題はこれで解決!気になるところからぜひ読んでみてくださいね。

THE TORCH ミニスウェーデントーチ

1本の丸太から作られるスウェーデントーチ。このスウェーデントーチを気軽に手軽に楽しめるといま巷でうわさの「The Torch(ザ・トーチ)」のミニスウェーデントーチ。実際に使ってみたら、小さいけれどちゃんとスウェーデントーチ。しかも終わるまでがちょうど良くて、火付けも簡単。初心者さんでも手軽に楽しめるいい製品。ということで、さっそく紹介していきますね!

プリムス_キンジャ

かねてから人気で入手困難なPRIMUS(プリムス)のツーバーナー「キンジャ」。昨年リニューアルされてから更に入手が困難でしたが、ようやく入手。というわけで、さっそくレビューしていきます!今回の記事でわかることはこちらどうして今までシングルバーナーだったの?1つのガスで2口のコンロが同時使用できるので、無駄な燃料も無駄な場所も無くなるスタイリッシュな見た目がかっこいいパーツが分解できてお手入れしやすい価格差1万円。トゥピケとキンジャの違い

エコフロー リバーマックス デルタマックス

みなさんこんにちは、ソロキャン・ファミキャン・車中泊となんでも楽しむずぼらままです。今回は、1.6時間でフル充電が特徴のEcoFlow RIVER Max(エコフローリバーマックス)と大容量EcoFlow DELTA Max2000(エコフローデルタマックス2000)を使った実証レポート。キャンプでポータブル電源を使うとどれだけ便利なのか。どのくらいのスペックがあれば便利なキャンプになるのか。購入の目安としても便利な使用レビューとなっています。今回の記事は忖度なしのこちらの内容!

Coleman × Monro コールマン リュック バックパック モンロー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう