海と神社とアンコウと 茨城「大洗キャンプ場」キャンプレポ前編(場内詳細編)

  ソトシルで読む  

今年は暖冬ですね。冬キャンプが捗ります。今回は茨城県大洗町にある大きなキャンプ場「大洗キャンプ場」のレポートをお届けいたします。

大洗キャンプ場がある場所は、茨城の中でも比較的暖かい地域だそうです。でもお隣の地域は寒いのだとか!茨城は寒い地域、暖かい地域と色々とあるということを先日、同じく茨城でキャンプ場を経営されている方から伺いました。

さて、今回の内容は、いつも通りの詳細キャンプ場レポ(ガルパン聖地だった!)と、キャンプ場から歩いて3分のスーパーや、美味しいものがたくさんある那珂湊お魚市場、大鳥居のある大洗磯前神社についてご紹介します。キャンプ場利用前の参考にしてくださると嬉しいです!

ちょっと長くなってしまったので、前編と後編に分けました。まずは前編、キャンプ場レポと買い出し情報をご覧ください。

スポンサードサーチ

大洗キャンプ場はとにかく広い!場内詳細レポ

大洗キャンプ場
管理棟側から入り口方面に向かって撮影

大洗キャンプ場は全面フリーサイトです。キャンプ場の敷地面積はかなり広く、一度行っただけでは把握しきれません。メインのエリアはキャンプ場入り口から管理棟周辺ですが、そこからさらに奥にもキャンプサイトがあります。

それでは早速チェックしていきましょう!

車乗り入れ不可だけど、実質横付けと変わらない!

大洗キャンプ場
テントサイトの駐車スペースはこんな感じでタイヤ止めと杭で区切られている

キャンプ場のHPで確認すると、車の乗り入れ不可と記載がありますよね。

でも大丈夫!キャンプ場入り口あたりから管理棟までのテントサイト内に駐車スペースがあり、実質横付けと変わらない距離にテントを貼ることができます。ただし夏や連休などの混雑期には、駐車スペースから数十メートル歩かないといけないこともあるかと。空いている時期や、混雑期でもいい場所が確保できたなら、ほぼ横付けと変わりありません。

松の木に囲まれたテントサイト 松ぼっくり拾い放題!子ども大喜び!

大洗キャンプ場
松の香りってなんだか癒されるのは私だけ?

キャンプ場内は大きな松がたーくさんあります。松ぼっくり拾い放題!着火剤なんていらない!というくらいの松の葉と松ぼっくりでした。子どもたちに「松ぼっくり拾い競争」をさせるとすごい量の松ぼっくりを拾ってきました。松ぼっくり拾いに適した時期はだいたい冬(11月〜2月)と思っておけば大丈夫かと思います。ぜひチャレンジしてみてください!

テントサイトの様子

管理棟周辺〜管理棟より奥〜最奥方面と順にテントサイトの様子をご紹介していきます。トイレは遠いけど静かな場所がいいなら奥がおすすめ!ファミリーでの利用なら、トイレも炊事場も近い管理棟周辺がおすすめです。

管理棟周辺

大洗キャンプ場
ランドロックの左奥に見えるのが管理棟。右側がキャビンエリア
大洗キャンプ場
管理棟の近くにウッドキャビンが並んでいる
大洗キャンプ場
ウッドキャビンにはエアコンがついていて冷暖房完備!ペット不可

管理棟から奥

大洗キャンプ場
木漏れ日が綺麗な日でした

最奥方面

大洗キャンプ場
最奥は完全フリーサイトということで、車の乗り入れ・横付けがOKなエリアです。ただしトイレ、炊事場までは超絶遠いです。
大洗キャンプ場
この辺りを好んでくる方もいるそう。

 

トイレ・炊事場について

トイレは場内に2カ所だけ。管理棟の横とウッドキャビンの並びにあります。

大洗キャンプ場
ウッドキャビンの並びにある大きなトイレ
大洗キャンプ場
中も綺麗でした
大洗キャンプ場
ウォシュレット付きで冬でも温かくて嬉しい

炊事場は管理棟前が一番大きく、それ以外の場所にも数カ所あります。

大洗キャンプ場
管理棟側のキャンプ場
大洗キャンプ場
管理棟側炊事場の様子
大洗キャンプ場
かまどもありました。
大洗キャンプ場
その他の炊事場

管理棟(ガルパン聖地がある場所)

大洗キャンプ場
管理棟

管理棟はキャンプ場入り口から見て、少し進んだ先の右側にあります。

ガルパンに出てきたあのベンチ!

大洗キャンプ場

アニメ・ガールズ&パンツァー(ガルパン)のアリクイさんチームがトレーニングしていたベンチが管理棟前にあります。

ここには「堅い薪」がある!

管理棟では2種類の薪と炭の販売があります。炭には着火剤(文化焚きつけ)がサービスで何本かついています。薪は、針葉樹と広葉樹がそれぞれ用意されています。しかもどちらも500円で、きっと同じ重量。管理人のおじさんに「堅い薪とどっちがいい?」と聞かれ、焚き火をゆっくり楽しみたかった私は迷いなく「堅い薪で!」と即答。「重たいぞ〜。大丈夫かぁ?」と言われましたが、残念ながらそんなにか弱くないのです・・。多分見た目より割とたくましい方です。

課長と呼ばれ愛されている看板ネコ

キャンプ客へのごますりやテント内侵入などがとっても上手な猫ちゃん。人のひざへ乗って寛いだり、擦り寄ってきたり、気がつけば暖かいテント内で寝ていたりもするという、とっても営業上手な猫ちゃんです。そんな感じでとっても営業上手なことから「課長」と愛を込めて呼ばれている猫さんです。なんと2匹の子を持つお母さんネコだとか。

大洗キャンプ場 猫

大洗キャンプ場 猫
笑ってる!?

キャンプ場レポを動画でチェック!

キャンプ場 基本情報

ここは町営のキャンプ場です。管理人さんたちがとても心温かく、子どもに優しい素敵な方達でした。

住所 〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8231
電話 029-267-2276
HP http://www.oarai-camp-jo.com/
予約 テントサイトは予約不可、キャビンは予約必須(電話)
営業期間 通年
チェックイン テント9時〜17時、キャビン12時〜17時
チェックアウト 10時
ペット テントサイトのみOK
設備 フリーサイト(車200台)、ウッドキャビン10棟、トイレ、炊事場、売店(炭、薪)、コインランドリーあり、
支払い方法 現金のみ
ゴミ処理
利用料金 テントサイトの場合:大人1300円、小学生まで600円、中高生850円、車1台1500円、バイク500円

スポンサードサーチ

キャンプ場近くのスーパーとコンビニ

大洗キャンプ場 スーパーセイブ

キャンプ場から徒歩3分ほどの場所にスーパーがあり、大抵のものは揃うどころか、薪と炭、そして店内には100円ショップコーナーも併設されています。テント設営終わってから、ゆっくり歩いて買い物に行けるのはとてもありがたいですよね。買い忘れたものがあったとしても、隣がスーパーなら怖いものなし!

コンビニはスーパーと反対側、キャンプ場を出て右方向にあります。スーパーの方が近いので、そんなに利用することはないと思いますが、こちらも徒歩で行ける距離です。

セイブ 食彩館大洗店

★★★★☆ · スーパーマーケット · 磯浜町8244−26…

前編さいごに

大洗キャンプ場の周辺は観光地に恵まれ、キャンプ場のすぐ近くにはスーパーもあり、とても快適なキャンプでした。茨城・大洗まで遠いと思っていましたが、意外と近い。高速道路は都心を抜けていく方に住んでいますが、3時間くらいで着いたと記憶しています。

キャンプ場内はとても広く(敷地面積7,000坪、駐車台数200台)、海の幸豊かな場所で、夏でも冬でもとても楽しめる場所です。高速道路で都心を抜ける場合だと少し時間がかかってしまいますが、千葉寄りにお住まいの方なら1時間30分〜2時間くらいで到着するのではないでしょうか?

後編では、大洗キャンプ場に来たなら絶対寄って欲しいスポット(美味しいものがたくさんある那珂湊お魚市場、大鳥居のある大洗磯前神社など)と、このキャンプの最大の目当てであるあんこう鍋についてご紹介します。

後編はコチラ!キャンプ場周辺の買い出し情報と観光地です(ガルパン聖地も!)

▼こちらの記事もどうぞ!

関連記事

  ソトシルで読む   千葉県南房総にある「白浜フラワーパーク」。今や土日の予約取得はなかなか難しいほどに人気のキャンプ場。 実はこのキャンプ場、バス停が目の前にあるので、徒歩キャンパー・キャリーキャンパー・ソロキャンパーで[…]

白浜フラワーパークアイキャッチ
関連記事

まだ暑さ残る9月第1週の土日、千葉県館山市にある館山サザンビレッジ(旧シーサイドビレッジ)キャンプ場を利用してきました。 近くの海水浴場まで徒歩数分、海水浴場には小さな子ども用にプールも用意されており、ファミリーには非常にありがたい環[…]

館山サザンビレッジ
関連記事

千葉県君津市、鴨川シーワールドへのアクセスも良好な南房総にある千石台オートキャンプ場に行ってきました。 山の中にあるキャンプ場で、暑い日中は川遊び、夜には満天の星空を楽しむことができます。 山の中とはいえ、標高は200mもなく高[…]

千葉 千石台オートキャンプ場
関連記事

千葉県富津市の山奥にある『花はなの里オートキャンプ場』 都内から東京湾アクアラインを抜けて約30分と都内近郊からのアクセスも抜群。 水田と山に囲まれ、豊かな動植物に恵まれた野趣あふれるキャンプ場でした。 保護された猫や犬も[…]

花はなの里オートキャンプ場
関連記事

たまにはアスレチックや遊具のあるキャンプ場に連れて行こう!と思い見つけたのが、埼玉県との境にある千葉県野田市「清水公園キャンプ場」。 調べてみるとフィールドアスレチックやポニー牧場、マス釣りなど子どもが喜ぶものがたくさん! しか[…]

清水公園キャンプ場
大洗キャンプ場
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう