メスティンにシンデレラフィット!famの最新付録LODGEの調味料入れがあなたのキャンプをスマートにする!

メスティンにシンデレラフィットのキャンプの液体調味料入れが、今回fam-mag(ファム_マグ)Summer Issue 2020の付録として5月11日発売されました。

なんと太っ腹の3本セット、そして特筆すべきは「食品衛生法適合品」であること。

キャンプの液体調味料の持ち運びに「絶対コレがいい!」というものにようやく出会えた気がしました。

さて、それでは早速レビューしていきたいと思います!

実際に調味料を入れている様子、出している様子もレビューしています。YouTube生ライブで聞いたfam編集長が語った発売までの話も少しご紹介します!

スポンサードサーチ

目次

【開封レビュー】fam特別付録 LODGE ネジ式ディスペンサーボトル(3本セット)

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

LODGEとコラボ!famの調味料入れがおしゃれすぎる!

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

まずこの見た目。スキレットで有名なLODGEとのコラボと一目でわかりますね。

このカラバリもすてき。なんていうのかな?ダスティカラーっぽいのが今時な感じでおしゃれです。

表面はスキレットの形が印刷ではなく立体的に浮き上がり、細かいこだわりが心をくすぐります。

キャンプ場で何気なくコレを見かけたら、「おっ!!」となるいいアイテムですね。

サイズ感

サイズ よこ63mm たて129mm 幅27mm
重さ 19.8g/個
材質 PE/PP
特徴 食品衛生法適合品
キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
よくあるスパイスと大きさを比べてみました
キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
スノーピークの小さなステンレスカップと比べてみました

食品衛生法適合品だから安心して調味料を持ち運べる

食品衛生法適合品なので、安心して口に入れるものを詰め替えられます。

食品衛生法適合品でない場合、見た目はまったく同じようでも口に入ると有害な物質が使われていたり、容器に入れるものによっては有害な物質が溶け出してくることにより体内に有害な物質を取り込むことがあります。

ずぼらママ

この調味料入れは間違いなく安心して使用できるものになっているということですね!

ガンオイルボトルがモデルとなっている(ハピキャン裏ばなしより)

先日YouTubeで申込者限定生配信された『ハピキャン×fam_mag テレビと雑誌の「製作裏ばなし」』。(名古屋テレビ「おぎやはぎのハピキャン~キャンプはじめてみました~」)

その中でハピキャンの監修もされておりfam_magの編集長でもある槻(けやき)さんがお話しされていたのですが、実はTwitterで「ガンオイルボトルが調味料入れによさそう」と呟いたところ、食品衛生法に引っかかると指摘されたことをきっかけに今回の付録化へとつながったのだとか。

槻編集長、「今ではその指摘してくれた人に感謝してる」のだそうです。

ハピキャンのロケ密着記事(CreepyNuts DJ松永さん出演の回に同行して)書かせてもらいましたー!▼

おぎやはぎのお二人が、キャンプを楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ制作)」。番組が始まって1年が経ち、おぎやは…

キャンプ2年目に突入したおぎやはぎのお二人が、キャンプをめいっぱい楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ制作)」。…

おぎやはぎのお二人がキャンプを楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ制作)」。シーズン12の最後は、番組が始まって…

出版までの道のりは実に半年!Twitterの呟きから始まり、LODGEと交渉、そして出版へ!

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

これ、付録でいいんでしょうか?というくらいに絶賛したくなる今回の付録。

遅くなりましたが、正式名称は「ネジ式ディスペンサーボトル」です。

そして最初の方にも書きましたが、「食品衛生法適合品」なので安心して調味料などを入れることができます。

Twitterの呟きをきっかけにスタートしたこの付録製作。それからLODGEとの交渉、そして出版までにかかった期間は約半年。

今回『ハピキャン×fam_mag テレビと雑誌の「製作裏ばなし」』では、今回の出版までの裏側を聞くことができました。

デザインやカラーを決定している様子、出版までに費やす労力は相当なものなんだなと知りました。

昔の思い出ですが、祖母がロックミシンのオイルボトルにこんなの使ってたんですよね。当時5歳くらいだったのですが、開けるの難しいなあといたずらしていたことを思い出しました。

さて、次からは特別付録「LODGEの調味料ボトル」のレビューです!

想像以上だった!メスティンにシンデレラフィットの真相

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

ラージメスティンはもちろん、小さい方のメスティンにもシンデレラフィットだった!!

メスティンラージにシンデレラフィット キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
ラージメスティンは横向きで収納可能!絵のない側面を下にして収納すると5本は入る。

このようにラージメスティンには絵のある方を上にすると3本がちょうど収まリます。

絵のない側面を下にして収納すると最大5本入ります。新品のメスティンなら6本入りそうかもという感じ。私のメスティンは使用頻度が高いのでちょっと歪んでいるせいで5本が精一杯でした。

はい、そして「ラージメスティンにシンデレラフィット!」と言われていますが、実は小さい方のメスティンにも3本シンデレラフィットしてます。

ほら、みて!。小さい方のメスティンにもぴったり入りますよ〜!

メスティン小にもシンデレラフィット キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
メスティン小にもシンデレラフィット!
メスティン小にもシンデレラフィット キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
ちゃんとふたも閉まります。

tent-markとsolumコラボのスパイスボックスにもジャストイン!

テンマクスパイスボックスにもシンデレラフィット キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

私が愛用しているスパイスボックスですが、それに入れることもできるのかな?と試したところバッチリでした!

テンマクスパイスボックスにもシンデレラフィット キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
完璧なまでにぴったりサイズです!
テンマクスパイスボックスにもシンデレラフィット キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
ここまでぴったりだなんて素晴らしすぎる!!

スポンサードサーチ

【使用レビュー】さっそく調味料を入れてみました!

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

中に何入れる?キャンプに持っていきたい調味料

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

キャンプに持っていく液体系調味料といえば、こんな感じでしょうか。

  • ケチャップ
  • マヨネーズ
  • しょうゆ
  • ごま油
  • 中濃ソース
  • ウスターソース
  • 練乳
  • オリーブオイルなどの植物油

マヨネーズやケチャップのように1回の使用量が多くなりがちな調味料は、今回の調味料ボトルだと量が足りなくなる可能性もあるので、そのまま製品のボトルで持ち運びした方がよさそうかな?と思いました。

食器用洗剤やシャンプーなども入れられる!

食品衛生法適合品なので、ついつい調味料を入れることに集中してしまいますが、食器用洗剤やシャンプーなども入れることができます。

入れるものがないなぁという方は、調味料以外のものも検討してみてもいいかもしれませんね。

詰め替えは漏斗があるとラクになる!

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
ろうとを用意すると詰め替え便利

ボトルの口が広めなので、そのまま直接注ぎやすそうではあります。

が、失敗すると調味料ゆえに被害規模が大きくなりそうな予感。

そんなわけで私はダイソーで購入した漏斗で詰め替えました。

漏斗は100円均でも売っていますし、調理道具も販売しているようなちょっとしたスーパー、ホームセンターでも購入できます。

ケチャップを入れてみた

ケチャップを入れてシェラカップに出してみました。

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

出にくいだとか、つまる感じがするとか、気になるようなことはありませんでした。

しょうゆを入れてみた

しょうゆは非常に出しやすくて便利でした。ほんの少し使いたい時なんかにも調整がしやすいので、なかなか便利そうです。

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

出した後に液だれしたり、キャップの隙間からもれてくるようなこともありません。

ごま油を入れてみた

ごま油って「キャンプに持っていきたいけど、あの瓶がかさばるな」と思われがちだと思うんですが、これに詰め替えればそんなストレスありません。

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

ふたも簡単に外れたりするようなものではないので、よっぽど詰め替えた時のキャップの締め付けが甘かったとかじゃない限り漏れるということもなさそうです。

ソースを入れてみた

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

ソースも小さい容器で持ち運べるようになると本当に便利ですよね。料理にも意外と使いますし。

液だれや液もれナシ

ケチャップのような粘度の高いものでもスムーズに出てきますし、水のようにサラサラしたしょうゆでも液だれしません。

液だれやキャップの隙間からの液もれもありません。これはよくできているなあ!と感心しました。すごい。

キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル

というのも、キャップの構造が特殊で漏れにくい設計になっているからです。出す量も力の加えかたで調整できます。

ネジ式ノズルなのでノズルの先端がストッパーの役目をして液が漏れ出さないようになっています。

ネジを緩めればノズルの先端とキャップの隙間から調味料が出てくる仕組みになっています。詳しくはfam_mag Summer Issue 2020の誌面内で確認してください!

マヨネーズ入れるの注意!!表面のプリントが溶解される(byすずパパさん)

ネジ式ディスペンサーボトル fam_mag2020 色落ち
画像出典:「僕がキャンプを始めたわけ」すずパパさん

「僕がキャンプを始めたわけ」というキャンプブログを運営されているすずパパさん。

マヨネーズを入れた後、ボトルを洗っていたら表面のプリントが取れてるー!!ってなって、もうどうせだから全部剥がしちゃえとマヨネーズで絵柄を拭き取ったそうです・・・。悲しい・・。

クレンジングオイルで化粧を落とすような現象が起きてしまったんですね。

というわけで、マヨネーズやオリーブオイルなど油分の強いものを入れる際には取り扱いにお気をつけください。

すずパパさんの悲劇が描かれたこちらのレビュー記事はとても詳しくて参考になります。

【プリント剥がれに関する追記】プリントが剥がれてしまった人はfam-magに連絡をするとLODGEロゴシールがもらえます。

プリント剥がれてしまった。。という方はfamさんから「スキレット型ロゴ入り透明シール(耐水・耐油仕様)」を無料で発送いただけますので連絡をしてみるといいかと思います。

詳しくはこちらでご確認いただけます。

付録もいいけど誌面も内容盛りだくさん!!

今回のfamは付録ばかりに目が行きがちですが、実は誌面の中身も充実しています。

すごろくみたいな感じで「私のギア遍歴」や「キャンプスタイル」が描かれていて、「へぇ、この人はこんなふうにキャンプスタイルや持ち物が変わっていったんだあ」とか

「こだわりキャンパーの脳内パパラッチ」というということでマンダラート形式で紹介されているのが新しくて楽しい!

これを見ると自分もやりたくなってきますね。マンダラートで検索するとやり方だとかテンプレなんかも見つかるので、やってみたい方はぜひ!

そんな本誌の中でも特に異質というか面白い表現だったのが「ヤリすぎ業界相関図」。

伝わる人には伝わるイラストで、焚き火台やテント、ガス器具、ウェアなどの業界相関図を面白く表現されています。

ついつい「これはあのメーカーのアレだな」とかじっくり考えちゃいます。面白い!

もちろんギアの紹介もあったりで、今回私が気になったのはペンコのテープライター。

スパイスボトルや今回の付録に調味料の名前をラベリングするのに使いたい。レトロな感じでおしゃれ!

カブーのアイテムはおしゃれ系アウトドアウェアの中でも比較的安価なものが多い印象。今回紹介されていたTシャツも3000円台からあって買っちゃいそう・・。

そんなわけで、付録も過去最高なくらいにいいけど誌面もかなり面白いです!

あまり外に行けない暇つぶしにもおすすめ。ぜひぜひ、手にとってご覧くださいね。

スポンサードサーチ

さいごに

私のレビュー記事に最後までお付き合いいただきましてありがとうございます!

今回のfam_mag特別付録、かなり人気のようであっという間に完売しているところもあるようです。Amazonでは子育てカテゴリーでベストセラー1位になっています!(20205月13日現在)

あっという間に完売してしまうことも考えられますので、欲しいなと思った方はぜひお早めにご購入くださいね!

▼fam_magと同じ三才ブックスから出版されている「牛すじ本」もおすすめです!(レビュー記事)▼

関連記事

時間にゆとりが生まれがちな近ごろですが、みなさん休日はどんなことをして過ごしていますか? DIY、料理、部屋の模様替え、音楽を聴く、映画を観るなど、普段はなかなかじっくりと時間をとれないようなことにも挑戦できるいい時期かもしれませんね[…]

牛スジ煮込み 牛すじ煮込み

こちらのキャンプギアもどうぞ

関連記事

キャンプの調理系ギアといえば、スキレットやメスティンが定番化していますね。どちらも長く愛せる道具ですが、今回ご紹介するのはドイツ製の鉄フライパンTurk(ターク)です。 100年変わらぬ技術を受け継ぎ、一枚の鉄をただひたすら打ち続け作[…]

turk フライパン ターク クラシック
関連記事

家キャンプでも美味しくお肉が焼けたらなあと思い、けっこう前に購入してあったものの一度も使用していなかったイワタニの炙りや。 外出自粛中のいま、ようやく使うときがきた!ということで使用してみました。 室内で使うとどんな感じなのか、[…]

イワタニ 炙りや
関連記事

キャンプといえばダッチオーブンというくらい、ダッチオーブンを使ったキャンプ料理は有名ですよね。 でもダッチオーブンでつくる料理は量が多い。そんなイメージありませんか? 「一人や二人では食べきれない」「そんなにたくさんも必要ないか[…]

コロダッチ レシピ 比較
キャンプ調味料入れ fam特別付録 LODGEネジ式ディスペンサーボトル
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう