体がベタつかない!グリップスワニーのサプレックス素材が夏にぴったりだった!

グリップスワニーといえば真っ先に黄色い革手を思い浮かべる方が多いと思います。

今回は革手のレビューではなく、綿のように柔らかく、引き裂き強度がナイロンよりも高い「サプレックス」素材を使用したワンピースのレビューです。

男性向けに同じ素材で作られたキャンプシャツやギアパンツも販売されていますので、どんな素材なのか着心地なのか、売り切れになる前にぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサードサーチ

体ベタつきなし!汗をかいてもサラサラ素肌を保つ素材

サプレックスとは?

アメリカのデュポン社が開発した高機能合成ナイロン素材。
肌ざわりはコットンに近く、通常のナイロンよりも柔らかい感触。
通常のナイロンよりも優れているのは、摩擦や引き裂きに対して強いこと。
繊維が細くて軽いので持ち運びしやすく、洗濯してもすぐに乾く。
UVカット効果も高いので、アウトドアにおすすめ。

着用レビュー!グリップスワニー ギアワンピース

今回着用したのはこちら!

肌サラサラで快適!着心地レビュー

コットンのTシャツを着ている時と比べると、軽くて涼しい!

今まさに梅雨真っ盛りで体がべたつきがちな季節に着てますが、ナイロン独特の体に張りつく感じが一切なくて気持ちいいです。

濡れてもすぐ乾いてる!速乾性バッチリ

子どもに水鉄砲を一発やられて濡れたり、食器洗ったあとにお腹を見ると濡れてたり、手を洗ったあとにちょっと水が跳ねてたりというシチュエーションありますよね。

そんなことがあっても気がつくとあっという間に乾いてます。コットンや普通のナイロン製のTシャツに比べてもびしょびしょに濡れている感じが圧倒的に少ないです。

洗濯をしても濡れてる感がとても少なく、あっという間に乾きます。これはキャンプの着替えとかでたくさん持っていきたくなるレベルですごい!

これだけ速乾性が高いので、汗っかきさんにもかなりおすすめだと思います。

服と体の間に熱がこもる感覚がない!涼しい!通気性も最高

服と体の間にこもる熱、うっとうしいですよね。でもサプレックス素材の服だとそれがありません。

扇風機の風を浴びると、服の表面が冷えて涼しく感じるのではなく、体に直接届いているような涼しさを感じます。

暑いところから涼しいところに急に移動するとよりわかりやすいです。例えば、猛暑の外を歩いたあとに冷え冷えのコンビニに入った時とか、すごい寒いハナマサ(肉系業務スーパーみたいなところ)に入った時とか。

UPF40+UVカットもバッチリ。これはキャンプやアウトドアに最高だー!

ベタつかない、すぐ乾く、通気性バッチリで涼しい。そしてUVカット効果も高い!

これはもう、アウトドアのために作られたと言っても過言ではないでしょう!

価格はキャンプシャツで定価8900円(税別)、ギアパンツとワンピースは定価9800円(税別)と決して安価ではありませんが、それだけの価値があると思っています。

安いものは安いなりにいいですが、やはりいいものの着心地、快適さ、スタイリッシュな感じはお値段なりの価値です。いいものは長持ちしますし、特にグリップスワニーのデザインはシンプルで流行に左右されにくいのでおすすめです。

スポンサードサーチ

ワンピースはこんな感じ

今回は私のワンピースでご紹介しますが、男性用にキャンプシャツ、ギアパンツも販売されていますので要チェックです!

ちなみにカラーはネイビーとブラウンの2色展開です。

ポケットいっぱい!ポケット深い!iPhoneだってぴったり入る!

グリップスワニー サプレックス ワンピース

とにかくこれでもか!というくらいポケットが多いです。その数6個!

  1. 胸ポケット(ジップあり)
  2. 右ポケット 大
  3. 右ポケット 小(スマホぴったり)
  4. 右ポケット大の前にジップつきポケット
  5. 左ポケット 大
  6. 左ポケット大の前にジップつきポケット

胸ポケットの下にはDカンもついていて、ちょっとしたものをひっかけておくのにも便利そう。

ずぼらママ

大きなポケットは大人の手がすっぽり入るほど大きくて深いです!先日たまたまドライバーとカッターをポケットに入れて作業していたのですが、すごい便利でした!

アラフォーにも着やすい膝丈サイズ

身長160cmの私がMサイズを着るとちょうど膝下5cmくらい。膝の基準点がどこかによっても違いますが、膝のお皿真ん中くらいから測ると10cmくらいかなという印象になります。

決して短いことはなく、長くて野暮ったすぎるなんてこともありません。

グリップスワニー サプレックス ワンピース

生足でもいいと思いますが、私はなんとなくワンピースの下にヨガレギパンを履いて着用しています。キャンプだと山や川方面が多くなるので、その方が都合がいいというのもあります。

ちなみにヨガレギパンはデカトロンに安くていいのが売っていました。1500円〜2500円くらい。

脱ぐのがちょっと大変かも

生地の伸縮がほとんどない素材なので、脱ぐときがちょっと大変かもしれません。Tシャツのように服を伸ばしながら脱ぐみたいなことはできません。

上からすぽっと着て、頭からすぽっと脱ぐ感じです。うーん・・・伝わりにくいかな。

グリップスワニー サプレックス ワンピース

背中側にスナップボタンがついているので、頭が抜けにくいということはありません。

身幅もほどよくゆったりで着心地いい

グリップスワニー サプレックス ワンピース

身幅はMサイズで53cm。Lサイズで56cm。

このワンピースを乗せているテーブルの幅がだいたい50cm。

お腹まわりもお尻まわりもぴったりとすることなく、むしろゆったりとしているので自粛太りした私にはめちゃくちゃタイムリーなワンピースです。

ずぼらママ
足が短いのもカバーしてくれるありがたい服!

同素材、男性用のキャンプシャツ 2カラー

女性のワンピースと同じく、ネイビーとブラウンの2色。男性用は背中にメッシュがついていてさらに快適度がアップしている印象。

これはプレゼントしても絶対喜ばれると思います。

同素材、男性用ギアパンツ 3カラー

定番のネイビー、ブラウンに加えオリーブも。ワンピースと同じ素材のパンツって絶対よさそう。夏だけど肌を露出したくない場所にもぴったり。ということは蚊が多そうな山・海・川のキャンプにぴったり!

ということで、今回はグリップスワニーのサプレックス素材のワンピース、キャンプシャツ、ギアパンツをご紹介しました。

カラーも落ち着いてるし、これからの季節にぴったりなので、これならプレゼントしても絶対喜ばれますよね。

一度着るとみんなにすすめたくなるほど気持ちい素材です!

▼いいものを大切に使いたい人向け!こちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「自分のサイトがなんだか物足りないなあ」「あと何かワンポイント欲しい」「これさえあればおしゃれに見える鉄板を知りたい」 そんな悩みお持ちではないですか? そんな時には洗濯もできて扱いが楽なおしゃれブランケット「ペンドルトン」がお[…]

ペンドルトン ブランケット
関連記事

キャンプといえばダッチオーブンというくらい、ダッチオーブンを使ったキャンプ料理は有名ですよね。 でもダッチオーブンでつくる料理は量が多い。そんなイメージありませんか? 「一人や二人では食べきれない」「そんなにたくさんも必要ないか[…]

コロダッチ レシピ 比較
関連記事

おうちでもアウトドアでも使いたくなる重厚感たっぷり「及源ホットサンドクッカー」をご紹介します。 岩手・南部鉄器の老舗「及源」が作った鋳鉄製のホットサンドクッカーは重厚感たっぷり、食パンが耳を切らずに焼ける!という素敵なアイテム。 […]

及源 ホットサンドクッカー
関連記事

キャンプの調理系ギアといえば、スキレットやメスティンが定番化していますね。どちらも長く愛せる道具ですが、今回ご紹介するのはドイツ製の鉄フライパンTurk(ターク)です。 100年変わらぬ技術を受け継ぎ、一枚の鉄をただひたすら打ち続け作[…]

turk フライパン ターク クラシック
関連記事

キャンプのケトル、皆さんはどんなのをお使いですか? 私は普通に縦長のステンレスのケトルと昔ながらの形のヤカンを使用していました。でも、どうせ長く使うもの・長く使えるものならば、長く愛したくなるものが欲しくなりませんか? そんなわ[…]

グランマーコッパーケトル
グリップスワニー サプレックス ワンピース
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう