スノーピークの囲炉裏テーブル「ジカロテーブル」2年以上使用レポート

スノーピークの囲炉裏テーブルといえば「ジカロテーブル」ですよね。

2017年1月に購入してから早2年以上使用しています。

と言っても最近はIGTを使用することも多いですが、夏、焼肉が多くなる季節はやっぱりジカロテーブルが便利!

ということで、ジカロテーブルについて2年以上使用している感想などを含めて、再度使用レポートをお届けします。

ご購入で悩んでいる方の参考になりますように。

スポンサードサーチ

買ってよかった!スノーピークのジカロテーブル

本当に買ってよかったと思えるキャンプギアの一つ。

スノーピーク ジカロテーブル
焚き火台のベースプレートを使用すると、焼くときに高すぎるので使っていません。
ジカロテーブル 仕様
重量:10.5kg
収納サイズ:745×170×400mm
焚き火台併用時サイズ:縦1,120×横1,120×高さ400mm(中央部/600×600mm)
中央部を狭くして使用のサイズ:縦890×横890×高さ400mm(中央部/370×370mm)
価格:税別29800円

ジカロテーブルが便利だと感じることを列挙

どういうところが便利なのか、箇条書きでダーっと挙げてみます。

  • 高さ40cmでロースタイルにぴったりの高さ(スノーピークのローチェアとのマッチ度は最高)
  • ジカロテーブルを使用することで、子どもと火元の距離を取れて安心
  • 焼き物を置いたり、お皿やコップを置いたりするのにベストポジション(焼き物系ときにはちょうどいいテーブルになって本当に便利)
  • ステンレスなので熱による変形・汚れ・傷に強い(タフでいい、雑に扱っても平気)
  • 組み合わせ次第でテーブルを追加したり、バーナーをセットできたり、アタッチメントが色々あって捗る
  • 組み立て簡単(女性でも簡単に組み立てられます!)

よく聞かれる疑問にお答えします

これまでにジカロテーブルについて聞かれたことを思い出した範囲でご紹介します。

ステンレスなので、真夏の炎天下では熱くなる?
もちろん条件によってはとても熱くなると思います。ただしこれまで真夏の炎天下で使用しても触れないほど熱くなった記憶がありません。
心配ならタープの下などで使用された方がいいと思います。
囲炉裏スタイルの難点はある?
火元に近いと飲み物が温まります。
ランドロックの中で使用できる?そのまま入る?
入ります。全く問題なく使用できます。

女性一人でも組み立てられる

女性一人というか、小学6年の長男でも簡単に組み立てられます。

4年生の時から手伝っていたせいもありますが、5年生の時には一人で組み立てていました。

さて、それでは私一人で組み立ていきます。

スノーピーク ジカロテーブル
総重量10.5kgなのでそれほど重くない
スノーピーク ジカロテーブル
テーブルを裏返し、溝に脚をはめるだけ を4回繰り返すだけ
スノーピーク ジカロテーブル
はめ込む場所(拡大)
スノーピーク ジカロテーブル
天板同士をこのネジで固定します。
スノーピーク ジカロテーブル
こんな風にネジの部分の天板と相手側の天板をかみ合わせます。
スノーピーク ジカロテーブル
ネジのところにはめるだけなのでとっても簡単
スノーピーク ジカロテーブル
はい、完成!

女性一人でもあっという間に作れちゃいます。

ジカロテーブルと組み合わせて使えるテーブルは?

スノーピーク ジカロテーブル
同じ素材の「TAKIBI MYテーブル」と高さぴったりジャストフィット!

ジカロテーブルの高さは40cm。

すなわち他メーカーでも高さが合えばフルフラットで使えるということですね。

スノーピーク製品の中でジカロテーブルと一緒に使用できるテーブルはいくつかあります。

  • ワンアクションローテーブル
  • 上の写真のTAKIBI MYテーブル
  • IGTにも接続できるマルチファンクションテーブル(脚は40cmを購入)

逆に高さが合わないテーブルは

  • MYテーブル竹

このテーブルも持っているのですが、ジカロと組み合わせて使おうと思うと微妙に低いのです。

この微妙な低さというのがたかだか1.5cmなのですが、その1.5cm違うだけでくっつけて使用するには不便でした。

例えばコップがひっくり返ったり・・・。微妙に気を使うので微妙に不便です。

焚き火台Lと合わせるとこんな感じです

スノーピークジカロテーブル
火おこしをしていても焚き火台でガードできて、小さな子どもがいても安心。
スノーピークジカロテーブル
焚き火台のベーススタンドを使うと焚き火台の方が少し高さが出ます。

焚き火台とジカロテーブルの高さがぴったり!

ただし焚き火台のベーススタンド(熱から芝生を守るスタンド)を使用する場合や、網の高さを変えるとジカロより若干高くなったり低くなったります。

が、全くもって不便ではありません。

スノーピークジカロテーブル
焼き台の前にテーブルがあるのは本当に便利
スノーピークジカロテーブル
一つのテーブルにこんなにたっぷり置けます。
スノーピークジカロテーブル
ただの鮭でも炭火で焼くととっても美味しい!

▼ジカロテーブルに関する過去記事はこちら

関連記事

※2017.4.17更新しました ※2019.6.14更新しましたスノーピークのランドロックの次に購入したのがこのジカロテーブル。ロースタイルにぴったりな40cmという高さは、スノーピークのローチェアにもぴったりの高さ。[…]

関連記事

あと1か月とちょっとで3月ですね。3月から我が家のキャンプシーズンが始まります!シーズンオフ中に色々とキャンプギアを揃えていく予定です。欲しいものが山のようにあり過ぎて困っちゃいますが、まずは絶対押さえておきたいアイ[…]

さいごに

私のブログ記事でも夏になるとよく登場するのがこのジカロテーブルと焚き火台の組み合わせです。

何か塗装をしているわけでもないので、経年劣化で塗装が剥がれて錆びてくるということもありません。

構造も単純なものなので、作り方、片付け方、使い方を間違えて壊れるという心配もありません。

見た目もシンプルなのでどのシーンでも馴染みやすいのもいいですね。

小さいお子様がいる家庭にもおすすめの便利な焚き火テーブル。

スノーピークのアウトドアチェアと合わせるなら、他メーカーの焚き火テーブルよりも断然同メーカーの方が見た目も使い勝手もスマートです。

買って後悔しないアイテム「ジカロテーブル」

購入前の参考になれば嬉しいです。

▼キャンプギア最新記事はこちら

キャンプのマダニ対策

キャンプといえば虫対策とは切っても切れない縁があります。 みなさん、蚊・ブヨ・ムカデなどの対策はバッチリかと思いますが、もう一つ大事な対策忘れていませんか? そう、ダニです。今年はマダニも多いそうで十 […]

ledlenser ml4 warm light green

みなさんこんにちは。ずぼらままです。今回ご紹介するのはドイツ生まれの人気小型LEDライト「LEDLENSER ML4 Green Limited Edition」です。いまさらML4?と思いました?ML4の限定カラー。グリーンリミテッドエディションです。公式サイト限定販売のカラーとなりますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

インフレータブルカヤック デカトロン

フランスのスポーツ・アウトドアブランド「デカトロン」。デカトロンは世界51カ国に1500店舗以上を展開する巨大メーカー。そんな世界的スポーツ・アウトドブランドの「デカトロン」から今回ご提供をいただいたのが、ITIWIT (イティウィ) 空気式クルージングカヤック 2~3人用です。インフレータブルのカヤックということで、収納もコンパクトで気軽にカヤックを始めることができます。そしてなんと言っても、デカトロンの製品は高品質なのにお財布に優しいんです。ということで、さっそくですが「デカトロン ITIWIT 空気式クルージングカヤック」をレビューしていきたいと思います。「これまでと違った夏キャンプにしたい」「夏キャンプにカヤック挑戦してみたいな」という方必見です!

夏キャンプ デカトロン

こんにちは、アウトドアが大好きなずぼらままです。今年の夏こそキャンプデビューしよう・今年の夏はもっとキャンプを楽しみたいという方におすすめのキャンペーンが、今年もデカトロンで開催されています。そのキャンペーン対象製品9点の中から、ワンタッチテント・インフレータブルカヤック・シュノーケリングマスクの3点を実際に使用させていただきました!どれも確かな品質でコストパフォーマンスの高いアイテム。気軽に始めたいけど、品質も重視したいという本格志向の方にぴったりのアイテムとなっています。今年の夏はデカトロンのアイテムで夏キャンプを楽しんでみましょう!

FLSKボトル グロウラー

こんにちは、アウトドアをこよなく愛するずぼらままです。キャンプでよく使われているグロウラーというと、広口のロック氷も入れやすいタイプが人気ですよね。そもそもグロウラーとはビールを持ち運ぶ容器のことですが、最近では日本でもビールを持ち運ぶグロウラーとしての本来の使い方がどんどん認知されてきています。ビール好きとしては嬉しいです!さて今回は「炭酸も長持ちして、保冷効果も抜群に高い」ことにフォーカスした、ドイツ生まれのボトルをご紹介します。ドイツの工業製品は、BMWや筆者もかつて乗っていたフォルクスワーゲンのニュービートル、高級万年筆のモンベルなど、スタイリッシュかつ品質も確かな製品を作るメーカーが多いことで昔から有名ですよね。そんなドイツで生まれたステンレス製の真空断熱ボトル「FLSK(フラスク)」のご紹介です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう