フクロウ手乗り体験ができるキャンプ場!細野高原ツリーハウス村キャンプ場がすごかった!

スポンサードサーチ

キャンプ場基本情報

細野高原ツリーハウス村キャンプ場

公式HP https://www.hosonokogen.com/index.html
住所 〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取 東伊豆町東伊豆町稲取細野高原3150
電話番号 0557-95-0220
営業期間 通年
予約 オンライン予約(なっぷ)
チェックイン 13時〜
チェックアウト 10時
ペット OK(テントサイトのみOK)
設備 区画サイト(すのこサイト、芝・土サイト。車乗り入れ不可)、ツリーハウス、コテージ、トイレ、炊事場、シャワー(1回300円、時間制限なし、節水を心がける)、管理棟、薪販売あり、レンタル品なし
料金 キャンプ(すのこサイト6000円、芝サイト5500円)、ツリーハウス8000円、コテージ12000円、施設使用料:大人500円、子ども(小学生まで)300円
クレジットカード 不可
ゴミ処理 基本的に持ち帰り。1000円で全部回収してくれる。
近隣情報 海水浴場、日帰り温泉、カフェは徒歩圏内。コンビニ、スーパー、アルペン、ニトリは車で18分ほど。
標高 海抜400m

動画でチェック!

コテージが綺麗!!

キャンプ場は犬連れOKなのですが、コテージは犬連れ不可。犬がOKだったら迷いなくコテージにしていました。

場内のコテージは3棟。どれもエアコン付き、ミニ冷蔵庫付きで一棟12000円です(別途施設利用料大人500円子供300円)。

細野高原ツリーハウス村キャンプ場

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
コテージ1
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
コテージ2
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
コテージ3(こちらはロフト付き)

なんとこのキャンプ場さんは工務店さん&フライトハウス(パラグライダーができます!)。

どれもこれも一から手作りのログハウス、ツリーハウスなんです。すごいですね。

伊豆・稲取の空飛ぶ大工さん。ログハウスならおまかせ!…

細野高原ツリーハウス村キャンプ場

コテージ内の詳細は動画にてご確認ください!

スポンサードサーチ

テントサイトは2種類

テントサイトはウッドデッキサイトと芝サイトの2種類が用意されています。

どちらのサイトも車の乗り入れができませんが、芝サイトは駐車場が目の前の1番2番、5〜7番サイトだとほぼ車横付けと同じだと思って問題ありません。

8番、9番とウッドデッキサイトはほんの少し数mくらい歩く感じです。

どのテントサイトもAC電源付きで、利用料もサイト料金に含まれています。すごい。

ウッドデッキサイト

雨でもテントが汚れにくいウッドデッキサイト。1泊6000円(施設利用料別途大人500円、子ども300円)。

細野高原ツリーハウス村キャンプ場

細野高原ツリーハウス村キャンプ場

芝サイト

芝サイトはウッドデッキサイトよりも500円安い5500円(施設利用料あり)。

こちらもAC電源がデッキサイトと同じく使用できます。

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
手前から5〜7番サイト。駐車場が目の前のサイト。
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
6番サイトにテントを張りました。

私が利用した場所は細野高原第2駐車場側の芝サイトでした。

ランドロックは綺麗にサイト内に収まりましたが、前方のスペースが足りないためフロントパネルを跳ね上げる余裕がない状態。特に不便は感じませんでしたが、人によっては狭いと感じるかもしれません。

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
5〜7番サイトの裏が8番9番サイト
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
1番サイト。管理棟、炊事場、トイレ、シャワーまで一番近い。
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
写真手前側が2番サイト。1番サイトの隣。

1番2番サイトは土。芝サイトではありません。でもトイレや炊事場、シャワー、管理棟まで一番近いサイトになります。

その他の設備

ステージ(デッキ)

場内の芝サイトの横(細野高原第2駐車場側)にスターデッキというのがありました。デッキの上には建設途中の木枠もありました。将来的にはログハウスが建つのかな?

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
スターデッキ
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
デッキの上にはテーブルセットが用意されていました。
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
デッキから見たキャンプ場内。管理棟方面に向かって撮影。

デッキから細野高原に建つ風力発電の風車を綺麗に見渡すことができます。

夜になったらここから星空を撮影するのもいいかもしれませんね。私が訪れた時は夜になるとあいにくの曇り空で「満点の星空」という噂の綺麗な空を見ることができませんでした。

トイレ

トイレは合計2ヶ所あります。管理棟の裏(洋式)、テントサイト側(汲み取り和式)。

テントサイト側の汲み取り式は少し難易度が高いかもしれませんが、管理棟側はどんな人でも快適に利用できる綺麗なトイレ。とても綺麗に清掃されています。

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
管理棟裏のトイレとシャワー室
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
男性用小便器は外にあります
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
個室
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
本当に綺麗

シャワー

シャワー室にはなんとドレッサー、ドライヤー、シャンプー、コンディショナー、ボディソープが備え付けで用意されています。

特筆すべきはこの綺麗さ!よほどの事がない限り、誰もが満足できる清潔さだと思います。

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
ドレッサー、ドライヤー付き
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
シャンプー、コンディショナー、ボディソープつき

炊事場

炊事場は場内に2ヶ所。一つは電気がないのでヘッドライトが必要です。2ヶ所ともそれほど離れていないので、電気のない方は夜間は使わなかったので特に不便は感じませんでした。

炊事場を撮影したのは他の利用者さんが帰られた後のそのままの状態だったので幾分汚れています。炊事場の清潔度は利用する方によっても左右される部分が大きいですが、設備としては洗剤も用意されていて必要十分に綺麗でした。お湯は出ません。

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
管理棟裏の炊事場
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
三角コーナーが用意されているので排水詰まりの心配はなさそう。

使おうと思った時に排水詰まってる炊事場ほど不快なものはありませんが、ここは三角コーナーが設置されているのでそんな心配はなさそう。

そもそもサイト数が少ないので利用人数が少なく、誰が汚したのかだいたい推測できてしまうというのも汚れにくいポイントかもしれません。

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
水切りラックまで用意されている場所も。
細野高原ツリーハウス村キャンプ場
上の写真の対面側。こちらはシンクが浅め。洗いやすかったです。

スポンサードサーチ

さいごに

これまでに聞いたこともないフクロウの手乗り体験ができるキャンプ場。

フクロウのインパクトがとても強いのはもちろん。オープン以来、少しずつ少しずつとても丁寧に大きくしていっているキャンプ場だと感じました。

伊豆の観光拠点にもなる立地でもあり、有名キャンプ場になるのも時間の問題。

途中、細い道もありますが、抜けた先の高原の風景は一見の価値あり。ゆるキャン△8巻にも登場しましたね。

10月、11月はすすき祭りも開催されていますので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

リピートしたいとても気持ちのいいキャンプ場でした。

▼伊豆のおすすめキャンプ場レポはこちら!!

関連記事

  ソトシルで読む   9月最初の三連休、雨が心配される天気予報の中、伊豆稲取にある細野高原オートキャンプ場に行ってきました。 結局のところ雨はパラパラと少し降っただけで済み、とても充実した伊豆キャンプ旅行になりました。 […]

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
関連記事

  ソトシルで読む   11月初旬、都内から順調にいけば3時間ほどで到着する西伊豆・雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場に行ってきました。 海がすぐそばという土地柄、心配された強風もなく、気温も関東から比べると暖かく、お天気にも恵[…]

雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場
関連記事

蛍がみれて、24時間入り放題のアッツアツ無料温泉もあり、ここを拠点に滝巡りもでき、子ども喜ぶ施設(KawaZoo)が車で2分。 そんな素敵なキャンプ場を見つけちゃいました。 伊豆にある「河津七滝オートキャンプ場」は東京から少々遠[…]

河津七滝オートキャンプ場
関連記事

2019年4月中旬、伊豆北東部にある高規格キャンプ場「モビリティパーク」に行ってきました。 この日の天気は晴れ!最高気温は16度、最低気温5度という恵まれた気候の中、楽しいキャンプとなりました。 公園の中のキャンプ場というよりは[…]

モビリティパーク
関連記事

西伊豆でホタル鑑賞ができるキャンプ場「伊豆自然村キャンプフィールド」に行ってきました。 東京からだと伊豆スカイラインを通ってプチ観光をしながらキャンプ場に向かうことができるので、1泊2日ではありますが満足度の高いキャンプ旅行となりまし[…]

▼こちらの記事もどうぞ!

turk フライパン ターク クラシック

キャンプの調理系ギアといえば、スキレットやメスティンが定番化していますね。どちらも長く愛せる道具ですが、今回ご紹介するのはドイツ製の鉄フライパンTurk(ターク)です。 100年変わらぬ技術を受け継ぎ […]

ジェットボイル フラッシュ

  ソトシルで読む   ジェットボイルはコンパクトなのに高火力で、すぐにお湯が沸かせるできる子。というのは知っていました。 で、前々から欲しいなあと思いつつ購入するタイミングを見つけられないでいたので […]

オガワ  オーナーロッジタイプ52r

  ソトシルで読む   これまで丸3年以上ずーっと使用してきたスノーピークのランドロックを止むを得ずクリーニングに出したので、新しいテントを買いました! 新幕購入至ってはローベンスにしようかな?とかコ […]

パワーアーク ソーラーパネル STSL120

  ソトシルで読む   キャンプはもちろん防災用品としても大活躍のポータブル電源。ポータブル電源を持っていても充電できなければ意味がない! ということで、今回防災も兼ねてソーラーパネルを導入したので、 […]

BarebonesLiving(ベアボーンズリビング)

  ソトシルで読む   最近、我が家のキャンプでは欠かせないアイテムになったLEDランタン。今回BarebonesLiving(ベアボーンズリビング)から発売された新しいLEDランタン・ランプを入手、 […]

細野高原ツリーハウス村キャンプ場
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう