西湖最古の「西湖津原キャンプ場」キャンプ場レポート

西湖津原キャンプ場 関東キャンパーさんおすすめ!

こんにちは、ずぼらままです。

今回は富士五湖の一つ、西湖にある最古のキャンプ場「西湖津原キャンプ場」さんをご紹介。

湖の目の前にあるキャンプ場で、テントサイトは湖川と山側に(実は山側のテントサイトは意外と穴場かも!)。

バンガローもたくさん並んでいます。

犬連れキャンパーさんも楽しめるキャンプ場さんです。

それではさっそく場内を詳しくご紹介していきますね!

スポンサードサーチ

【基本情報】西湖で最古のキャンプ場「西湖津原キャンプ場」

住所401-0332 山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2299
標高900m
公式HPhttp://tsuhara-camp.jp/
電話070-1312-0133
営業期間4月〜11月
営業時間平日 8:00-17:00

土祝 8:00-20:00

チェックイン平日 8:00〜17:00

土日祝 9:30から駐車場開放、10:00から受付開始

チェックアウト10:00
アーリー・レイト対応
利用料金(2021/10/4現在)宿泊 大人@1500 小中学生@1000 幼児無料

デイキャンプ 大人@1000 小中学生@500 幼児無料

コテージ 54000円、32500円

バンガロー 6500円〜27000円

予約についてテントサイトは予約不可、バンガロー・コテージは要予約
支払方法現金のみ
ペット利用OK
花火指示のあった場所でのみ可能
ゴミ処理可能
サイト・設備テントサイト(湖畔側、山側)、バンガロー、コテージ(トイレ、バス、キッチン付きあり)、シャワーあり(15分350円)
地面土、芝
アクセス中央道「河口湖IC」から車で約20分(約11km)
買い出し情報・温泉情報・マックスバリュー富士河口湖 〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立8017-1 約7km、車13分

・DCMくろがねや河口湖店 〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立8017−1 約7km、車13分

・スポーツデポフォレストモール富士河口湖店 〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立8017−1 約7km、車13分

・富士眺望の湯ゆらり 〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢8532−5 約8.8km、車14分

 

ずぼらママ
よくお買い物に立ち寄るのはフォレストモールにあるマックスバリューです。ホームセンター、ドラッグストアなんかもあってかなり便利です!

西湖津原キャンプ場の魅力とは

魅力1)電気もない!道もない!から始まった1950年創業の歴史あるキャンプ場

1950年(昭和25年)創業の西湖で一番古いであろうキャンプ場さんです。

創業当時は電気もなく、ランプを点して営業していたのだとか!

キャンプ場へのルートも車や馬ではなく、船!

当時の総理大臣は吉田茂。流行した歌は美空ひばりの「東京キッド」と聞くと、かなり歴史を感じますね!

なんと西湖沿いの道路建設や電気を引くきっかけを作ったのも、津原キャンプ場の初代オーナー(当時の村長)だったそうです。

ずぼらママ
キャンプ場の歴史を教えていただくのも楽しいですよね!
管理人さん、取材へのご協力ありがとうございます!

魅力2)湖畔キャンプ満喫!SUPやカヤックなどウォーターアクティビティーができる

湖畔キャンプといえば、水遊び!

ただの水遊びだけでなく、西湖ではSUPやカヤックも楽しむことができます。

ずぼらママ
私も今回SUP楽しんできましたー!
詳しくはこちらの記事で→【ママキャンパーが本音レビュー】デカトロン「9万円以下で揃う基本のキャンプ道具」と「+スポーツ」でキャンプを満喫しちゃいました!【PR】https://www.zubora-mom.com/decathloncampset/

未体験の方でも大丈夫!講師付きのプランをキャンプ場さんから紹介していただけます(事前に問い合わせてみてくださいね)。

湖のそばでキャンプをしたい気持ちと裏腹に、トイレ・炊事場が遠いのが難点。

道路を挟んだ管理棟側にある坂の上のポニョならぬ、坂の上のトイレに行かないといけません。

魅力3)山側で鳥のさえずりを聞きながら静かに湖畔を見渡すキャンプができる

山側サイトはバンガローが立ち並ぶ方面にあります。

バンガローよりも高い場所にあるので、湖の眺めはよく、後ろは林なので鳥の鳴き声もよく聞こえてきます。

トイレ、炊事場も近く、遊びたい時だけ湖に行けばいいので、子どもが目を離したすきに溺れてしまうという心配もありません。

山側サイトはこんな人におすすめ!

  • トイレが心配なお子さんがいる方
  • トイレが心配な大人がいる方(飲み過ぎ注意)
  • トイレ・炊事場が近い方がいい方
  • トイレまで道路の横断が伴うので、そこが心配な方(小さい子どもと一緒だと尚更ですね)
  • 湖は眺めたいけど、湖畔側の喧騒から離れて静かに過ごしたい人
  • 林間サイトが好きな人

湖畔側サイトはこんな人におすすめ!

  • 子どものトイレに付き添うのが苦じゃない人(道路横断が心配な年齢のお子さんがいない人)
  • SUPやカヤックを好きな時に楽しみたい人
  • ずっと水遊びしていたい人
  • 湖畔キャンプをしたい人

スポンサードサーチ

キャンプ場内を詳しく紹介!

それでは次はキャンプ場内の各ポイントをチェックしていきましょう。

管理棟周辺

キャンプ場は西湖に沿って伸びる道路沿いにあります。

キャンプ場の手前にはマメゾンという老舗の洋食屋さんが。

マメゾン外観
ずぼらママ
ちょっとお高めですが、昔ながらの洋食屋さんで美味しいのでおすすめです!!

管理棟・売店

管理棟はこちら。

チェックインはこちらの管理棟で行います。

ここのテントサイトは事前予約ができないタイプ。そのため先着順となります。

管理棟前や横にある駐車スペースに一旦車を止めて受付するのですが、土日や夏休みなどは大混雑必至。

そのため受付時間や方法などが時期によって変更になりますので、利用する際はキャンプ場HPでしっかり確認してから向かいましょう!

涼を呼ぶ静寂の地。富士五湖の一つ西湖湖畔にあるキャンプ場…

出入り口にはキャンプステッカーが!!

西湖津原キャンプ場

近づいてみると見たことがあるステッカーもたくさん!

西湖津原キャンプ場

管理棟の中に入ってみると、こちらもステッカーが!

キャンプ場さんオリジナルのステッカーも何種類かありました。

西湖津原キャンプ場

キャンプステッカーを通して交流が生まれたり、挨拶のきっかけになったりとキャンプステッカー文化を推奨しているキャンプ場さん。

西湖津原キャンプ場

キャンプに必要な消耗品は、CB缶などの簡単なものが少し。

おやつやカップ麺なども販売されていました。

西湖津原キャンプ場

飲み物も販売されています。

西湖津原キャンプ場

薪は管理棟の500円で1束と、管理棟の外で詰め放題1000円というのがありました。

西湖津原キャンプ場

炊事場

炊事場は湖側にありませんが、山側には4箇所ありました。

バンガロー利用の方用にかまどやテーブルセットが用意された屋根付きの炊事場。

炊事場
水道
テーブルセット
テーブルセットとかまどの様子

管理棟裏の炊事場
テーブルセットとかまどの様子
水道
ずぼらママ
屋根付き炊事場なので雨の日でも安心!
西湖津原キャンプ場

トイレ

トイレは場内に2カ所。便座は洋式なので、和式が苦手な人でも安心ですね。

トイレ1
 トイレ2
男性
女性

シャワーについて

西湖津原キャンプ場

シャワー室の利用については、時期により受付時間などが変更になります。

利用したい場合は、必ず直接確認してください(平日などは早めに受付終了するケースがあります)。

利用料など基本スタイルはこちら。

シャワー室(9:00~21:00 最終受付 20:45) 時期により変更有
お一人様…350円(15分) 受付にて鍵貸出し

キャンプ場マップ

西湖津原キャンプ場
画像出典:西湖津原キャンプ場

山側サイト

山側にはテントサイトが9か所。

駐車場奥
集会場下
広場サイト
広場サイトにあるステージ
広場サイト
山側テントサイト
山側奥テントサイト
山側テントサイトから山側奥テントサイトへの通路

今回写真で紹介するのは8か所ですが、管理棟横に並ぶ湖畔側のバンガローの横にもテントを張れるので、バンガロー泊の人と一緒にテント泊も楽しめますね。

ずぼらママ
なんと!!一番人気の湖畔側サイト以外あまり知られていない山側サイト。
ここなら夏の混雑期もそれほど混むことなくキャンプを楽しめそうです!
トイレが近いサイトがいいなら、広場サイトか山側サイトがおすすめ。

水遊びやマスのつかみ取りもできる池

マスのつかみ取りは団体向けのようですが、小さいお子さんならこのくらいのでも十分な水場となっています。

場所的には山側サイトのコテージがある方。坂の途中にあります。

湖畔側サイト

湖畔サイトは管理棟から道路を挟んだ側にあります。

入り口

湖畔側の入り口にはキャンプ利用者がだけが立ち入れるようになっていてロープがかかっています。

進入するときはこのロープを外します。

芝が生えている方は比較的傾斜が少なくおすすめ。

景色最高!

湖畔から管理棟やトイレに抜ける歩行者専用通路。

車横付けOKのフリーサイトになっています。

湖畔側から管理棟を見た写真

湖の目の前のサイトはこちら。

写真で見るよりも傾斜がきついです。

大雨などで増水するとこの辺にはテントが張れなくなることも。

ただし、ここから湖までは徒歩3秒。

SUPもカヤックもし放題!

ただトイレ遠いのが難点なので、トイレ事情に問題のない方におすすめのエリアです。

ずぼらママ
私は一体どんだけトイレにこだわっているんだ…
と思いながら、きっとみんなトイレとかの話は知りたいだろうなと思い書いてます。

バンガロー

バンガローはC型4.5畳、D型6畳、E型8畳、新E型9畳、F型12畳、G型20畳の6タイプが用意されています。

D型が52棟と一番数が多いですね。

D型

ずぼらママ
バンガローからも湖がバッチリ見えて景色が良かったです!

コテージ

コテージはトイレ・バス・キッチンがついたAと、トイレとキッチンがついたBがあります。

どちらも建物外にも炊事場あり、屋根付きのBBQスペースもあります。

貸別荘のように使うことができそうですね!

コテージA
コテージA
コテージA
コテージA
コテージB
コテージB
コテージB

 

今回私は湖畔側サイトでSUPキャンプを楽しみました!

子どもとSUP初体験した記念のキャンプ場。

湖畔のキャンプ場はこういう遊びができるから最高ですね!

個人的に、使わないときはコンパクトに収納できるインフレーター式がおすすめです。デカトロンさんのSUPボードを使ったのですが、しっかりしていて良かったですよー!

みんな大好き鹿番長、キャプテンスタッグからもSUPボードでてます!

湖に一番近い場所はちょっと傾斜がきつい

写真で見ると傾斜がそれほどでもなさそうに見えますが、湖畔に一番近い小砂利になっている場所は意外と傾斜あります。

寝る時の向きさえ間違えなければ、転がってみんな同じ場所に偏っているということもありません。

もう少し詳しく知りたいという人は動画をどうぞ!!

ということで、かなりボリュームのあるレポートとなっていますが、

もっとよくわかる動画も用意していますので、ぜひご覧ください!

ずぼらママ
管理人さんご家族、みなさんとっても優しい方たちです。
きっとみんな居心地のいいキャンプ場だなあって思って帰れるはず!おすすめです!

その他、西湖周辺のキャンプ場レポートはこちら!

関連記事

  ソトシルで読む  2020年1月、山梨県本栖湖にあるキャンプ場「浩庵キャンプ場」。お正月休み明けすぐの日曜日から月曜にかけて、2020年初張りキャンプをしてきました。ここの景色は何度見ても飽きませんね。本当に素晴らしい。[…]

浩庵キャンプ場
関連記事

紅葉がとてもきれいな河口湖オートキャンプ場(山梨県富士河口湖町)に行ってきました!場内は広葉樹がたくさんあり、一斉に色付くのではなく、徐々に色づいていくので紅葉を長く楽しめるキャンプ場です。標高は850mと高いので夏でも涼し[…]

河口湖オートキャンプ場
関連記事

  ソトシルで読む  富士五湖の一つ、西湖の目の前にあるバンガローが中心のキャンプ場「紅葉台キャンプ場」にやってきました。ここの利用は今回で2回目。都内からのアクセスもよく、周辺の観光にも恵まれたいい場所です。紅葉台[…]

紅葉台キャンプ場
関連記事

山中湖にある教育施設(筑波大学研修所)をリノベーションして作られたキャンプ場「レイクロッジヤマナカ」にやってきました。6月中旬、新緑まぶしくキャンプにとてもいい季節。ぜひ山中湖でキャンプしてみませんか?前編が少し長くなってし[…]

山中湖 レイクロッジ ヤマナカ
関連記事

山梨県本栖湖の北西に位置する「四尾連湖(しびれこ)」ゆるキャン聖地としてご存知の方も多くなりました。この辺りは私有地(水明荘、龍雲荘)ということもあり、俗化されていない秘境感たっぷりの場所。牛鬼伝説があったり、流入す[…]

四尾連湖しびれこキャンプ場
関連記事

GW最後にやって来たのは山梨県富士河口湖町、2018年7月にオープンしたばかりのPICA Fujiyama(ピカフジヤマ)。高規格キャンプ場PICA系列の新しいコンセプト『PICA GRANDE CAMP』をコンセプトにした、コテー[…]

pica Fujiyama ピカフジヤマ
関連記事

12月15日から1泊で山中湖フォレストコテージさんの湖畔サイトBを利用してきました。この日の天気予報は晴れ!しかし翌朝の最低気温予報はマイナス6度との予報。この気温を見て気持ち高ぶる私。「これぞ冬キャンプの始まり!!」冬キャンプ[…]

関連記事

これまでコテージ泊などのテント以外でのキャンプ経験はあるものの、グランピングというものを体験したことがありませんでした。今回、遠方から遊びに来ていた義父母がキャンプをしたいということで観光も兼ねてグランピング体験をしてきまし[…]

西湖津原キャンプ場 関東キャンパーさんおすすめ!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう