冬キャンプの寒さ対策!本当に便利だったキャンプ道具

冬キャンプ 寒さ対策

こんにちは、ずぼらままです。

冬キャンプの寒さ対策、みなさんどうしていますか?

今回は、寒いのは苦手だけど冬キャンプ大好きな我が家が実践している本当に効果のあるキャンプの寒さ対策をご紹介。

どこかで拾ってきた情報ではないので安心して真似できますよ!

スポンサードサーチ

寒さが全然違う!冬キャンプの寒さ対策おすすめ5選

冬キャンプ対策1)お尻にクッションで冷気シャットダウン!

冬キャンプ 寒さ対策

寒いからと焚き火にあたったり、ブランケットを羽織ったり。

たしかに暖かいのは間違いないです。

しかし、それよりもまず先にお尻の下を温めましょう!

いつものチェアの上にクッションやブランケットを敷いてから座ってみて。めちゃくちゃ暖かいことに気がつくと思います。

これは騙されたと思ってぜひ試してみてくださいね!

最近購入したこれ(made in USAのThermaSheat)が結構よかったので、買ったよ報告したインスタ貼っておきます!

冬キャンプ対策2)コットは使うな!使うなら下に荷物入れて冷気シャットオフ!

冬キャンプ 寒さ対策

コットで寝ていて背中が寒くて目が覚めた。なんてことないでしょうか?

これを少しでも防ぐためには、コットの下に荷物を詰め込む!

もしくは、コットに一枚ブランケットなどを敷いて寝る。

これをするのとしないのとでは大違い!

コットの下に荷物を詰め込むと、地面からの冷気と冷たい空気の循環が軽減されるのでおすすめです。

冬キャンプ対策3)手首、足首、首、背中を冷やすな!

冬キャンプ 寒さ対策
モンベルのフエゴパーカーの上にPatagoniaのベストでぽっかぽか(今年の1月)

首と名のつく場所は冷やすな!というのは鉄則ですが、背中も冷やすのはNGです。

背中が暖かいと寒さの感じ方が全然違います。

私はここ数年Patagoniaのリバーシブルボアベスト、無印良品のダウンベストなどをキャンプでも愛用しています。

もともとかなりの寒がりの私ですが、これを着ていると腕の部分が薄着でもめちゃくちゃ暖かい!

みんなが寒い寒い言っている中でも、それ一枚で比較的余裕で過ごせています。

本格的に寒くなってきたらジャンパーの中にベスト、そしてジャンパーというスタイルに。

寒さの感じ方が全然違います。

だからPatagoniaやMountainEquipmentなどなど、多くのアウトドアブランドからアウトドア用のベストが発売されているんですね。

この寒さの違いに気がついてからは、子ども用にもアウトドア用ベストを用意しました(チャムス使ってます!)。

子どもってすぐ暑がって上着脱いじゃうんですが、このベストだとそれがありません。

背中が暖かいと腕が多少寒くても全然平気なんですね〜。

冬キャンプ対策4)焚き火は反射式が暖かい!!個人的に冬はユニフレームの薪グリルがおすすめだよ!

冬キャンプ 寒さ対策
(ユニフレームの薪グリルと2年前の次男)

焚き火台は数種類持っていますが、真冬はやっぱり熱を反射するタイプの焚き火台がおすすめ。

熱を反射してくれる焚き火台といえば、ユニフレームの薪グリルです。

焚き火料理もでき、背板のステンレスに熱が反射して前面はめちゃくちゃ暖かいです。

冬キャンプ 寒さ対策

そのかわり後ろはちっとも暖かくないので、「焚き火を囲む」という感じではなく、みんなで焚き火台の正面に座って「焚き火にあたる」というイメージ。

ラージを持っていますが、大人二人と子ども一人ならラージサイズがぴったりです。

冬キャンプ 寒さ対策

反射式じゃなくても暖かいんじゃない?という声が聞こえてきそう。

まあたしかに暖かくないわけはないです。でも、薪グリルと比べると暖かく感じる度合いが違います。

例えばソロストーブのレンジャー(直径38.1cm)は、燃焼効率がすごくて上にいく熱はすごいですが、座っていると顔だけ暖かい・暑いという感じ。

立ってあたってちょうどいいのがソロストーブのレンジャーです。

冬キャンプ 寒さ対策
ソロストーブ

ペレットをくべたり、綺麗によく燃えて楽しいのですが、座っているとそんなに暖かくない。

ソロストーブを使うときは立って火にあたることが多いですね。

冬キャンプ対策5)テントはスカート付きを選ぶべし!

冬キャンプ 寒さ対策

冬なのにスカートなしのテントはびっくりするほど寒いです。

風が吹けば下から冷たい空気、時には雪やアラレが入りこみ、修行に来たのかな?と思うほど。

冬キャンプ 寒さ対策
スカートにたまった雪

逆にそれが好きな人もいるようですが、寒いのはいや!という人はテントのスカートは必須だと覚えておきましょう。

もしも手持ちのテントにスカートがなければ、自作している人もいるのでそれを参考にしてみるといいかもしれません。

ただし、スカート付きだと結露しやすいということも覚えておきましょう。

(私は結露しても暖かい方がいいです!寒いのイヤ!)

ポータブル電源があれば冬キャンプも快適に!

冬キャンプ 寒さ対策
ポータブル電源持参で電気毛布2枚使用

今回ご紹介した冬キャンプの寒さ対策に加え、なんだかんだで文明の利器に頼るのが一番間違いないです。

ポータブル電源があれば電気毛布使えます!

あるいはAC電源付きのサイトを利用するなどして、暖房対策は万全で行きましょう。特にファミキャン。

子どもはすぐ暑がって薄着になりがちですが、気がつくとかなり冷えこんでいて後日風邪をひいてしまうということも。

子どもにはベストを着せると、その心配も少しは減るかもしれません。

モバイルバッテリーで使える膝掛けタイプの電気毛布もありますので、そういったものを使うのもおすすめです。

関連記事

みなさんこんにちは、ずぼらままです。今回新たにバッテリーが取り外しできるようになったPowerArQ3(パワーアーク3)。容量ばかり大きくなって、本体も大きく重たくなって…というバージョンアップはよく見かけます。今回[…]

パワーアーク3

 

その他のおすすめ冬キャンプ記事はこちら

関連記事

ソトシルで読む  冬キャンプの焚き火は本当に気持ちがいい。深呼吸をすると肺の奥にツーンと刺さるような冬キャンプの朝の空気。そんな冬キャンプの魅力に気がつき始めたあなた。今回の記事は「冬キャンプってどんなものが[…]

冬キャンプ
関連記事

はじめての冬キャンプ。準備は進んでいますか?電気系暖房器具を探しているけど、電気毛布がいいのか、ホットカーペットがいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。私もそうでした。今回は電源サイトを利用する場合、ポータブル電[…]

冬キャンプ 電気毛布 ホットカーペット
関連記事

今年から冬のキャンプにも挑戦してみようかな?と思っているキャンパーのみなさん こんにちは。冬キャンプの暖房器具を何にしようか迷っていませんか?今回は冬でもほぼ毎週キャンプに行くファミリーキャンパーの私が、これまでの経験で気が[…]

冬キャンプ準備 電気毛布
関連記事

これまでにもフジカハイペットの購入のはなしや、使用後3ヶ月のレポート記事などを書いてきましたが、今回は1年以上使用して感じたことをまとめていきます。これからフジカハイペットを購入しようと思っている方。整流リング付きがいいのか、反射板[…]

フジカハイペット ホワイトカラー テンパーカラー
関連記事

Sengoku Aladdin(センゴクアラジン)から2018年10月に発売されたポータブルガスストーブ 。発売から1年以上経った今も人気が衰えないどころか、昨年よりもアウトドアショップなどでよく見かけるようになりました。使用するガ[…]

カセットガスストーブ センゴクアラジン ポータブルガスストーブ
関連記事

  ソトシルで読む  我が家愛用のSmartTap社のポータブル電源PowerArQ。電気毛布2枚を自宅で使用した結果と、実際に冬キャンプで2枚使用した結果(大人2人、子ども3人で使用)をご報告いたします。ぜひぜひ今[…]

パワーアーク power arc ポータブル電源 冬キャンプ 電気毛布
関連記事

2017年9月29日初投稿 2021年9月再編集こんにちは、ずぼらままです。「暑さ寒さも彼岸まで」「今朝は今シーズン一番の冷え込みでした」なんていうニュースをよく耳にする季節になってきましたね。今日は誰もが悩む秋キャ[…]

冬キャンプ 寒さ対策
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう